Picture diary

Good Cop, Bad Cop

 綾花のヴァイオリンのレッスンを開始して1ヶ月。 日々の練習は、大分習慣づいて来ましたが、それでも、先週末の様に、いきなり、親戚の子供達がお泊まりにやってくると、練習どころではない。まあ、5歳の子供に、お友達が来ているのに、練習しろ!と言う方が、無理な話のような気もする。それでも、私としては、与えられた課題を、しっかりこなしたいので、なんとか強要して、半べそをかく綾花に、無理矢理練習させるのだ。(なんとも、おにばばな私。)  我が家では、綾花のしつけに関して、私が、ほぼ悪役になっている。そして、トニーが善人というわけだ。これは、おまわりさんが、犯人の尋問の時に使うテクニックで、一人が徹底的に悪ぶって、「お前が、黒ってことは、分かっているんだ。いい加減白状したらどうだ!」という具合に、まくしたてた後、「あんたの、田舎のお母さんが、言ってたよ。あんたは、本当は、優しい人間なんだって。」などと、優しく迫るというやつだ。   我が家では、決して、綾花を尋問しているわけではないけど、夫婦間で、それぞれの役割を持って、綾花に、程よい緊張感とその逃げ場をつくる様にしている。私の悪人役は、はじめから決まっていたわけでは、ないけど、ここ5年の間に、何となくそうなってしまった。なので、先日、改めて、トニーと確認し合って、これからも、私が悪人、トニーが善人でいこう!と、なりました。

books

ポケットのないカンガルー

 お腹にポケットのついていないカンガルー、ケイテイは、「自分の子供を遠くに連れて行ってあげられない」と、涙をながして悲しむ所からお話が始まります。 ポケットのない事を克服する為に、創意工夫を重ねて、最後には、立派なポケットを手にするお話。  キュリオス、ジョージのイラストでおなじみのH.A.Reyさんのイラストという事もあってか、家に遊びに来た子供達は、キュリオス、ジョージと間違えて「これ読んで、これ読んで」の大合唱。で、日本語で書かれているものの、適当に英語に変えて読み始めると、みな、カンガルーのお母さんが泣く所では、一緒に悲しくなったり、ポケットを手にした所では、喜びが顔中に広がったり。   子供達にも大受けのお話ですが、人と同じでない事を嘆きつつも、創意工夫によって、弱点を克服する姿は、私たち親が子供達に見せるべき姿なのでは、ないかな?と、このお話を読みながら感じました。

that's my baby, 家庭学習

ネズミの行進

 折り紙は、我が家では、結構人気のあるアクテイビテイーです。以前は、カタログの紙を正方形にして、折り紙の変わりに使っていましたが、春に日本に行ったときに、100円ショップで大量に購入して来たので、最近では、心置きなく使っています。  昨年は、綾花の学校にも何度か、折り紙を紹介しにいきましたが、4、5歳の子供に、角と角をきれいにあわせて、折り紙を折る事をを教えるの大変さに、改めて気がつきました。思えば、綾花も、角と角をあわせる様になるまで、カタログの紙を何枚も無駄にしたなあ。(成長には、この無駄こそ、大切なんですが) 綾花のクラスの子供達を見ていて思ったのですが、やはり手先の器用な子供は、折り紙をきれいに折れるってこと。こういう子供達は、始めての挑戦にも関わらず、角と角を上手にあわせられるし、私の説明に従って、きれいに折線も付けられる。で、たいてい、こういう子たちは、割と早いうちから、字を書いたりもしている。よく、幼児教育書で見かける、「手先を器用にするといい」というのは、こういうことなのか、と実感。  ところで、今日は、綾花が適当に折っていて出来上がったネズミの紹介です。余りにも簡単でありながら、形になっているので、2人して大量に折ってしまいました。大小さまざまなネズミが、ダイニングのテーブルいっぱいに群がってしまいました。

