健康診断

日本にいたら 私の様な年頃になると、「人間ドッグ」なんていう言葉は 結構馴染み深いものだと思うのね。

私が小さい頃に 母や父が 「明日は人間ドッグに入ってくる」 なんて言ってたのを聞いて、幼心に「人間と犬?」とかって疑問を持っていたのが懐かしい。 でもこの ”ドッグ” って Dogではないのね。 正式には Dock という言葉で(発音は、日本人の耳には Dog と変わりませんが)、船を修理したり点検したりする為の施設,船渠のことなんだって。(ウイキペデイアの受け売りです)。

 

さてさて、わたしの知る限りアメリカには 人間ドッグ という言葉はありません。なので、日本の母から 「あなたもそろそろ いいお年頃なんだから、人間ドッグに入りなさい」 などといわれて、「人間ドッグを受けられる場所ってあるの?」とトニーに聞いてみたところ、要は、1年に一度の健康診断 Annual check upが人間ドッグに相当するのでは、と言う結論に至りました。 それなら、もう既に何度か受けているよと、安心しつつ、よーく考えてみると 実際に前回受けたのは3年前の話。 昨年は、トニーの会社で 社員と家族向けの 血液検査と問診を無料で受け、特に問題はなかったので、実際にドクターにお願いすることはなかったんだよね。

 

そこで昨日、ホームドクターのもと、Annual check upを受けてきました。この記事は、その体験レポートというよりは、記録のために綴る目的で書くことにしました。

ホームドクターで行った検査の内容は、問診、尿検査、ECG (Electrocardiogrphy) 心電図のことね、乳癌の検査のみ。なんだか物足りないなあ、、、、、と思ったのですが、専門的な検査は専門機関へお願いする、というシステムなんですね。 ここが、日本の「人間ドッグにはいる」というものとは大きな違いなんですね。

 

ということで、Mammogram (日本語でもマモグラムでいいのかな?)、血液検査は 先生に渡された紙を持って、各専門機関に自ら出向いて検査してもらうの。1回ですまされないので、面倒だあ。 さらに、私の家族には、父の肺がん歴、母の大腸がん歴があるので、通常であれば、50才から義務づけられている Colonography 大腸がん検査を受けるように支持されました。この件については、義務年齢以下の検査だからなのか、ホームドクターから直接専門医に検査依頼をするそうで、そちらの事務所から、後日 連絡が来ることになりました。

 

Colonography なんて、なんだかちょっと恐そうな検査でしょ? だから 先生にどんな事をするのか 根掘り葉掘り聞いてみたら、全身麻酔を使うことになるので、「体への負担はありませんよ」 だって。 でも、日本で母が大腸検査をした、という話を聞いていると、全身麻酔を使われたような事は聞かないんだよね。 出産時の麻酔のことなど、やはり アメリカって痛がりな人が多いから? すぐに麻酔に頼ってしまうのかしら。 そういえば、昔 親知らずの抜歯をしたときも、全身麻酔だったか、とにかく意識のなくなる麻酔を使った記憶があるもの。まあ大きな声では言えないけれど、痛がりで小心者の私には、有り難いことなんだけどね。

 

ということで、今年の健康診断、まだまだ完了には程遠い状態であります。

広告

トロフィー獲得しましたよ〜

trophy

先日、バイオリンコンクールで、一番になったことは既にお伝えしましたが、実はこのコンテストが行われた日の午前中、綾花は ジュニアーミュージックフェステイバルというイベントでバイオリンを弾いてきたんです。 このイベントは、オハイオ州の音楽協会(というニュアンス)で主催していて、その協会の支部であるアクロンのジュニアーミュージッククラブに所属していないと参加出来ない、さらには、このクラブが主催するイベントに参加しないと出場権利がもらえない、という ちょっと面倒なものです。

