グアムの魚たち

guam2006-2.jpg

買い物もしないし、普段アメリカで食べているものと、ほとんど変わりのない食事にも興味のない私にとって、グアムでのアクテイビテイといえば、水族館に行くこと。 グアムには、アンダーヲーターワールドとフィッシュアイという、なかなか充実した水族館が2つもある。フィッシュアイは、宿泊しているタモン湾からは、ちょっと離れた所にあるので、本日は、バスで気軽に行ける、アンダーヲーターワールドへ出かけた。

2年前にトニーと綾花と3人でグアムを訪れたときにも、この水族館に来たのだが、当時1歳8ヶ月だった綾花が、大きな魚を見て、「おーぎーなー!おーぎーなー!」とジェスチャーを加えて叫んでいたのが印象的だった。今回の綾花は、以前のような反応は、しないものの、サメやフグ、エイには、大きな関心を示していた。しかしなんと言っても、初めてここに来た母には、感動ものだったらしい。魚をみて感心するというよりは、こんな水族館、いったいどんな風に作ったのかしら、と建物の構造に感心していた。

で、私は、今回、この魚が気に入りました。名前も覚えていないけど、砂の中から体を半分くらい出して、海中に漂っている、海のミミズ? とってもキュートでした。

グアムに来ました

guam2006-1.jpg

日本について3日目ですが、今日は、グアムへやって来ました。計画を立てたときにも、ハードだなあ、と思いましたが、実際行動してみると、過酷さは、想像以上でした。でも、着いたのは、グアム。宿泊先のホテルは、海辺に立っているので、1日中、好きな時間に、海岸を散歩出来るし、暖かな空気と湿気で、風邪の具合も一気に良くなりそうな気配。これから4日間、この暖かな気候を多いに満喫しよう!!

なぜか暖かい日本でした

outofplane.jpg
オハイオを発って約20時間、無事成田に到着。なんと今回は、初めて、ターミナルでなく、地上に降りて、バスに乗ってターミナルに向かうことになりました。(ノースは、破産申し立てしたので、ターミナル使用料を削っているのかな?)そんな訳で、かねてから寒いと聞いていた日本だったので、綾花も私も、持っているものすべてを着込んで機外に出てみると、うっすらと汗をかきはじめた。なんとこの日は、5月上旬並みの暖かさ(というより、暑さ)の、異常気象だったのです。天候には、暖かく迎えられた私たちでしたが、バスでのターミナル入りに、想像以上の時間がかかり、あてにしていた、山梨行きのバスに乗り遅れ、次の便まで、2時間半も待たなければいけない状況に。本日は、思い切って(というか、ほとんどなげやり)、ホテルに宿泊する事に。綾花は、久々のホテル宿泊に大喜び。(ハワイ以来、ホテル好きになってしまった)やはり、長旅の後は、ゆっくり体を休める事が、大切です。

次へ 新しい投稿