Diary

ヴァーチャル パレイド

 アメリカでは、何かにつけて パレードというものが行われます。有名なものでは、ニューヨークで行われる、サンクスギビングの後のメイシーズパレードや お正月にカリフォルニアで行われる、ローズパレイドなどなど。これらのパレイドは、テレビで中継される程大きな規模で行われますが、各都市、地域でも、色々なパレイドが行われます。   で、アクロンでも、サンクスギビング明けの土曜日に、ダウンタウンで、サンタパレイドが行われます。トニーは、綾花を連れて、このパレイドに度々来ておりましたが、寒さに弱い私は、これまで来たことがありませんでしたが、今年は、頑張りました。30分程前から場所取りをしてくれていた、他のファミリーメンバに加わったのは、パレイド開始の5分程前。こういうとき、大家族は、便利です。    以降、ヴァーチャルパレイドの開始でーす。 恐竜の風船。手、足、体など、20カ所くらいにロープがついていて、20人程の人で操ります。信号や電線にひっかからない様に、先頭に監督さんがいて、「もっと右に寄って〜」とか「下に下げて」などなど、笛とジェスチャーを使って支持しておりました。どこの提供かは、知りません。     こちら、アクロン市にとって、非常に大切な企業ブリジストン提供のツリー。企業柄、ツリーのトップは、タイヤでした。    なぜか、スタートレックの船長。ここまでしてパレイドに参加させたいその理由を知りたい!   風船キャラクター第2弾。こちらは、平べったい形のためか、かなり多くの人が操り作業に加わっていました。    乗馬クラブ提供、お馬のパレード。全部で8頭もの馬が参加していました。お馬の最後には、落とし物を拾う専用の方が、シャベルを片手に参加しておりました。(ご苦労様です)    パレイドの締めくくりは、もちろんサンタです。 サンタの車からは、時折ロケット噴射みたいな爆発が起こって、紙テープがまかれていました。  …

violin lesson

黒檀

 それは、日曜の朝の事でした。 トニーも綾花もまだベッドで気持ちよく眠っているころ、私は、一人ミュージックルーム(単なるヴァイオリンを弾く部屋のこと)で、ヴァイオリンの音合わせをしていました。実は、前の晩、ケースごとヴァイオリンを落としてしまい、音がかなりずれていたので、調弦しないと、練習にならなかったのです。 で、ペグと呼ばれる弦の巻かれた部分を回し回し、音を確認しておりましたらば、、、、、、、 パチーン やってしまいました。弦が切れたんです。お見事! それは、今現在私に与えられた課題曲では、なくてはならないE線(まあ、どれもないと困るんだけど)。    そこで昨日 朝一番、いつもお世話になっているヴァイオリン工房のスターン氏に電話をして、今日中に直せるか聞いてみた。 出来る限り早く持ち込めば、可能だというので、綾花を学校へ送ったあしで、そのままハートヴィルと言う村へ約40分かけて出かけました。 工房では、スターン氏のお弟子さん(息子さん)が待っていて、早速ヴァイオリンを診断してくれました。すると、G線以外の弦は、かなり老化しているので、3弦を変えた方がいいということだ。プロのヴァイオリニストは、半年置きぐらいに弦を変えるとは聞いたことがあったけど、私も、この半年は、1日平均2時間以上は弾いていたので、まあ、変え時なんだろうと思い、3弦まとめて変えてもらうことにした。で、ついでに、前々から気になっていた、ペグについて聞いてみた。  ペグは、ヴァイオリンの上の部分に左右各2個ずつついている、小さなハンドルみたいなものなんだけど、これに各弦を巻き付けてあります。調弦(音合わせ)の際、この部分を強めたり弱めたりして調整するのですが、材料の質によって、この音合わせもかなり変わって来ます。 私の超安価で買ったヴァイオリンは、かなり柔らかな材質の木でできたペグだったので、調弦の際には、かなり苦労していたんです。通常この部分は、エボニーと呼ばれる、非常に固い材質の木が使われるという事で、今回、思い切って、この部分も、エボニー製のペグに変えてもらうことにしました。 となると、ヴァイオリンは、一晩入院させなければいけないということで、昨日の練習は、諦めて、ヴァイオリンを預けて来たわけであります。   で、家に戻って、『エボニー』って一体どんな木なのか調べたところ、日本語では、黒檀という事が分かったのです。 で、偶然だけど、先日電話で母と話した時に、「今度トニーさんに、黒檀で出来たお箸を送ってあげるわよ」と母が言っていたのを思い出しました。 この時の私の頭の中では、『こくたん=黒炭』という構図が出来上がっていて、そんな箸使ったら、手も口も真っ黒になりそうだわ、、、、って心の中で思っていたところでした。 あー口にしないでよかった。親と言えども、かなりバカにされそうだものね。    

