夏休み小旅行 Saugatuck ホテルについて

 Hollandを後にしてSaugatuck(ソーガタック)に向かった我々の行く先は、今夜から泊まるホテル、Beachway Resort です。 ソーガタックは、ミッシガン湖に流れ込むカラマズー河沿いにあります。 ダウンタウンには、沢山のアートギャラリー、ショプ、レストラン、カフェなどが3ブロック平方内に立ち並んでいます。 私たちの滞在しているホテルは、ソーガタックダウンタウンの対岸の丘に位置しています。ダウンタウンまでは、車を使って Douglas(ダグラス)という町を通り抜けていくか、もしくは、カラマズー川を渡る、チェインフェリーに乗って出かけることが出来ます。残念ながら、本日は、強風のためチェインフェリーは、お休みでした。

 

  

Beachway Resort では、ホテルタイプの部屋、キッチンのついたコンドミニアムタイプお部屋、そして一戸建てのコテージが敷地内にあります。 私たちは、キッチン付きのコンドミニアムを予約した方のですが、既に予約でいっぱいだったため、プールサイドルームを予約しました。 このお部屋は、入り口のドアーの外に専用のアンブレラ付きのテーブルがあり ここでおやつを食べたり、読書したりできるので とてもリラックス出来ます。

ちなみに、ミッシガンは、夏でも比較的気温が高くないので、どこのホテルのプールも温水です。 これは、子連れには、かなりポイントが高いと思ったのですが、その通り! ソーガタックダウンタウンの観光客の大半は、大人が中心ですが、ここに滞在している人のほとんどは、小さな子連れがほとんどです。

100年以上も活躍している、チェインフェリー。 河の両岸に鎖をつなぎ、この鎖をボートに通し、人間がボート上でハンドルを回して、あっちに行ったり、こっちに来たり。非常にエコロジーな乗り物です。 ちなみに、このボートの乗車料金は、4歳以上の子供は、すべて片道$1。自転車、ペット連れについては、追加料金は ありません。 明日は、風も収まりそうなので、是非、このフェリーに乗って 対岸に行きたいものです。

夏休み小旅行 2日目 Holland

本日は、アンアーバーからSaugatuck (ソーガタック)への移動です。この移動には、車でおおよそ2時間半かかりますが、ソーガタックで予約してるホテルのチェックイン時よりかなり早くついてしまうため、 ソーガタック の北にある Holland(ホーランド)に立ち寄ることにしました。 この町は、名前の通りオランダ移民により築き上げられた町でということです。(詳しくは、ウキペデイアでどうぞ。) この町を訪れた一番目的は、Holland Villageを訪れることでした。 数ヶ月前に、この旅行の計画を立てている際に偶然見つけたこのテーマパークは、春のチューリップが咲く時期が一番見頃らしいのですが、それでも、異国情緒を感じられそうな場所だったので、是非訪れてみようと思っていました。

入場料、大人12ドル、子供6ドルを支払うと、切符の代わりに、手の甲にチューリップのスタンプを押してもらえます。が、このスタンプ、手を洗うとすぐに消えてしまうので、レシートは、必ずキープしておくべきです。(レストラン、トイレ、お土産屋さんなど、敷地を出なければ行けない場所が多いため。) 入場すると、いきなり 目の前に運河らしき水辺や水車など現れて、行ったことがなくても、「オランダみたいー」って気にさせられます。 でも、水車の向こうに、アメリカの高速道路、そしてウオルマートなど見えてしまうので、やっぱりアメリカなんですが、、、、

 

村内は、こじんまりしていながらも、運河を中心に、オランダを思わせる 展示用の建物、町の広場、お花でいっぱいの庭園などが設置されていて、とてもいい雰囲気でした。 所々には、上の写真の ヴァンゴッホのように、オランダに由来のあるものが、何気に展示されていたりして、これまたいい感じでした。

コウノトリの展示にて、綾花と一緒に記念撮影。 コウノトリとオランダって何か関係あるのでしょうか?

