過酷なドライブ

 我がファミリーのバケーションでレンタルした家は、1週間の契約で、土曜の1時にチェックイン、翌週土曜の10時にチェックアウト、という事になっている。 毎年、大抵の家族は、土曜の早朝に家路につくのだが、今年は、近くの国立自然公園で、ピートモスの自然野焼きが発生していて(1ヶ月近く続いているらしい)、風向きに寄って流れてくる煙のため、ぜんそく持ちの子供達の体調が心配な事もあり、我が家以外の家族は、金曜の夜までに、皆家路についてしまった。 私とトニーは、最後の晩は、お姉さん一家が使用していた、トップフロアーのジャグジーバス付きのお部屋を使おうという計画があった。

 ところが、皆がいなくなったレンタルハウスは、孤独感を一層増した雰囲気が漂い、綾花がホームシックになってしまった。 たしかに、3階建て、6ベッドルーム、5バスルームの家に3人というのは、なんだか物悲しい、、、、気を取り直す為に、プールに誘ってみても泣き止む気配は、なし、、、、 ということで、金曜夜9時半に、我が家もレンタルハウスを去る事になりました。 しかし よく考えると、家までの走行距離は、約930キロメートル(おおよそ、10時間)。 日中に思い切り遊びまくっていたので、はっきり言って無理というもの。 車を走らせる事2時間、私もトニーも既に最初の睡魔に襲われ、ガソリンスタンドで買いだめした、スターバックスの缶コーヒーでなんとか、目を覚まさせようと必死でした。 で、後の座席では、綾花は、気持ち良さそうに夢の中。ホームシックは、疲れから来ていたのだろうな、、、、レンタルハウスのまわりをドライブして寝かしつければ良かった、、、、と途中何度も後悔です。

 途中のサービスエリアで2時間程の仮眠を行ない、土曜の午前9時半に家に到着。それまで、綾花は、1度も起きる事なく熟睡でありました。子供の特権ですね。その後、私とトニーは、ベッドになだれ込んだのは、言うまでもありません。そして綾花も、トニーの得意料理、即席ラーメンを食べた後、また眠ってしまいました。 いやああ、バケーションの締めくくりは、なんとも過酷なものでした。

夜の海辺

 

 

 

 昨晩、今夜と夜の海辺に出かけてみました。 昨晩は、星座を眺めるのが目的だったのですが、ここサンドブリッジビーチの浜辺は、バケーションタウンであるのと、大抵の家は、大きな窓のデザインであり、その大きな窓から部屋の灯りが光々と漏れている為、想像していたほど、星を見る事は、出来ませんでした。

 昨晩は、最初のうちは、北斗七星などメジャーな星座を探して見ていたものの、持参した懐中電灯の光の中に、日中では、考えられないくらいの数のカニが存在する事に気がつき、途中から、カニ散策になりました。 トニーの知識では、カニの視力は さほど良くなく、人間なども影として見える程度だということで、夜は、かなりの至近距離にならない限り、カニ達は 逃げない。 そんなわけで、昨晩は、星座ヲッチングが一転して、カニ観察になった。

 

  私は、こういう自然観察が大好きなので、気の進まなそうなトニーをお供に、カメラを抱えて 今夜もビーチへ繰り出した。 私のカメラには、ナイトビジョンというオプションがあった事を思い出し、こういう時にこそ使ってみるべし、と 早速 夜のカニ達の撮影を試みました。

 

 ところで、カニには、車のワイパーみたいなものがある事、ご存知でした。 昨年、ここに来た時に捕まえたカニを観察していて発見したのですが、夜だと、至近距離でカニ達を眺められるので、このワイパー活動が頻繁に観察出来るんです。 で、ビデオ撮影に成功しました。You-Tubeにアップロードしましたので、よろしければ、こちらのリンクから、ご覧下さい。

http://jp.youtube.com/watch?v=TZLT-bNjrYo

ジャンプ!