ところで このジュニアーミュージックフェステイバルではどんな事をするかというと、参加者は各楽器の専門の先生の前で準備してきた曲を弾き、その演奏に対してコメントを頂く、と言うものなです。 人と競い合う訳でないので、余り緊張せずに臨むことが出来るのがいいところ。 参加者は、演奏へのコメントともに Superior, excellent …….等4段階評価のうちのいずれかをつけてもらうんだけど、最高評価のSuperiorを3年連続で獲得するとトロフィーがもらえる、という仕組みなんですね。

このトロフィーって、私が予想していた以上に効果的で、綾花はこのフェステイバルへの出場権を得る為に、金曜の夜に行われるイベントにも文句を言わずに参加して来ました。 そして、これまで過去2年に獲得したSuperior評価に加え、今年も見事にSuperiorを獲得したので、念願のトロフィーを獲得出来た訳です。

最近は、バイオリン関連での写真を撮ることもなかったので、今日は久しぶりに トロフィーとバイオリンをもって ハイチーズ!です。現在、バイオリンを始めて5年半、これまで積み重ねてきたことが 少しずつ身を結び始めている感じで、本人も新たにやる気が出てきたみたい。結構結構!

嬉しいお知らせ

昨日行われた、ヴァイオリンコンペテイションにて、綾花が1番になりました。

一晩明けた今もまだ信じられない状態です。(本人は至って冷静なんだけどね)

また、気持ちが落ち着いたら、この日のこと何か書こうと思っていますが、しばらくは無理かもね。

まずは、お知らせまで。

コンペテイションに向けて

このことは、来週まで書かないでおこうかな、、、って思っていたんだけどね、、、、、、いいや、書いちゃうよ。

実は、来週に綾花は、バイオリンのコンペテイションを控えているの。 クリーブランドで行われる、結構小規模なものなので、申し込み先着20人が出場可能というものです。 昨年11月頃に先生に勧められて、早速応募してみたところ、先着20人の中に無事入りました。(これは、実力と全く関係なしね。)

このコンペで弾く曲は、もう長い事弾いてきた曲なので、新たに取り組む必要はなかったので、この3ヶ月間は、基礎の練習に加え、楽譜に書かれている通りに弾くことを進化させて、いかに音楽的要素を組み入れるか、みたいな課題に取り組んできました。 この為に、まず自分の音を客観的に聞く訓練、そこからどうしたら理想的な形に変えられるかという、具体的な課題を探しその課題を達成する為の練習法を考え、実行する、、、これらのことを念頭に、週に3、4日 15〜30分程度の時間を費やしてきました。

自分の演奏を客観的に聞く、という訓練は、本当に難しいものです。 綾花の場合は、イツアークパールマンとイスラエル交響管弦楽団の演奏CDをお手本にし、録音しておいた、自分の弾いた曲とお手本CDを聞き比べるとうことから始めました。 他にも、ビデオで録画して、姿勢の確認や、音の出方の確認など、、、客観的に自分を見て聞くという癖が、この3ヶ月でかなり伸びた様です。

昨晩の練習後、「来週は、毎日コンペの曲だけを沢山弾く」という綾花でしたが、

「来週こそは、もう何も考えないで、軽く弾いておくべき」と勧めました。

実は、”ホンマでっか” という 日本のバラエテイTVの受け売りですが、台詞を毎日毎日、何時間も読んで練習してきたのに、肝心な時に ポッと頭から抜けてしまうことがある、という悩みを持った舞台役者さんに、脳科学者の先生が、”事前に余り詰め込みすぎると、肝心な時にふと空白になってしまうことは良くある” と言っていたのね。自分でも多少は、こんな経験もあるので、コンペの1週間は、出来るだけリラックスして過ごそうと、、、、そういうこと。

 

