Picture diary

夜のそり滑り

クリスマスに私達夫婦から綾花にそりをプレゼントした。 2年前にプレゼントした、プラステイック性のものは、すぐに割れて使い物にならなかったので、今回は木製の壊れにくいものを選んでみた。そりを手に入れた綾花の次のおねだりは、「そり滑りに連れて行け」って、そりゃそーですね。そりだけもらった所で、なーんも楽しくありませんから、、、、、 という事で、ここ3夜連続で、ナイター設備の整っているそり滑り場のあるメトロパークへ出掛けてきました。大家族の我が家なので、勿論親戚中に声をかけ、現地集合ということにして行ってみると、3家族プラス、クリスマス休暇でニューヨーク州の大学から帰省してる、大学生のお兄ちゃん2人も参加。我が一族の中でも楽しい事大好きな、T一家は、そりを常備していないのにも関わらず、子供達にゴミ袋を1枚ずつ持たせてやってきていた。さらに3日目ともなると、水泳用の浮き輪まで持参してきていた。 この浮き輪、アメリカ人の標準的な男性2人くらいまで乗れる大きさのもので、これに大の大人が2人でのって一気に滑り降りる、危険を顧みない行為を何度も繰り返していました。というのも、このそり滑り場は、滑り降りた場所の奥がゆるい上り坂になっていて、そこで自然に止まる様にデザインされているのですが、大人2人の体重でしかも、滑りの良い浮き輪では、こんな緩い登り坂などでは停止出来る事はできません。しかも、そのゆるい坂の奥は、雑木林になっていて、木にぶつかる可能性大なんです。でも、やっぱり皆オバカというか、、、、、、子供というか、何度も何度も危険な滑りを繰り返していました。 2日目の晩、従兄弟との2人乗りでバランスを崩し、勢い良く滑り降りるそりから転がり落ちて、顔の左半分に大きな擦り傷を覆った綾花は、昨晩は、隅っこの方で一人、ジミーに遊んでいました。我が一族以外に人のいない場所だったので、皆やりたい放題のため、かなり危険な状況に何度も遭遇する事態だったので、綾花のジミーな行動は、案外正解です。案の定、従兄弟のセラは、転んでしばらく雪の上に寝転がっている所を、お姉ちゃん2人組のそりに突っ込まれていたし、、、、、 このそり滑り場のいい所は、場所の一角に、細長ーいドラム缶型の暖炉があって、毎晩薪がくべられているんです。勢いよく火が燃えている、縦長に立っているドラム缶の周りには、木の切り株が4つ程設置されていて、そこに腰掛けながら暖をとることも出来るので、滑る順番待ちの時には、そこで暖まっていたりして、いい感じ。私は、綾花のそりを借りて3度滑りましたが、うち2回は、なぜだか途中反対向きになって、そのまま反対向きで滑り降りて行ってしまいました。バランスが悪いのかな?なので、大抵の時間は、この暖炉の周りで暖をとっておりました。これにホットチョコレートなんかが加われば、言う事なしですね。

books, 家庭学習

サドルクラブ読書完了

夏休みの終了間近に、E-BAYで購入した、『サドルクラブ』という乗馬クラブで芽生えた、3人の女の子の友情物語をテーマにした物語、約70冊の読書が この度完了しました。この4ヶ月は寝ても覚めても、このシリーズの本に夢中でした。お見事! さてさて、次は、どんな本を読みましょうかね。

Diary

フレンズリユニオン

クリスマス休暇を利用してシカゴからやってきた、綾花の幼なじみのエマちゃん、ニナちゃんとおなじみの瀬里菜ちゃんと、プールで楽しいひとときを過ごしました。 このプールは、綾花が幼い頃は、毎週の様に通っていたプールです。他のお友達もここでスイミングレッスンをとったりと、それぞれ懐かしい思い出のある場所です。 あの頃と違って、すっかり成長した皆さんは、スライダーを楽しめる年頃になったので、皆、スリリングなスライダーと水遊びをおおいに楽しんでいました。

Diary

クリスマスの朝

綾花の人生で、9度目のクリスマスの朝。 今年も無事、サンタさんは プレゼントを残していってくれました。しかし、、、、、、綾花のお願いしたものは、あるのでしょうか? ☝飾り様の箱の中にも何か残された気配。一体何が入っているのか、、、、、、気になる中身は、ウエブキンズのアメイジングハムスターでした。   今年は、なんだかんだと、色々もらいましが、中でも一番のプレゼントは、馬のグルーミンググッズでした。しかし、、、、肝心の馬はもらえませんでした。 うーん残念。 でも、ピアスやマニキュアー、ツインクルトーというスニーカー等等、、、、、これだけもらえれば満足満足です。

