コミュニテイーガーデンプロジェクト

昨日に引き続き、今日もガーデンに出かけてきました。

昨日、フランジーさんに頂いたアドバイスをもとに、Phosphateという肥料を買ってきて 畑全体に巻きました。

5-16-6

畑全体をみてみると、先週土曜日(12日)に巻いたキャベツの種が芽を出していました。もう少し成長したら、間引きをする予定です。

5-16-1

そして、昨年は種から育てたスイカですが、今年は苗を買ってきて、植え付けてみました。スイカは、場所をとるけど、収穫の歓びが他の野菜とは数倍違うので、やはりあの歓びは味わいたいもの、、、、うひひ。

5-16-2

日本のナス、その名も Ichibanを2つ、そしてオレンジのパプリカの苗を2つ、隣り合わせで植えてみました。

5-16-3

ところで、今日は、団体で作業をしている人たちがいたので、どんな作業をしているのかと自己紹介をかね、彼女達の畑をたずねてみました。そしたら、この人たちは、このコミュニテイーガーデンを主催している人たち、通称 ”マスターガーデナーズ” で、皆のお手本となる様な畑作りに挑戦しているということでした。その代表者、メンデイーさんが、私の畑を見たいということで、早速案内させて頂きました。

週末は、主人と娘、平日は私一人で取り組んでいることや、昨年は、なにがよくてなにがよくなかったかなど、色々情報交換しながら、私の畑の様子を見て頂きました。彼女は、私が馬糞を地道に運び入れていることに、びっくりしていましたが、これには、私はもう慣れっこです。その甲斐あって、私の畑の土はいい色をしていて、野菜がよく育ちそうね、と嬉しい言葉をかけて頂きました。

5-16-4

マスターガーデナーズは、3年契約の区画を2カ所借り入れ、ガーデンデザイナーにデザインしてもらった野菜畑を展開するそうで、自分の畑以外にも、見るのが楽しみな区画が増えました。

それにしても、このマスターガーデナーズを始め、週一で参加しているボランテイア、不定期にお仕事が回ってくるボランテイア、どれをとっても女性がリーダーなんだよね。アメリカでは、社会を支えるところで女性が大活躍だなあ、と改めて感じました。

広告

さよなら Caribou Coffee

チャラリー。

2週間程前から、カリブコーヒーの株式価格が見えなくなっていたと思ったら、なんと、買収されていた(汗)

買収先は、Peet’s Coffee and Tea という カリフォルニアのバークレーで設立されたカフェだって。

私は、カリブのあの山小屋風の雰囲気がとっても気に入っていたのに、、、、、ちょっと悲しいな。そして、一時は株主でもあったのよ。価格がうんと低かった頃だけど、、、、あの頃、100%買っておけばよかった、、、、っていうことは、社長よね。そんなこと、あり得ないか。

明日は、カリブで1杯、飲みますか、、、、、

 

嬉しいお知らせ

昨日行われた、ヴァイオリンコンペテイションにて、綾花が1番になりました。

一晩明けた今もまだ信じられない状態です。(本人は至って冷静なんだけどね)

また、気持ちが落ち着いたら、この日のこと何か書こうと思っていますが、しばらくは無理かもね。

まずは、お知らせまで。

コンペテイションに向けて

このことは、来週まで書かないでおこうかな、、、って思っていたんだけどね、、、、、、いいや、書いちゃうよ。

実は、来週に綾花は、バイオリンのコンペテイションを控えているの。 クリーブランドで行われる、結構小規模なものなので、申し込み先着20人が出場可能というものです。 昨年11月頃に先生に勧められて、早速応募してみたところ、先着20人の中に無事入りました。(これは、実力と全く関係なしね。)

このコンペで弾く曲は、もう長い事弾いてきた曲なので、新たに取り組む必要はなかったので、この3ヶ月間は、基礎の練習に加え、楽譜に書かれている通りに弾くことを進化させて、いかに音楽的要素を組み入れるか、みたいな課題に取り組んできました。 この為に、まず自分の音を客観的に聞く訓練、そこからどうしたら理想的な形に変えられるかという、具体的な課題を探しその課題を達成する為の練習法を考え、実行する、、、これらのことを念頭に、週に3、4日 15〜30分程度の時間を費やしてきました。

自分の演奏を客観的に聞く、という訓練は、本当に難しいものです。 綾花の場合は、イツアークパールマンとイスラエル交響管弦楽団の演奏CDをお手本にし、録音しておいた、自分の弾いた曲とお手本CDを聞き比べるとうことから始めました。 他にも、ビデオで録画して、姿勢の確認や、音の出方の確認など、、、客観的に自分を見て聞くという癖が、この3ヶ月でかなり伸びた様です。

