ニューヨーク旅行 最終日 〜幻のマンハッタン〜

manhattan1.jpg

本日の、Dさんの帰国便の出発予定時間は、11時。なので出来れば、8時にはチェックインを開始したい。寝不足の脳に鞭打って、朝7時に起床した。でも、Dさんは、既に起床して、クールな顔で荷物をまとめていた。カーテンを開けて外を確認しようとすると、「悔しい程晴れているよ」とDさん。「このまま、飛行機に乗らず、車を借りて、アメリカを放浪したい」と、Dさんの大胆発言。でも、そんな事が出来たら、楽しいだろうな。窓からは、沢山のビルの陰がぼんやりと見える。「ひょっとして、あれがマンハッタン?」

さてさて、本日の難関その1は、昨日の疲労で、まだまだ深い眠りについている子供達を起こす事。なみこちゃんは、いったん起きてしまえば、快調だ。問題は、綾花。どんな手段を使っても起きないのだ。仕方ない、パジャマのまま、ストローラーに乗せ移動することに。ストローラーの上でも、こっくり、こっくり船をこいでいる。結局、シャトルに乗り込んで、ようやく目を覚ましてくれた。しかし、その後の不機嫌な事。シャトルと言えば、乗る前に、通常の降り場でなく、ターミナルCで下ろして欲しいと交渉したが、「それは、禁止されているんですよ」と言っておきながら、ちゃっかり、ターミナルCでまで行ってくれた。まあ、願いはかなったんだけど、なんだか腑に落ちない。

先にDさんのチェックインを済ませ、1フロアー下がった、国内線カウンターで、私のチェックインを行った。ここで私たち2人で幸運な出来事が。Dさんは、荷物が容量オーバーだったにも関わらず、おまけをしてもらえ、私と綾花は、ビジネスクラスに格上げされていた。これまで苦労したのだもの、これくらいは、してもらわなきゃ割にあわないよ。(なんて事言っていると、罰が当たるかも)

空港でも、私たちの旅のスタイルは、これまでと全く変わらず、子供2人に振り回されっぱなしである。ここまでNYを楽しめなかった旅行者も、滅多にいないだろうな。私は、また近いうちに、絶対出直す決意を固め、Dさんにも、「なみ子は、ご主人にお願いして、来年の春、NYで会おうよ」と誘惑してみるが、「………..」無言の回答だ。(当たり前) 空港のメトロポリタン美術館のお店で、美術館グッズを買って、せめてものNY気分を味わった後、Dさんとなみ子の見送りに。これで、もうしばらく会えない、というのも不思議な感じ。

さて、ビジネスクラス(国内線は、たいした事ないんだけど)に格上げされた飛行機に乗り、思い切り晴れた上空に上がると、下方には、マンハッタンと自由の女神が浮かび上がる。NYを去るのが、何とも名残惜しい。しかし、そんな干渉にふける間もなく、「ねえ、美味しいナッツは、まだ?」と、わずか3歳児の何とも生意気な発言。この夏、イタリアからのフライトが、やはりビジネスクラスに格上げされたときに食べた、ビジネスクラス向けのナッツの事を、綾花は、まだ覚えているのだ。国内線では、そんな優遇は受けられるはずもないが、なぜか、私は、空港で高級なナッツを買っていたので、それを、綾花と2人で食べながら機内で過ごした。

自宅に着くと、トニーが、「NYのテロ騒動は、どうだっ?心配していたんだよ」。ここで、はじめて、そういえば「テロの話、あったな」と思い出す。余りにも、いろいろな事が起こりすぎて、テロどころではい、私たちの珍道中でした。 過ぎてしまえば、はははーです。ほんと。

