Last Day in North Calorina

楽しい時間は、あっという間に過ぎるもので ノースカロライナでの休暇も今日が最後。

本日は、Outer Bankをもう少し楽しんだ後、5時間程ドライブしてヴァージニア州のフレデリックスバーグという町まで戻ります。オハイオまで一気に行ったら、14時間程はかかるので、運転は2日に分けて行なうんです。

ホテルのペットのサブリナちゃん。”ハロー”とか ”サブリナ”という言葉は、割とクリアーに話せたりして、なかなか相手をしてもらうのが楽しかったです。時々、お客さんの肩の上にのって キラキラ光るイヤリングを狙ったりしていましたが、そんな時は、フロントの従業員が”サブリーナ!!”と低い声でおどし、霧吹きをサブリナに向けると、さっと自分のかごに戻ったりしていました。そんなサブリナちゃんに綾花は釘付け。お別れの際には、お決まりの涙を流しておりました。

その後ホテルにて最後のビーチ遊びを楽しみましたが、普通の服を来ていながらも、大西洋の大波を無視する事などできず、綾花は、水浸し。そのまま浜辺に座り込み、もうおこりようのない始末、、、、その後駐車場で、きれいにパッキングしたカバンをひっくり返し、予備の服を取り出して、車の中で着替えさせました、、、、その時事件が!! なんと綾花のはいていたショートパンツの中からサンドフリー(浜辺に生息する生き物)が飛び出して、車の中を這い回るんです。もう気味が悪くって、大パニックです。その後一段落した時には、笑い話に変わっていましたが、、、、、


ホテルを出て向かったのは、昨日訪れたライト兄弟の記念公園。こちらは、入場証明のレシートを展示すれば、そのレシートに記載されている日付より7日間は、再入場が可能。昨日、暑さのため見学を諦めた、フライト時を再現した銅像を訪れました。

その後、車にのって南下する事30分程、ノースカロライナ水族館に行ってみました。なんだかこじんまりとした水族館で、特にこれ!といったものもなかったのですが、Outer Bank と大陸の間に位置する小さな島にあるこの水族館の中庭の眺めは最高。ここで、売店の冴えないサンドイッチでランチを済ませ、今夜の宿のあるヴァ-ジニアまでのドライブ開始!

約5時間のドライブの間、綾花は学校の宿題をしたり、i-padにダウンロードしておいたお気に入りのテレビ番組を見たり、私はと言えば、助手席でGPSの地図を眺めながら、あとどのくらい、、、、、、、って、ほとんど役に立たないナビゲーションをしたり、寝たり、おやつを食べたり、ジュースを飲んだり、、、、、、、

夜6時半には ほぼ予定通りヴァージニアのホテルに到着。早速プールに飛び込みたがる綾花をなだめて夕食を食べに出掛けました。この3日間アメリカンな食事を食べ続けたので、日本食を、、、と思っていたところに、カッパ寿司発見! アメリカにて初の回転寿しに挑戦です。

が、まわってくるお寿司は、アメリカンな巻き寿司が2切れ乗ったものがほとんど。結局、いくらとマグロしか食べない綾花は、別オーダーで。味にこだわらない私は、まっ適当に4、5皿。普段アメリカンな巻き寿司を食べないトニーは、今回は珍しく、色々挑戦していましたが、やはり締めくくりは、マグロといくらを別オーダーで。

この後は、ホテルに戻ってしばしお腹を休めた後、3人でプールへ。私はプールサイドのジャグジーバスに浸かりきりでしたが、トニーは綾花につきあって長い事水遊びに堪能していました。立派なお父さんです。感心感心。

明日は、オハイオに向けて 運転だけの予定。楽しい時間は、本当にあっという間に過ぎていってしまいますね。

広告

Birthday on the Beach

ライト兄弟の記念碑の後は、一番近くにある、灯台の見学に行ってみた、、、、が修復中で入場は不可。私たちが訪れているOuter Bankには、5つの灯台があるようだけど、次に近いところは、またまた車を走らせる事30分以上らしいので灯台見学は諦めて、近場のパブリックビーチへ。

実は、今日は私の誕生日なのだ。私の記念すべき◯周年を、こうして家族3人で1日中まったり過ごせるなんて、とってもしあわせ。おまけに、ここ数年雨女に変更しつつあった私の運勢もどうやら底を抜けたみたいで、今日は、32℃という夏の様な天気。ああ、至福の一時、、、、

 

波打ち際では、カモメ達が何やら話し合い。”今日の昼御飯、どーする?” ”だれか、魚獲ってきてくんない?”