 

民族衣装の展示館では、オランダ各地の衣装が、オランダの地図の上にて、小さなお人形さんに着せて展示されていました。 この数が、50体以上は、有に超えていました。 これだけのミニチュアを作ったり集めるのだけでも大変な苦労だったことと思います。

 

この村の中には、至る所に動物がいました。鴨やアヒルは、運河を我が庭と行った感じで泳いでいたし、町中の噴水をあしらった水辺は、浅くて安全な場所なのか、20羽ほどの鴨とアヒルの赤ちゃんが くつろいでいました。 そして、アメリカだった珍しくはないペッテイングズー(ヤギ、羊などの敷地に入って、触れ合うことができる場所)は、もちろんですが、ここのヤギを貸し出して、敷地内を散歩させてもらえるなんていうことまで出来ました。 綾花が、あてがわれたのは、相当な頑固ちゃんのデイジー。 囲いから出るや否や、そく、囲い内に戻りたがって、最初のうちは、ほとんど動きませんでしたが、敷地内に売られている、ヤギ用のえさを買って、それでつって、数メートルの散歩が出来ました。 しかし、デイジーちゃんは、ここでは、番長格っぽくって非常に気性が荒く、近くに、小さいヤギが通りかかると、そのヤギめがけて、頭から突進していました。 そして、即、係の人にしかられていました。

 

こんな風に、3時間ほどオランダ体験をした後は、いよいよ最終目的地、ソーガタックへ。ホーランドからは、車で30分ほどです。 ソーガタックについては、別記事にて書きたいと思います。

夏休み小旅行 1日目 Ann Arbor

 本日、綾花の補習校終了後、我が家の夏休みの小旅行が始まりました。 今回の行き先は、ミッシガン湖畔のリゾートタウン、Saugatuck(ソーガタック)。 アクロンからは、6時間かかるため、本日は、アンアーバーという町に宿泊することにしました。 この町は、ミッシガン州立大学がある町で 2、3年ほど前に話題となった、「国家の品格」の著者、藤原正彦氏も その昔 この大学の招待教授として活躍されていました。その時の経験を綴ったエッセイ集が「若き数学者のみたアメリカ」です。

オハイオの高速道路もそうですが、ミッシガンの高速道路は、よりいっそう平らな感じがします。 トレドをすぎてからアンアーバーに向かう道路では、どこまでも見渡せ、なんとも退屈なドライブでした。

 

で、アクロンを出て2時間半。 本日のお宿に到着です。 チェックインの後は、ドライブの後のエクササイズということで、プールに入って カロリーを消費させました。 夕食時だったため、ホテルは 満室なのに、プールは、閑散としていてちょっとお得な気分♡。

 プールで適度な運動をした後は、夕食。 日本企業の多いデトロイト郊外ということもあって、日本食屋さんは、インターネットで調べたところ6件もありました。 うち、滞在先のホテルから一番近い、Cherry Blossumに決定。ホテルからなんと、車で3分ほど。 元、メキシカンレストランだった建物だったので、外観は、日本レストランに見えにくかったものの、いったん中に入ると、日本語が飛びかっていて、注文も日本語で可能。そんな状況に、綾花は、ちょっとびっくりでした。 こちらのレストランは、お寿司から、丼もの、定食、ラーメン、うどん、そば、そしてお茶漬け、雑炊とレパートリーが広く、我が家の注文の品も、海老フライ定食(綾花)、サンマの塩焼き定食(トニー)、天ぷらうどん(私)と様々でした。特にヒットだったのは、サンマの塩焼き定食かな、、、、まるまる太ったさんまが2匹もついてきました。

 

 夕食後は、ミッシガン大学のキャンパス内をドライブしてみました。 全米でも3番以内に入る規模の、フットボールスタジアムをさらに増築していました。 今のままでも、7万5千人は収容できるらしいのですが、さらに何人収容可能となるのでしょうか? いやあ、驚きです。

 と、驚いたところで、ホテルに戻り、プールに入りたがる綾花を なんとかなだめ、お風呂に入ってお休みです。明日は、いよいよ本来の目的地、ソーガタックへ向かいます。 お休みなさーい。

次へ 新しい投稿