広告

ニューヨーク旅行3日目 〜降り続く雨〜

 朝起きてカーテンを開け、天気のチェック。相変わらずの雨だが、昨日よりも振り方が激しいように見える。とりあえず、子供に朝ご飯を食べさせ、支度を終わらせると、時計は、既に10時。昨日同様、シャトル、モノレール、電車を乗り継いで、マンハッタンへ。ペンシルバニア駅で地下鉄に乗り換え、一気にモマ最寄りの駅まで。地下鉄から降りると、外は、激しい雨。モマの看板は、数ブロック先に見える物の、子供達にカッパを着せ、傘をさしてストローラーを用意すると、数ブロックの移動に10分以上も費やしてしまうのだ。雨というのは、子連れ旅行者にとっては、本当厄介な物である。

 新装開店したモマへの来場は、今回が始めてである。建物の中は、ガラスばりで中庭が見渡せ、非常にオープンな感じだったが、ガラスと地面の接する部分から、外の雨が入り込んで来て、タオルが敷かれてあるのを見て、ちょっと悲しくなった。芸術を追求するあまり、技術が伴わなかったのだろうか?それとも、手抜き工事?
モマ.jpg

 さて、モマへ入って間もなく、子供達は、お腹をすかせて大騒ぎを始めた。しかし、雨の日というのは、自然と人々は、屋内へなだれ込む。美術館などは、格好の場所ではないか。そして、館内のカフェも、必然的に込んでいる。子供が2人もいたら、行列に並んで待つ事も出来ないので、いったん外へ出る事に。しかし、外へ出たところで、激しい雨の中では、うろうろして食事どころを探す事も出来ない。そこで、ガイドブックにて、モマから数ブロック以内にあるレストランを選び、そこへ一気に走っていく、何とも大きな賭けにでた。子供にカッパをきせ、一気に数ブロック駆け抜けた。が、大きな通りに出て気がついた。反対方向に走ってしまったのだ。が、ついてない私たちにも、時には、女神が微笑んでくれる物で、ヒルトンホテルにぶつかった。とりあえず、ホテルに入って、子供をトイレに行かせると、ありました、ありました。いい感じのレストラン。もう、値段なんてどうでもいい。外は、雨でこれ以上移動するのもばかばかしい。ここで食べよう!
ヒルトンのレストランでは、お昼は、バッフェランチをしていたので、大人2人分の値段で、母娘2組の食欲をおおいに、満たしてくれました。結局、ニューヨークでまともに食事をしたのは、ここだけだったけど、Dさんと、「子連れ旅行では、ヒルトンのレストランは、一押しだね!」と、大満足だった。

 そして、胃袋を満たした後に、またどん底が!なんと、綾花のストローラーの、足を載せるベルトが切れ、タイヤに絡まるハプニングが。どうして、こんなときに、壊れるんだろう?違うときに壊れてくれれば良いのに。
 
 
<img alt="マチス.jpg" src="https://blog.emitony.com/archives/emi/%E3%83%9E%E3%83%81%E3%82%B9.jpg&quot; width="194" height="259"
そんなハプニングにも負けず、もう一度モマに戻った。ここは、当日のチケットを持っていれば、何度でも出入りは、可能なのだ。お腹も満たされ、しばらくは、子供達もおとなしくしていてくれる事を願い、建築、家具、デザイン、現代画を見て回った。結局、すべて見終わると、5時を過ぎていて、外もだんだん暗くなって来た。もう、他へ行く気力がなかった私たちは、モマのショップでお買い物をして、地下鉄に乗り、ペンシルバニア駅に戻った。

ペンシルバニア駅に着いて気がついた。今日は、金曜日、しかもラッシュアワーのまっただ中。人の多さに目が回ってしまいそうだったので、ひとまず、休む場所を確保。ダンキンドーナッツとハーゲンダッツが合体したカフェテリアみたいなところだった。子供達に、ドーナツを買って、Dさんには、お水、そして私は、店員に勧められるがままに、ペプシを買った。普段でも、炭酸系の飲み物は、余り飲まないのに、よりに寄って、子供とシェアーしなければならないときに、なぜ、ペプシを買ったのだろう?Dさん曰く、疲れていると、思考回路が低下して、店員の勧められるがままになってしまうのよ。確かに、そうだ。2口飲んだペプシは、ゴミ箱にすてて、お水を買い直した。