the word of the day

Showing Off

 外国に長い事暮らしていると、その国の言葉を、いったん母国語に変えなくても、感覚で理解できるというものがかなり多くなってくる。時のは、文化、習慣の違いから、直訳出来得ないものもある。   さてさて、本日の Showing Off も、私的には、感覚的に受け入れてしまって、日本語での訳というものを考えた事がない。 この言葉は、ここ1年、我が家でよく使っている言葉だ。使われる場面としては、綾花の行きつけの公園が、ほぼ85%を占める。 綾花には、徒歩、または、自転車で行ける公園が2カ所あり、この夏は、毎晩夕食後に、家族で出かけている。昨年のクリスマスに、サンタさんから頂いた、自転車に乗るのがお気に入りの綾花は、ちょっと遠くの、小学校の校庭にある ’スクールパーク’(綾花命名)にいくのが、最近のお気に入りだ。ここには、綾花と同い年の、Mちゃんという子供が常に遊んでいる。彼女は、5歳の割に、体も大きく、運動神経は、抜群。公園の向かいに住んでいるだけあって、ここの公園の遊具のほとんどは、こなせるのだ。  さて、この公園での、綾花の儀式と言えば、まずは、ロッククライミング。そして、鉄棒。最後がモンキーバー。昨年まで夢中になっていたジャングルジムや滑り台などは、子供のするものだと言って、ほとんど遊ばない。ところが、ここのモンキーバー(はしごを横にしたようなもので、ぶら下がりながら、前に進んでいくもの)、高い位置についているのと、カーブになっている事もあり、綾花にとっては、難関中の難関。トニーに体を支えてもらって出来るのがやっと。そんなおり、Mちゃんが、わざと横入りして来て、さささっと、こなしてしまう。まさに、Mちゃん Showing Off するのである。(見せびらかす?って感じかな) 当初は、このMちゃんの Showing Off に非常に腹を立てる綾花であったけど、Mちゃんのヤジをバネに粘っている綾花の姿を見てか、Mちゃんも、綾花にアドバイスをしてくれる様になった。「上を見なきゃダメよ!下を見てたら、怖くなるでしょう。」 腹を立てながらも、Mちゃんのアドバイスをそれとなく導入する綾花。 それでもまだ出来ないので、「Mちゃんのアドバイスは、当てにならない!」などと言い返したりもしている。  さて、さて、子供の世界では、Showing Off というのは、常にまとわりついているものだ。最近では、綾花の自転車に対抗して、Mちゃんも、公園から、道を挟んだ向こうの家に住んでいるにも関わらず、立派な自転車でやってくる。2人して、学校の校庭内でレースを始めるのだが、このレースに加わりたいと、他の子供達が、親に、「私の自転車持って来て!」という声がちらほら聞こえてくる。そうなると、綾花とMちゃんは、2人して、ほかの子供への、自転車の Showing Off が始まるのだ。 「私たちは、自転車持っているから、レースが出来るのよ〜」とか。 モンキーバーでは、憎きライバルだったMちゃんがいつの間にか、仲間になっているではないか!  もうひとつ、Showing Off と言えば、我が家のブレイデイも、これまた Showing Offする犬だ。ご存知の通り、私は、昨年10月にブレイデイを引き取ってから、毎朝、毎晩、40分の散歩をこなしている。この9ヶ月の苦労あってか、ブレイデイは、大抵、綱を引く事もなく、私の横を歩いている。当初は、他の犬をみたり、犬に吠えられると、興奮して吠え返す癖があったものの、これも大分減って来た。それでも、相手によっては、興奮が押さえきれない事もあり、これは、まだ完璧とは、言いがたい。   ところで、ブレイデイの Showing Off は、お行儀の悪い犬に対して行われる。散歩の途中に出くわした、わんわん、きゃんきゃん捲し立ててくる犬に対しては、見ぬ振りをして、気取りながら通り過ぎるのだ。すると、その犬のオーナーが、「おお、よくしつけられている犬だ!」と感心する。先日は、「あの犬は、ショードッグじゃないかしら?」などと言われ、ブレイデイは、ますますいい気になったそぶりだった。 しかし、相手が、自分よりお利口さんそうな犬だと、逆に興奮して、「おいおい、何気取ってんだよ」みたいな感じで、捲し立てるのである。ブレイデイは、相手が自分より行儀が悪いと見極めると、Showing Off する犬なのだ。これって、’見栄っ張り’と訳してもいいかもしれない。  