でも、人間の心理としては、「残された1週間で、何かやるべきことがあるはず」という気持ちは少なからずあると思ったので、バイオリンをきれいにすることを勧めました。 これまでは、バイオリンのクリーニングはいつも、綾花が学校に行っている間にしていたんだけど、ここぞとばかり、クリーナー液とポーリッシュ(磨き)液を持ち出して、それぞれの薬品の取り扱い方の注意など説明して、綾花自身にバイオリンを手入れしてもらったの。これは、大正解!ピカピカに磨き上がったバイオリンを早速、トニーに見せたり、今日の土曜のグループレッスンでも、先生にバイオリンをきれいに磨いたことを、しっかり報告していました。

コンペの結果はどうであれ、コンペに向けて、1曲を深く掘り下げる練習法、そして楽器の扱い法など、新らしい面からバイオリンと向き合う機会を持てたことは、この3ヶ月の大きな成果だったなあ、、、と思いました。

 

 

 

 

 

 

もうすぐ春ね

kitcatpregnunt

昨年の秋に突然、家の近所に現れた野良猫ちゃん。 この時には、3,4匹の赤ちゃんねこを連れていたの。

性格の人なつこさから、多分妊娠した際に、誰かがこの近所に捨てていったのだと予測。子ねこちゃん達は、野生で生まれたせいか、結局なつく事はなく、皆成長してどこかにいってしまいましたが、この母ねこは、すっかり綾花になついてしまい、毎朝、毎晩 我が家のフロントポーチに遊びにくる様になりました。

冬の寒さしのぎの為の 段ボール製の小屋とお水、食事を与えたら、もうすっかり我が家のねこ状態、、、、、そこでキットキャットちゃんと名付けて面倒を見ることにしたの。

そんな話を、乗馬の先生に話していたおり、もう妊娠させない様に、虚勢をした方がいいのではないかとすすめられていたのだけど、話を先延ばしにしていたら、なんとまた妊娠してしまいました(涙)

猫の交尾時期は春先かと思っていたら、大違い。春に赤ちゃんを産むってことなのね。残念だけど、我が家ではもうこれ以上の動物を面倒見ることは出来ません。なので、乗馬の先生の紹介で、キットキャットちゃんを赤ちゃんが産まれるまで預かってくださる方を見つけました。生まれた赤ちゃんは、その方が保護団体に連れて行って下さり、キットキャットちゃんは、虚勢を行って我が家に戻ってくるということで、綾花もまあなっとく。

そこで近日中に、キットキャットちゃんの捕獲作戦を実施する予定なの。

どうかそれまでに赤ちゃんが産まれてきません様に、、、、、、

お助けアプリ

Record

 

季節を問わずに、出来る限り 毎日続けている私のアクテイビテイーは、犬の散歩。たかが散歩、されど散歩とあなどる事なかれ。

i-phoneのアプリで、歩いた距離を記録してくれるものがあるの。現在の私の記録は、78回の運動で273キロメートルの距離を53時間59分37秒で歩き、消費したカロリーは、11,379kcal。

これ、一度i-phoneをリスタートしたので、実際に使い始めた日からのすべての記憶ではないけど、今日の結果は、過去78回で新記録!だって。歩き終わった後に、「やったね!今日は新記録!」って感じの声援を送ってくれるの(英語だけど)。 相手は機械と分かっていはいるけれど、なんだか嬉しかったわ。こうして結果が目に見えると、充実感が違うものね。是非是非おすすめです。

お誕生会ランチ

 

 

 

lydiasbd

 

今日は、お誕生会ランチということで、インド料理のお店に出かけてきました。

本日の主役は、先月67才を迎えたリデイア(写真中)です。彼女は毎週1日、私と一緒にピラテスのレッスンを受けている ピラテスバデイーなのよ。向かって左側にいるのが、ピラテスの先生、デボラです。彼女は正真正銘のイタリアンですが、仏教徒なの。

共通点がある様なない様な3人だけど、話題に事欠かない3人なのよ。今日も、美味しい食事と楽しいおしゃべりで、あっという間に時間が過ぎてしまったわ。

前へ 過去の投稿 次へ 新しい投稿