さて、ラッシュアワーもおさまりつつあったので、ニュージャー往きの電車に乗る事に。しかし、座席の確保が難しく、Dさんとは、離れて座る事に。しかし、Dさんの隣のおじさんが気を効かせてくれ、席を譲ってくれた。通常大人3人席だったので、アメリカ人よりこじんまりとした私たち2人と、子供の4人は、その座席に難なくおさまった。しかし、これが不幸の始まりとは、この時誰が思っただろう?疲れきった私たちは、思考回路の回らないまま、会話を始めた。そして、『ハッ』と思ったときには、降りるはずの駅を通り過ぎていた。不幸なのは、空港以降は、特急の電車だったこと。車掌さんが切符を切りに来た時、「なんで、降りていないの?』という顔をしていた。「降り忘れたんです」と申し出ると、英語で(当たり前)「ぺらぺらぺ〜らぺら」と言って過ぎていった。疲労と動転とでなんだか言葉が頭を通り抜けていくようだったが、次の駅の名前と、かなり遠いよ、という事だけ聞き取れた。そしたら、Dさんが、『25』って言ってたよね。2人のヒアリングをもとに、「次の駅は、ブルンズイックという駅で、かなり遠く25分位かかる」という事にした。確かに、約25分で次の駅、ブルンズイックに止まった、が、その25分の長かった事。

さて、電車をおり、向かいのプラットフォームに移動すると、そこには、切符売り場をかねた待合室があったので、ひとまずそこで、子供達に、ホテルで食べるために買って来た、お寿司と枝豆を食べさせた。こんな場所で、枝豆やお寿司を子供に与える旅行者も少ないだろうな、とDさんと話しながら、心の底から笑った。(疲れているときって、何でも面白く感じませんか?)と、そんな事をしているうちに、周りが慌ただしくなったと思ったら、急に人がいなくなった。そして、ガタンゴトン、ガタンゴトンと電車の去っていく音が。1本乗り損ねました。「ここまでどん底に落ちたら、落ち様がないよね」とDさんと話していた矢先の出来事だっただけに、さらに笑いが止まらなかった。その間、綾花は、なみこちゃんに、「枝豆は、英語で、エダマミーっていうんだよ」と訳の分からない事を言って、なみこちゃんも、「えだまみー」とつぶやいていた。

次なる難関は、帰りの電車での切符のチェックだった。余計な金額を払わされるか、それともおおめに見てもらえるか、掛けに出て、あえて切符は買わなかった。さあ、無事電車に乗り、車掌さんがやって来た。私たちの切符を手にし、私たちの顔をじっと眺めた。「降り損ねたんです」というと、「ワッフー」みたいな叫び声をあげて去っていった。まあ、見逃してもらえたという事だ。「日本だったら、ワッフーでは、済まされないよね」と2人で、また笑い出した。さあ、電車に乗ったからと言って安心は出来ない。今回は、2人とも慎重になって、疲れた脳に鞭打っていた。最終的にホテルに戻ったのは、9時半頃だった気がする。ペンシルバニア駅からかれこれ2時間の旅でした。その後は、疲れすぎていて、何も覚えていない、が、その晩は、Dさんとアメリカで過ごす最後の晩だったので、なんだか話し込んで2時くらいまで起きていた、気がする。でも、どんな話だったのか、何も覚えていない。

ニューヨーク旅行2日目  〜マンハッタンへ〜

ニューアーク駅.jpg
(ニューアーク国際空港駅のプラットフォームにて)
 
朝起きて、子供達に朝食をとらせると、既に10時近くなる。やはり子連れでは、元々にぶいフットワークが、より一層にぶくなる。その後、ホテルのシャトルでニューアーク空港のモノレール乗り場へいき、そこからモノレールを使って、ニューアーク国際空港駅へ。そこからマンハッタン行きの切符を購入して、電車に乗り込むという訳だ。そして、ニューヨークペンシルベニア駅に到着後、地下鉄に乗り換えて、アメリカ自然博物館駅にて降りると、駅の降り場に直結して、博物館に入場出来る場所を発見。今日のような、大雨の日には大助かりである。博物館に入場出来たのは、お昼ごろ。半日を移動で使ってしまった。