the word of the day

he is a teacher’s pet

 我が家は、子供が一人っ子の為、大人が子供の遊びにつきあわされる事が多い。 最近の家族3人+犬のブレイデイー、皆そろっての遊びは、レポート発表ごっこ。 綾花のクラスでは、各自好きなテーマを決めて、それについてのレポートをまとめ発表すると言う事をやっているようで、我が家でも、学校ごっこで各自レポートを発表させられるのだ。 この際、皆名前を変えなければいけない、これは、我が家でのごっこ遊びの重要な掟なのだ。 ちなみに今回の私の名は、メラミー、トニーがジェイコー(これをゲイコーと読み間違えなければいけない、おまけ付き)、ブレイデイーがコーデイー、綾花がアメリーと先生のミスキャロリン(これは、本当の担任の先生の名)の二役。  さて、このレポート発表では、発表1回につき5ポイントもらえる事になっていて、このチェックも、ミスキャロリンによって、しっかり行われる。 まず最初に発表したのは、ジェイコー。 ジェイコーが手を挙げ、先生が「はい、ゲイコー君」というと、ジェイコーが「僕の名前は、ジェイコーです」というパターンを強要させられ、ジェイコーは、手を挙げるたびに「僕の名前は、ジェイコーです」と言わなければいけません。 で、ジェイコーの発表は、パンダについて。「昨日のニュースで、パンダに抱きつこうとした男性が、パンダに引っ掻かれたそうです」(これ、中国であった本当の話) この発表で、ジェイコーは、5ポイント獲得。 次は、メラミー(私)。「中国では、私の名前に似たメランミンという毒素のある物質を、色々な食品に混ぜて売っているので、中国製品を買うのを、ただいま控えております。」 メラミーも無事5ポイント獲得。 次は、コーデイー。先生が、「コーデイー、スピーク!」というと、コーデイーは元気にわんわん吠える。(ブレイデイーには、スピークの芸を仕込んであります。)この芸で、コーデイーも5ポイント獲得! で、メラミーもジェイコーも発表を出し渋っている間に、コーデイーは、3回のスピークに答え、あっという間に20ポイント獲得。  そこで、ミスキャロリンは、「コーデイーは、本当に沢山のレポートを発表していますね」という。 つかさず、ジェイコーが 「It’s not fair! Cordy is a teacher’s pet!」 (それずるいよ。コーデイーは、ひいきされてる!)といったので、思わず「ぷっ」。 Cordy is a teacher’s pet!って訳すと、えこひいきされてるって事なんだけど、英語でいうと”先生のペット”なんです。で、正しくコーデイーは 犬なので、笑えてしまったわけです。    我が家のレポート発表ごっこ、しばらく続きそうなので、今日は、インターネットでネタ探しですね。(そとは、雨だし、私のヴァイオリンは、A-stringが切れてしまってただ今入院中なので、ちょうどいい機会です。)