 私たちが滞在している、ヴァージニアビーチの海は、毎日、水温が大きく変化するので、子供達が海で遊べるのも限られる。 

 昨晩 夕食後、ビーチで砂遊びしようと出かけたら、以外にも水温が高く 砂遊びをするはずが、たちまち海へと流れ込んでしまった。 今年になって 水を怖がり始めた綾花は、今年は、海へ入る気は、全くなかったものの、おじさんに手を取られ、浅瀬でジャンプしているうちに、だんだんハイになって来て、たちまち 波ジャンプのとりこに。そのうち、私も誘いこまれ、普通の服でいた私は、たちまちびしょぬれに、、、、、ま、年に1度の事なので、いいか。

 

 

 

殺人ミステリー!

 本日は、私のお食事当番。 選んだメニューは、ベイクドチキン、フレンチフライ、ライスピラフ、コーン、エッグヌードルのグレイビーがけ、サラダ、フルーツボウル。 これだけ用意すれば、好き嫌いの多い、子供やテーインネイジャー達も、何かしら食べられるはず、、、ということで、朝から仕込みに大忙しの私でした。

 私以外は、海かプールで遊んでいるものと思っていたら、妹が大きなため息をつきながら部屋から参上。 彼女は、ベランダで一服した後、信じられない話を始めた。

「さっき、私の家に定期的に来てくれている、清掃婦から電話があって、うちの玄関、ベッドルーム、リビングルームの床が血だらけだっていうのよ、、、、」 

「冗談ですか?」

私の疑問に応えず、話は、続く。

「で、色んな友人に電話した所、私の住んでいる住宅のエリアで、土曜の夜、気の狂った女の人が、足から血を流しながら、裸で走り回っていて、警察に身柄を確保されたと言う事を知ったの。 私は、旅行中も鍵をかわずにいたから、その気違い女が、私の家に入ったのよ、きっと、、、」

この妹は、比較的こじんまりした家の多い、デベロップメントに住んでいて、ご近所とも密着したおつきあいをしているので、留守中も家に鍵をかける事などしない。 プラス、ボーイフレンドも頻繁に出入りするので、当初は、このボーイフレンドが足でもけがしたまま、家の中を歩き回ったものと思い、彼に連絡してみたが、彼は、彼女がいない間は、一度も家に入っていないという事だった。

それにしても、妹、こんな過激な話なのに、かなり冷静でいて、私の方が動揺してしまった。 気違い女が身柄を拘束されてすでに、4日経つのに、妹の所に連絡がないという事は、警察は、彼女の家に気違い女が侵入した事を知らないわけで、妹は、警察に報告の電話をかけていた。 結局、この女性は、他の家にも侵入したようで、既にジェイルに入っているとのこと。 しかし、妹は、つい最近、家を売りに出し、定期的に見学の人々が訪れているような状態なのに、家中のカーペットのを血だらけにされてしまい、とんだ災難です。 ちなみに、清掃婦さん、いつもより時間をかけて、カーペットの血の掃除してくれたけど、全部は、落とせなかったようです。 

 

なんというか、世の中には、こういう事って、あるんですねえ、、、、、

いとこ達

今回は、3人のいとこたちが、ヴァケーションに参加出来ませんでしたが。 それでも、この5人(+テーンネイジャー2人、赤ちゃん1人)のみでも、台風のような賑やかさ。 水着やおもちゃは、レンタルハウスの至る所に起き去られていたり、食べかけのお菓子が散漫していたり。 おまけに、毎午後、私たちの部屋で行われるストーリータイムには、子供達がお菓子やアイスクリームを食べながら参加するので、部屋の至る所に、お菓子の食べかす、溶けたアイスクリームのシミなどが耐えません。 これって、普通の事?それとも躾の問題? 我が一家は、ワイルド系なのでしょうか? 気になります。

ビーチタイム

 今朝は、朝食後 女の子達をつれ、浜辺で行って来ました。 幸い曇りがちの天気だったので、日差しの強さも感じる事なく、2時間程度遊んできました。 が、結構日焼けしてしまいました。 紫外線を甘く見たら、いけませんねえ。(特に、私のような年頃のお肌には、危険です。)