この博物館では、Dさんの昔の仕事仲間の方が、現在マンハッタンに住んでいるという事で、彼女と落ち合い、色々マンハッタン情報をもらった。彼女が教えてくれた驚きの裏技、学制証を見せると、色んなところで割引が効くという。彼女も、数年も前に卒業した学校の学生証を使って、今でも、色々な割引を受けているという事だ。私も、一応大学在学中の身分、学生証も持っているので、次回は、忘れず持参しよう。(旅の教訓3)

恐竜.jpg
(アメリカ自然博物館内の恐竜)

アメリカ自然博物館は、2歳以上の子供は、入場料が$12もする。しかし、これだけの料金をとるだけあり、館内は、子供にも十分楽しめる内容である。当初、入館後すぐ、館内のカフェでランチを予定していたけど、余りの混み様に、館内見学をすることにした。場所は、恐竜コーナー。ここには、世界中から発掘された、恐竜の骨を組み立てて、恐竜の姿(骨だけ)を再現したり、骨の恐竜を、小さい人形で再現したりしていた。最近、『死んだ』という事に敏感になっている綾花は、どの化石を見ても、「これは、死んじゃった、あれは死んじゃった」の繰り返しであった。でも、興味深く、一つ一つじっくり眺めていた。

マンダリンホテル.jpg
(タイムワーナービルより、コロンバスサークルを望む)

自然史博物館では、なんと5時間近くも時間を費やしました。うち1時間位は、食事に費やしましたが、それでもすべてを見られたわけではありません。まあ、子供達も大分飽きてしまったので、とりあえず外に出てみると、雨は、大分小雨になっていたので、ここぞとばかり、外を歩き、何となくNY気分を味わいました。その後、Dさんの友人が、バスに乗って数年前に出来たばかりの、タイムワーナービルに案内して下さいました。ビルの3階までは、ガラス張りのショッピングセンターとなっていて、3階からコロンバスサークルの眺めを楽しめます。こういう人工物の美しさを楽しめるのは、やはり都会でならではです。

さて、このビルの地下には、スーパーも入っていて、日常の食品から、多くの種類のお惣菜までが売られていて、Dさんの友人の進めもあり、本日の夕食は、ここのお惣菜を、店内にあるカフェでいただくことにしました。ここでは、カレーとお寿司(すごい組み合わせ)をいただき、その後、地下鉄、電車、モノレール、ホテルのシャトルと乗り継いで、ホテルにたどり着いたのは、夜9時です。

しかし、帰りの電車の中でハプニングがありました。私たちの座った4人がけのシートに、車掌さんが集めたと思われる、電車の切符が沢山落ちていたのを、子供達が集め、切符売りごっこを始めました。そのうち、余りの疲労で思考回路の低下していた私たちは、自分たちの持っている切符まで渡してしまい、駅について出口で切符が必要だと言う事は、すっかり忘れてしまったのです。駅の出口について、機械に切符を通さなければ、外に出られない事態となり、大慌てで、子供達の持っている切符の中から、この駅止まりの物を探しました。結局、Dさんは、見つけられたけど、私のは、どこかに落としてしまったようで、Dさんが、切符を機械に通して、機械のドアが開いたのを、駅員さんに見つからないよう押さえてくれ、私も無事、駅から出られることが出来ました。実際は、お金を払っているけど、この行為は、キセルみたいなものです。子供と一緒の旅は、思いも寄らない出来事が起こるものですねえ。

ニューヨーク旅行 〜悲劇の始まり〜

ペン駅.jpg
(写真は、本日の出来事とは、一切関係ありません)

この秋、私の高校時代からの友人のDさんが、オハイオを訪ねて来てくれた。旅の最後は、2家族の母娘によるニューヨークへの旅で締めくくる事に。数日前から、ニューヨークの天気は、余りよくないという事だけは、心得ていたが、情報源は、インターネットの天気予報サイトのみだったので、連日降り続いている雨が、どの程度の物なのか、知る由もなかった。