Picture diary

桃栗三年 柿八年

 我が家では、1年程前「諺カルタ」ってものに夢中になっている時期がありました。 読み手は私。綾花とトニーで札をとるのが通常です。(だいたいこの2人のレベルが一緒なので) その読み札の中に、「桃栗三年、柿八年」というのがありました。何が気に入ったのかしらなけど、綾花は、学校に行く車の中でよく、この諺を独り言でつぶやきます。  で、今日も、いきなり「桃栗三年、柿八年。あー栗食べたい。」って。栗なんて、これまで数えるくらいしか食べた事のない綾花なので、このコメントには、びっくり仰天。栗の味なんか知っているのかしら? まあ、そんなに食べたいならと、ヴァイオリンレッスンの帰りに、イタリアン食材店によって 栗を買いました。 食材店で働いていた叔母さんのアドバイスに従って、栗にナイフで穴をあけてから、オーブンで40分程焼いてみたところ、ホクホクとはいかないものの、まあまあ美味しい焼き栗が出来ました。 綾花は、焼き上がるやいなや、あつあつの皮を必死で剥いて「おいしいおいしい」って食べていました。

学校生活

母親のマインドコントロール

 本日は、綾花のクラスの2者面談のため、学校は、午前中いっぱいでした。でも、共稼ぎ両親の多い生徒たちなので、チャイルドケアーサービスはしっかり行なわれていたので、綾花も私の面談が終わるまでは、そちらで楽しい時間を過ごしておりました。  さて、肝心の面談の方は、トニーが急遽仕事の関係で参加出来なくなり、私のみで行ないました。まずは、大まかに分けた教科別(言葉、算数、社交性、社会、精神面)に、今学期の成果などが書かれた紙を頂き、一通り目を通して欲しいという事でした。まとまった英語の文章を読む事は、短時間では無理なので、家に持ち帰ってもよいか許可を頂き、それを持ち帰る事にしました。それから、家庭側から、綾花の勉強についての質問がないか聞かれたので、家で補習する必要がある教科がないかどうかたずねてみました。それにつては、特になし。というか、頂いた紙をちゃんと読んでいれば、そんな質問もする必要長かったのですが、こういうところが、親として情けないですよね。  これまで綾花がお世話になった先生すべてから言われてはいたのですが、今回の先生にも、綾花は、理想的なモンテソーリッ子で、学校としては、非常に満足しているということです。また、特に目立った特徴は、どんな状況下に置いても、抜群の集中力を発揮出来る事で、これは、モンテソーリ式教法で、特に子供達に身につけさせたい技術なのだそうです。その次に、何となく予想していたけど、算数が抜群に出来る事。(普段からの会話を聞いてると、常に数字やら、パターンやらの話になるので、かなり理系よりであります) テストではなく、個人のレベルをチェックする為の、足し算120問のテストを10分以内にこなし、しかも、すべて正解だったのは、クラスで綾花だけだったという事だ。また引き算120問テストでは、10分で80問間違いなしだったのも、綾花が一番だったとのこと。 ここで、先生の興味深いお言葉が。 「女の子は、母親の言葉に非常に強く影響を受けます。 なので、母親が、『私は、数学が苦手だったの』とか『数字を見ると、鳥肌が立っちゃうのよ』なんて言葉を発したものなら、それがマインドコントロールのように、女の子を支配してしまい、数字への苦手意識が高まってしまうのよ」 これって、日本でも結構聞く話。こういう事って、古今東西変わらないものなのかしら? ちなみに、私は、算数自体は苦手でないものの、文章読解能力に弱いので、数学が出来なかったんですね。でも、結構好きな科目ではあるんです。綾花の場合は、トニーがよく数字の話をするので、数字好きになったんだと思います。    あとは、週1回の自己表現の時間を使って、クラスの子供達の前で、一度ヴァイオリンを弾いたのですが、綾花の気迫に 先生を始め、クラスメートすべてを黙り込ませてしまったという経験から、ヴァイオリンの定期演奏を学校で行なってもらえるように依頼されました。これは、私にとっては、とても有り難いこと。喜んで引き受けました。これは、自分の意見を強く言うのが若干苦手な綾花なので、ヴァイオリンを弾くことによって、自信をつけさせるための配慮の様です。    最後に、先日の我がクラス主催のベイクセールでは、なんと$100以上の収入があり、先生は大喜びでありました。ほとんどのの親御さんが,コインで支払ったので、子供達は、コインを必死で数えたという事です。     

生涯学習