昨晩の練習後、「来週は、毎日コンペの曲だけを沢山弾く」という綾花でしたが、

「来週こそは、もう何も考えないで、軽く弾いておくべき」と勧めました。

実は、”ホンマでっか” という 日本のバラエテイTVの受け売りですが、台詞を毎日毎日、何時間も読んで練習してきたのに、肝心な時に ポッと頭から抜けてしまうことがある、という悩みを持った舞台役者さんに、脳科学者の先生が、”事前に余り詰め込みすぎると、肝心な時にふと空白になってしまうことは良くある” と言っていたのね。自分でも多少は、こんな経験もあるので、コンペの1週間は、出来るだけリラックスして過ごそうと、、、、そういうこと。

 

でも、人間の心理としては、「残された1週間で、何かやるべきことがあるはず」という気持ちは少なからずあると思ったので、バイオリンをきれいにすることを勧めました。 これまでは、バイオリンのクリーニングはいつも、綾花が学校に行っている間にしていたんだけど、ここぞとばかり、クリーナー液とポーリッシュ(磨き)液を持ち出して、それぞれの薬品の取り扱い方の注意など説明して、綾花自身にバイオリンを手入れしてもらったの。これは、大正解!ピカピカに磨き上がったバイオリンを早速、トニーに見せたり、今日の土曜のグループレッスンでも、先生にバイオリンをきれいに磨いたことを、しっかり報告していました。

コンペの結果はどうであれ、コンペに向けて、1曲を深く掘り下げる練習法、そして楽器の扱い法など、新らしい面からバイオリンと向き合う機会を持てたことは、この3ヶ月の大きな成果だったなあ、、、と思いました。

 

 

 

 

 

 

もうすぐ春ね

kitcatpregnunt

昨年の秋に突然、家の近所に現れた野良猫ちゃん。 この時には、3,4匹の赤ちゃんねこを連れていたの。

性格の人なつこさから、多分妊娠した際に、誰かがこの近所に捨てていったのだと予測。子ねこちゃん達は、野生で生まれたせいか、結局なつく事はなく、皆成長してどこかにいってしまいましたが、この母ねこは、すっかり綾花になついてしまい、毎朝、毎晩 我が家のフロントポーチに遊びにくる様になりました。

冬の寒さしのぎの為の 段ボール製の小屋とお水、食事を与えたら、もうすっかり我が家のねこ状態、、、、、そこでキットキャットちゃんと名付けて面倒を見ることにしたの。

そんな話を、乗馬の先生に話していたおり、もう妊娠させない様に、虚勢をした方がいいのではないかとすすめられていたのだけど、話を先延ばしにしていたら、なんとまた妊娠してしまいました(涙)

猫の交尾時期は春先かと思っていたら、大違い。春に赤ちゃんを産むってことなのね。残念だけど、我が家ではもうこれ以上の動物を面倒見ることは出来ません。なので、乗馬の先生の紹介で、キットキャットちゃんを赤ちゃんが産まれるまで預かってくださる方を見つけました。生まれた赤ちゃんは、その方が保護団体に連れて行って下さり、キットキャットちゃんは、虚勢を行って我が家に戻ってくるということで、綾花もまあなっとく。

そこで近日中に、キットキャットちゃんの捕獲作戦を実施する予定なの。

どうかそれまでに赤ちゃんが産まれてきません様に、、、、、、

お助けアプリ

Record

 

季節を問わずに、出来る限り 毎日続けている私のアクテイビテイーは、犬の散歩。たかが散歩、されど散歩とあなどる事なかれ。

i-phoneのアプリで、歩いた距離を記録してくれるものがあるの。現在の私の記録は、78回の運動で273キロメートルの距離を53時間59分37秒で歩き、消費したカロリーは、11,379kcal。

これ、一度i-phoneをリスタートしたので、実際に使い始めた日からのすべての記憶ではないけど、今日の結果は、過去78回で新記録!だって。歩き終わった後に、「やったね!今日は新記録!」って感じの声援を送ってくれるの(英語だけど)。 相手は機械と分かっていはいるけれど、なんだか嬉しかったわ。こうして結果が目に見えると、充実感が違うものね。是非是非おすすめです。

お誕生会ランチ

 

 

 

lydiasbd

 

今日は、お誕生会ランチということで、インド料理のお店に出かけてきました。

本日の主役は、先月67才を迎えたリデイア(写真中)です。彼女は毎週1日、私と一緒にピラテスのレッスンを受けている ピラテスバデイーなのよ。向かって左側にいるのが、ピラテスの先生、デボラです。彼女は正真正銘のイタリアンですが、仏教徒なの。

共通点がある様なない様な3人だけど、話題に事欠かない3人なのよ。今日も、美味しい食事と楽しいおしゃべりで、あっという間に時間が過ぎてしまったわ。

前へ 過去の投稿