第一日は、クリーブランド空港を12時半に出発、午後2時には、宿泊先である、ニュージャージーについているはずだった。が、出発時間を過ぎても、飛行機の出発時刻は、全く見通しがついていない状態だった。行き先のニュージャージーは、記録的な豪雨と深い雨雲に覆われていて、ニューヨーク、ニュージャージー行きは、すべて、予定の立たない状態だった。結局、予定時刻3時間半後に出発。着陸直前に見えた、ニュージャージー上空からは、街の至る所、洪水になった箇所が確認出来た。

ところで私たちは、宿泊費を安く上げようと、滞在先は、ニュージャージー空港に近い宿を選んだ。この空港からは、マンハッタン行きのバス、電車が多くでていて、所要時間も30分〜45分。1日あたりの交通費は、約$30だけど、これを足しても、マンハッタンに宿泊するよりかなり安くなる。しかし、女親2人に子供2人でのなれない土地での移動は、所要時間30分〜45分という訳にもいかず、結局のところ1時間位は、かかってしまった。しかも、ちょっとしたパプニング(明後日のブログ参照)が起こると、1時間では、すまされない。
まあ、短期滞在の場合には、多少(かなり?)高くとも、マンハッタン宿泊が懸命なのだろう。(旅の教訓1)

空港に到着後は、”ホテルのシャトルに乗り込んでホテルへ行くだけ”と、のんきに構えていたので、ここで、現実の壁に大きくぶつかってしまった。ホテルのシャトルは、私たちの降りたターミナルとは、別のターミナルに行かなければ乗れない。大きな鞄3つ、ストローラーに乗っている子供2人をどうやって、別のターミナル往きのモノレールまで運べばいいのだろう?結局のところ、タクシーにを使う事に。私は、この国で、空港からタクシーを利用する機会がほとんどないので、値段がどの程度の物か、見当もつかなかったけど、乗る前の見積もりでは、なんと、1マイル弱先にあるホテルに行くのに、$16+鞄1個につき$1(合計$18)だと言うではないか!!この値段に、不服ながらも、他の手段がない私たちとしては、渋々タクシーに乗り込んだ。

さて、この空港近辺のホテルを選ぶ際、”空港から通りを挟んで向こう側”というのがうたい文句だったことと、レストランとギフトショップがある点で選んだ。しかし、空港からシャトルを使う点を考えたら、空港からの距離は、関係ないんだなあ、と後で思った次第だ。(旅の教訓2) ホテルの機能自体にには、特にクレームを付ける点もないが、サービスは、空港利用者のお客さんがほとんどという事で、最低限だったし、ホテル内も暗く、物悲しかった。まあ、暗さは、滞在中降り続いた雨のせいでもあるんだろうな。 ちなみに、空港の通りを挟んで向かい側のホテルであるのは、間違いないけど、空港の近辺は、交通量の激しい大通りであるため、ホテルは見えても、なかなかそこにたどり着けないうえに、連日の雨で、裏通り各所に洪水が起こっていて、迂回、迂回の連続で、所要時間20分程、$16分は、確かに走りました! 運転手さんが、「昨日も雨、今日も雨、明日も雨だし、その後も。いったいいつになったらやむのやら」と嘆いていたのが、黒人さんだっただけに、ブルースのように聞こえ、なんだか旅行気分を盛り上げてくれました。しかし、冷静に考えてみると、私たちの滞在期間中は、ずーっと雨!?まったく、もう!(この綾花の口癖が、この旅行中、皆に伝染しました)

さて、災難続きの本日を締めくくるのは、ホテルに隣接している、『スターライト』レストランでの食事。他に選択の余地がないのだ。せめてもの救いは、ホテル内のレストランの割りに、価格が低く抑えられている事だった。まあ、内容もその程度の物ではある。 Dさん曰く、「公民館に隣接している食堂のような感じだね」。まあ、ここまでどん底に落ちたなら、後は楽しい事しか、待っていないはず!と、Dさんと、明日からの、NY観光気分を盛り上げながら、眠りにつきました。