Diary

Cookies for Santa

クリスマスイブ恒例のクッキー作り。昨年までは、イースター用のクッキーカッターで作ったクッキーですが、今年は、クリスマスデザインのクッキーカッターを導入しました! 綾花が頑張ってアイシングで描いたデザインは、若干意味不明気味な所があるけど、一応サンタとトナカイです。 プレゼントを届けてくれたサンタさんのおやつとして、このクッキーとミルクを暖炉脇に用意してからベッドに。今年もサンタさんはプレゼントを届けてくれるのでしょうか、、、、1年で一番の緊張の夜です。   では、おやすみなさーい。

Diary

サンタ婦人の意外な一面

12月、我が一族では、2人のお誕生日があります。 5日がトニー、そして17日が、2年前に生まれた甥のスペンサーの誕生日です。   今日は、スペンサーのお家に招かれて、2歳のお誕生日をお祝いしました。途中、スペシャルゲストと称して、サンタ夫婦まで登場しました。サンタ夫婦は、絵本の読み聞かせをしてくれたり、子供一人一人に欲しいものをきいたりと大サービス。おまけに、最後は、各家族との記念撮影にまで応じてくれました。 綾花は、サンタ夫人に 自分のアンユージュアル(アメリカ人に取ってね)な名前が日本のものだと言ったら、サンタ夫人は、日本語で1から10まで数えられるのだと言って、綾花に正しいかどうか聞いていました。サンタ夫人は、彼女のお母さんから日本語の数え方を習って、自分の子供や孫にも教えているのだと言っていました。各家庭で代々伝わる様々な伝統というものがあるけど、日本語の数の数え方なんて、ちょっと珍しいものですね。

Diary

年末ジャンボ。。。。。。じゃないけれど、、、、

突然ですが、アメリカの宝くじって、凄い金額ですよね。以前何かのプログラムで、宝くじを当てた人の、当たる前とその後の生活を特集していたのですが。当たった人って、結構不幸になっているんですよね。家族、親類、知人にお金をせがまれて、あげなければひどい目にあわされて、結局誰も信用出来なくなってしまったとか、知人からビジネス投資の話を持ちかけられて、それが大失敗。結局当たる前の生活以上に借金が増えたりとか。究極のケースでは、殺人に至る事も、、、、、おーこわ。   ところで、我が家も年末ジャンボほど大規模でないけど、トニーの会社の年末福引きで1等賞が当たってしまったんです。当たった当人のダーリン、自分が1等賞を当てた事にしばらく気づかずにいた、、、というか、この福引きって、会社が勝手に社員を選んだようで、そんな事がある事自体知らなかったダーリン。昨日突然、ダーリンのキューブ(会社の個人用の囲い)の外に15人程の人盛りが出来ていて、(またまた誰かウイルスもらっちゃった?)☜注:ダーリンのお仕事は、IT関連であります。と思いきや、「あの景品使わないなら、俺にくれないか?」「どうせ使わないだろうから、俺がオークションで売ってやるから、半額くれ」とか、、、顔見知りから、初対面の人までまあ、皆さん腹黒さを隠さずに凄い形相だったそうです。その中でも、特にボスのボスの腹黒さには、悲しくなってしまったと、、、、   ちなみに、この商品 何とは言いませんが、100キロ近くあるもので、どうやって会社から運ぼうか、ただ今試行錯誤している所です。

Diary, 学校生活

スノーストーム明けのストマックフルー

一昨日、日曜の午後から始まったスノーストームの為、月曜は学校が休校になりました。翌火曜も市内とその郊外全域の大多数の学校が休みでしたが、綾花の学校は、なぜだか休みではありませんでした。でも、前の晩から、休みと思い込んでいた私は、アラームもオフにしていい気持ちで寝過ごしてしまい、結局知らなかったことにして、休んでしまいました。(トホホ) でも、でも、、、、実は、日曜のオーケストラの一件から、夜眠れなくなってしまったんです。この寝不足をなんとかするには、睡眠剤入りの風邪薬しかない、、、、、と、夕べは、薬の力を借りて早々に寝てしまいました。 今日こそは、学校を休ませるわけにはいかない、、、、、と、セットしていたアラームに起こされると、トニーがベッドにいない。その代わり、地下室から洗濯機と乾燥機がまわる音が賑やかに響いてくる。 実は、夕べ11時ごろから 綾花の嘔吐が始まって、今朝方5時過ぎまで続いたそうで、、、、、、トニーは、綾花の看病と汚れたシーツやタオルの洗濯に追われた一晩を過ごしたそうな、、、、私、全く知りませんでした。薬の力ってすごいなあ、、、、、と感心感心。 で、昨日のずる休みに続いて、今日は病気休みということになりました。それにしても、ついていないなあ、、、、今夜は、学校のウインターコンサートで、これまで練習してきた、オランダ語やインド語での歌の披露を楽しみにしていたのに。本当に残念。学校は今週いっぱいで終了なので、せめて休み前に1日くらいは登校出来る様、しっかり看病したいと思います。