 

私たちの滞在しているホテルより南にあるこのビーチには、ホテルのビーチよりももっと大きな貝殻がいっぱい落ちていました。貝殻拾いをしていたら、あらあら、こんなものまで見つけました。

 

海岸とくれば ”凧揚げ”です。強風の為、あっという間に凧は上がっていきます。大西洋の強風用に、これまでより一回り大きいものを用意していったので、なかなかあげ甲斐もありました。

 

ライト兄弟の初飛行記念碑

ノースカロライナでの初朝食は、地元でも人気のお店、Stuck’em high という朝食専門店にて。 カフェテリアスタイルのカジュアルなお店ですが、味はとっても上等。 南部名物のグリッツは、インスタントでなくちゃんとお店で料理したものを出してくれました。私がオーダーしたワッフルもとってもおいしかった。で、とてもフレンドリーな店員さんの一人は、アクロン郊外のワーズワースという町出身だと いう。私が、日本から来てアクロンに13年と言ったら、こんな遠くまで来るなら、いっそうの事、ここまで下ってきちゃったら、と素敵な提案を。ええ、是非そうしたいわ。

それにしても、この地域のひとは、皆フレンドリーでいい感じ。南部のなまりが入った英語も、なぜか私の耳にはとってもスムースに入ってくる。私って、南部系かも、、、、

大盛りの朝食でお腹を満たした後は、今回の旅の1番の目的地である、ライト兄弟の記念碑のある国立公園へ。後になってこの公園に入場した際に受け取ったレシートを見たら、なんと入場時間が10時9分でした。なぜこんな数字に感嘆するかって?それは、今日は、2010年10月10日なので、10並びだから。この日程のせいもあって、この地域のビーチでは、本日沢山のウエデイングがあげられると、ホテルの人が言ってました。

園内入園後は、屋内の展示室へ行ってみました。 こちらのグライダーの模型は、ライト兄弟が一番最初(1901年)に人類の初飛行に挑戦したものの模型です。この年は、残念ながら失敗に至り、歴史に残る記録は刻まれなかったのですがその後、モーターを備えたグライダーを用意し、1903年に見事、人類初の飛行に見事成功! 諦めずに研究と実験を続けた成果が実ったわけですね。

屋内の展示を一通り見た後は、丘の上にそびえる記念碑までハイキングです。この風景、一見のどかに見えますが、実は道を踏み外すと大変なことに、、、、

芝の広場に見えるこの緑、実は、サボテンが至る所に生息しているんです。 そんな事、ちっともしらなかった私たちは、芝の上で寝転がったり、芝にいる虫を追いかけたり、、、、、で案の定、綾花の叫び声「いたー」で気がついた次第です。この日ホテルに戻ってサンダルの裏側を見たら、赤ちゃんサボテンがいっぱいくっついていました。いやあ、自然と言うのは常に油断大敵です。

モニュメントの立つ丘の上からの眺め。2件の掘建て小屋は、その昔 オハイオ州はデイトンから、風の強いこの地域を飛行機を飛ばす場所として選んでやってきた、ライト兄弟が、飛行機の組み立ての為に使ったものと、寝泊まりしたものを再現したものです。風が最も強い12月、この小屋で寒さをしのぎつつ、夢を実現する為にせっせと働いていたんですね。ロマンを感じます。

そして中央左寄りにある歩道と、小屋の前を通る歩道が合流する地点にある岩、こちらは、実際に飛行機が離陸した場所です。その大きな岩から右斜め奥に向かった直線上に、墓石みたいなものが1つ、2つ、3つかなりはなれて4つ(森の手前)とありますが、こちらは、4度の飛行の着陸地点です。一番はなれている場所までは、53秒かけて飛んだそうで、実際トニーが走ってみると、45秒程で走れましたので、この時の飛行は、早いというものでなく、空中に浮かんでいる時間が長いという感じだったのかもしれませんね。

飛行機が離陸した場所の記念碑にて。

アメリカの歴史に関する勉強は、綾花と一緒に私も始めたばかりですが、歴史が浅いだけに、割と詳しく記録が残されているので、それもまた興味深いものですね。ちなみに、この地域、ライト兄弟が訪れた頃は、砂地帯だったんですが、今では、すっかり観光地化しています。バケーションハウスやお店屋さんが立ち並ぶ、島のメイン道路を走っていると、ここがビーチタウンという事すら忘れてしまいそうです。便利なのは良いけど、自然の破壊について、考えずにいられませんね。

週末+(プラス) ノースカロライナ旅行

昨日、綾花の学校終了後にDCまで車を走らせ、今朝はDCから再度運転する事6時間、、、、、ノースカロライナのアウターバンクにある、キテイホウクまでやってきました。ホテルにチェックイン後即、プライベートビーチへ繰り出しました。この日の気温は、記録的な高温で、まるで真夏並み、よってこの後綾花は、びしょぬれになる運命は避けられませんでした。

波打ち際に貝殻のかけらが沢山ある事に気がつくと、今度は貝殻広いに夢中に、、、、そしたら、なんと!ひとでを発見。本日の一番の収穫となりました。

昼食を抜いてドライブしたので、ビーチで一段落つく頃には、3人ともお腹はぺこぺこ。レストラン選びをする間もなく、手近なところにあったステーキハウスに入り、3人とも大きなステーキを満喫しました。夕食が終わってレストランから出ると、きれいな三日月がお出迎え、、、、、

わおーーーーーん わんわん。なんて効果音が聞こえてきそうです。