 毎年のことながら 浜辺にくると、カニ狩りがはじまります。 カニは、波打ち際の穴に住んでいます。 えさを探しに出る時にも、慎重に穴から余り遠くに離れませんが、時折波に飲み込まれ、自分の穴から離れた所に流されたりします。 こういうカニを見つけては、捕まえるのが、トニーの作戦です。 今日も、波に飲み込まれた不幸なカニが一匹いました。 このカニは、これまで見た中で一番大きいものです。 足には、毛も生えていました。(カニも人間と一緒で、年を重ねると、毛深くなるんですねえ、、、) さてさて、自分の穴がないカニは、完全に逃げ場を失って、しばらくトニーに追いかけられた後、降参!かと思いきや、攻撃態勢に出て来ました。そこで、海辺のおもちゃを近づけると、それをものすごい力で挟んで離しません。 しばらくの間、おもちゃを引きずり回していましたが、そのうち、また波に流されて、どこかに行ってしまいました。

 今日の海は、昨日に比べると、非常に穏やかでしたが、水温は かなり低く、子供達は、砂遊びに没頭していました。 定番の砂の山を作ったり、砂の固まりを、波に向かって投げたり、貝殻を拾い集めて、砂山をかざりつけたり、、、、飽きる事なく遊び続けていました。 そんな子供達を眺めながら、沖に目を向けると、イルカが泳いでいました。 自然の中にいると、飽きる事は、ないですねえ、、、、

海です! ヴァケーションです!

 昨日、補習校終了後、16歳の甥を拾って 向かった先は、 ヴァージニアのサンドブリッジビーチ。 午後2時にアクロンを発ち、途中1時間、夕食に割いたほかは、トイレストップのみ。 それでも、到着時間は、夜中の12時過ぎ。 疲れました。(私の運転時間は、正味3時間程ですが、、、)

ここ数年、恒例になっている、家族旅行ですが、今年は、参加家族が5家族のみなので、レンタルハウスも、ワンランクダウン。 それでも、それぞれのベッドルームには、バスルームがあるので、不便さは、感じません。 ただ、昨年のレンタルハウスのキッチンは、50畳以上のフロアーだったので、それと比べると、何となく窮屈な感じです。(贅沢すぎますね。)

 

 今年は、バケーションに行くのを、1ヶ月程前に急遽決めたため、その時点で既に、レンタルハウスの選択がかなり狭められておりました。 予算、部屋のレイアウトなど考慮した結果、今年は、ビーチから一番遠いプロパテイーとなり、ビーチまで行くのに、5分程歩きます。 しかし、プロパテイー内には、プールがあるので 余り不便は、感じません。

(ビーチハウスの間にある、ビーチへのアクセスロードを通って、ビーチへ向かいます)

 

 

 今日の午後、早速 綾花といとこのハナ、そして、エイデン、マシューを連れて、ビーチへでかけました。 この海の波は、非常に強いので、小さい子供連れでは、波打ち際で遊ぶのが懸命です。(まあ、私も、こんな状態では、入りたいとは、おもわないし、、、、、) 一緒に行った、テイーンネイジャーの男の子達は、かなり遠くまで泳いでいましたが、思った以上に遠浅の海でした。彼ら曰く、水が非常に透き通っていてきれいだと言っていました。 機会があれば、是非私も、ちょっと遠くに行ってみようかとおもいました、はい。

 

 さて、我が家族のヴァケーションでは、毎年、1週間の滞在のうち、一晩、各家族で夕食の料理を担当します。 私たちは、水曜の夜が担当です。 本日は、JJの8歳の誕生日ということで、彼らの両親が料理当番でした。 メニューは、イタリアンソーセージスパゲテイー、サラダ、ガーリックブレッド、そして、誕生日ケーキとアイスクリーム。私は、他の人が夕食を作ってくれる事なんて、滅多にないので、バケーション中、夕食が何より楽しみです。 おまけに、子供達は、子供同士で遊んでいてくれるので、ストレスも結構軽減されます。 これから1週間、存分にバケーションを楽しみたいと思います。