violin lesson

初オーケストラコンサート

今朝から降り始めた雨が、正午前に雪に変わッたと同時に強風が吹き始め、スノーストームがやってきました。予報では、今日から3日間のスノーストームだと言います。今年はやはり 1000年に1度の大寒波の年なんでしょうか。12月に2度もスノーストームに見舞われる事なんて、かなり珍しい事の様に感じます。(実際の所は、良くわかりませんが) ところでこんな悪天候にも関わらず、予定していた 私の所属するオーケストラのウインターコンサート&デイナーパーテイーは、予定通り開催されました。午後4時15分からのリハーサルに間にあうよう、十分なゆとりを持って家を出たつもりでしたが、路面凍結、その上に雪が積もった道路状況だったので、結局ぎりぎり間に合ったという所です。ちなみにこの地域で生まれ育って、雪道運転にも慣れているダーリンでも、ヒヤヒヤのドライブでした。 コンサートは、弦楽器部と吹奏部にわかれて行ないました。もともとこのグループは、吹奏楽器主体の団体だったので、メンバーも吹奏部は、弦楽器部の2倍以上、演奏の質はそれ以上でした。弦楽器部の演奏を見ていたトニーと綾花は、皆の弓の動きがめちゃくちゃで、しかも途中演奏していない人も何人もいたので、私が途中でやったフェイクボウイング(弾いているまねして、実は弾いていない)なんかは、全く問題ないと、褒めてくれているんだか良くわからないコメントを頂きました。まあ、今の時点では、参加する事、楽しむ事が大事だということにしておきましょう。 その後のデイナーでは、テーブルが一緒になったベスさんが最近韓国ドラマにはまってしまって、寝不足で仕方ないとか、日本語と韓国語はにているのか?とかそんな話題から、実はトニーも韓国ドラマにはまっていた時期があって、、、、、さらには、韓国ドラマの情報交換なんかもしたりして、それなりに楽しいひとときを過ごしました、、、、でもやはり皆、いつもよりはトーンの低い感じでした。というのも実は、リハーサルの際、メンバーの一人が心臓発作を起こして搬送先の病院で帰らぬ人となってしまったんです。   発作を起こしたジョーさんが病院に運ばれ報告をしばらく待ちましたが、吹雪の事も気になったので、結局は、準備していた曲を少し減らして演奏を行なったのですが、演奏中も皆、ジョーさんの事が気がかりだった事と思います。楽しいはずのクリスマス音楽も今日は、なんだか悲しく心に響きました。ジョーさんの悲しい知らせが届いたのは、演奏がすべて終わってからの事でした。 わずかな期間の演奏仲間だったけどとても残念です。ジョーさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

Diary

Winter Farmer’s Market

久々に気温が上がった土曜日。軒下に出来た大きなつららも、もの凄い勢いで溶けています。 明日からは また寒気がやってくる予報なので、今日は出来る限り、野外で過ごそうということで、ダウンタウンで開催されている ウインターファーマーズマーケットに出掛けてきました。冬場なので、フレッシュベジタブルこそありませんでしたが、季節柄 お菓子の詰め合わせや毛糸ものの小物、手作りの木のおもちゃなどなかなか面白いお店がいっぱいでした。 綾花と従兄弟のセラは、木のおもちゃ屋さんのコーナーの、面白いからくり仕立てのおもちゃに釘付けで相当な時間をここで費やしていました。ちなみに、自らおもちゃを作っているというここの店主は、昔軍隊で韓国にいたそうですが、日本にも遊びに行った事があるということで、なぜか富士山登山の話で盛り上がりました。 その後、トニーが手作りサルサのお店で 試食を満喫している間に、私はオーガニックのスパイスやドライハーブを扱うお店で、色々吟味していました。お気に入りのサルサを見つけて買ってきたトニーが、私の所にやってきて「何か買った?」と話しかけたのを機に、そこの店員さんが 「あれー?ニホンジんですか?」ってびっくりの顔。こちらの店員さんは、なんと1987年から18年間日本に住んでいたんだとか。1987年と言えばトニーが1年留学した年です。ここでもまたまた日本の話題で盛り上がりました。ちなみにこの方がおっしゃった、日本を去ろうと思った理由のひとつが、若い子供達のマナーの悪さが目立ってきて嫌気がさしてきたという言葉に、ほろ苦さを感じてしまいました。 ファーマーズマーケットで 私もトニーも綾花もセラも 一通り欲しいものを買った後は、スケートを一滑り。セラも綾花も3歳くらいの時から クリスマスシーズンごとにここで滑っているので、それぞれ勝手に滑っていましたが、途中綾花のクラスメートの男の子を見つけ、今回が2度目のスケートで転んでばかりいるP君に 2人揃って色々アドヴァイスをしていました。 スケートの後は、綾花はセラの家族と一緒に、クリスマスツリーファームへに出かけ その後 アーミッシュのレストランで合流し夕食を食べて1日が終わりです。今年は寒さが厳しくなるという予報が出ていますが、寒さの合間の過ごしやすい1日を、十分に満喫した1日でありました。

生涯学習