Picture diary

お弁当

   これまで、何度も3日坊主で終わった、お弁当作りですが、今回は、4月末以来、週3、4日のペースで作っているので、今日は、堂々と告白させて頂きます。「お弁当、作ってまーす!」 実は、このお弁当作りは、経済的事情がかなり関わっているので、長続きしている訳であります。やはり、家計を握る主婦となれば、出来るものですね。(しかし、主婦になって、10年目ですが。とホホー) トニーの昼食代は、これまで1ヶ月$250かかっておりました。しかも、毎回レストランで食べるので、ボリュームも満点。お金もかかって、健康にも良くない。これでいいのか!と襟を正して、お弁当作りを開始した次第です。 ところで、トニーのお弁当箱というものが無い我が家では、綾花用のお弁当箱を代用しているのですが、これがいい!中に入れるものが少なくて済むので、おかずの事を余り心配しなくても良い!さらに、量が控えめで、トニー痩せましたよ。そして、かわいいお弁当箱と、奇妙な中身で、職場に笑いをもたらしているとか。とくに、ドラえもんのお箸は、皆の笑いのネタによく使われるそうです。最近では、男の子っぽい、お弁当箱入れを作ってあげましたが、以前は、クリスマスデザインの紙袋がダメになるまで(かれこれ2ヶ月)使ってもらっていたので、会社で会う人、会う人に、「トニー、クリスマスは、もう終わったよ!」とか、「メリークリスマス、トニー」とか、声をかけられるのは、日常的な事だったらしい。まあ、トニーも、退屈な日常に笑いを呼んで、楽しんでいる様子でした。 これからも、家族の健康と、職場への話題と、経済の為、日々、お弁当作りに取り組みたいと思っておりまーす。

books

読書習慣

 この夏、知り合いの熱い紹介により、綾花を Reading Camp なるものへ送り込んでいる。といっても、週1日、5週間のプログラムなので、まあたいしたことは、ないだろうと、思っていた。ちなみに、そのCampの規定は、受講者以外の子供の立ち入り禁止、親は、必ず同伴。4、5歳児のクラスは、1時間半。その上の子供たちは、2時間という、ちょっとどんなものかと、、、という好奇心程度の参加にしては、厳しすぎるような。しかし、先週、今週と参加してみて分かりました。はっきり言って、4、5歳児用のクラスは、親を教育するプログラムでした。いかに、子供に読書の習慣をつけさせるかは、親次第という事です。ちなみに、このクラス、1度参加して、先生に簡単なテストを行ってもらい、綾花は、正式に、ひとつ上のクラスへの参加が許可されました。    さて、2週目の昨日は、小学校1年に上がる前に仕上げておきたい読書習慣、というような内容で、授業は、2時間に及ぶものでした。このクラスは、4、5歳のものと比べ、教室で、ペーパーワークを仕上げたり、個人個人が、与えられた本を読んだりと、子供が作業を行う事が中心の内容でした。ペーパーの内容は、普段学校でやっているものや、毎日習慣にしている、私が適当に作った問題の内容と似ていたので、綾花は、すらすら解いて、余った時間で、参加できなかった先週の課題図書を読んでいました。自分の子供の事をこんな風に書くと、親バカだなんて笑われそうですが、教室での綾花の姿を見ていると、その集中力から出る気迫に圧倒されるばかりです。(実際、他の親御さんにも、そういわれました。) 読書力をつけさせる為には、実力より若干高いレベルの本を読む事が大切、ということもあり、私的には、今回のクラスも若干綾花には、簡単な気もしましたので、先生に相談してみました。先生も、本人が退屈がっているなら、上に進んでもいいけれど、今のクラスでさえ、年齢が一番若い上、背丈も、どの子供より頭ひとつ分くらい小さい綾花には、精神的負担が大きすぎるのでは?と言われ、納得。先生は、毎週宿題になる、課題図書を、ひとつ上のレベルから選んで読む事を推奨されました。(結局は、親の仕事なのだ、、、、) さて、このCampでは、2時間のクラスのうち、最後の20分を、先生から親へのメッセージ、親の情報交換として、時間を割いてくれているのだが、この時間になると、皆、ここぞとばかり沢山の質問を、先生に浴びせる。アメリカらしいのが、先生でなくても、他の親が勝手に答えてしまったりして、予測不能な展開ぶりが面白い。そんな中、とある親御さんが、私を指名して、綾花がどこの学校に行っているのか、聞いて来た。一般的な考えかもしれないけど、ほかの子供より若干出来る子供は、学校で仕込まれている、という考えが浸透している事に、がっかりした。 これを言ったら、波風が立つものと考慮して、あえて言わなかったけど、私としては、子供の学習は、80%は、家庭でするべきものと考えている。 さてさて、このCampでは、毎週宿題として、課題図書のリストから、本を2冊選んで読んでくることになっている。これを、「やらなければいけない」という風に押し付けると、綾花は、異様に嫌うので、毎晩のストーリータイムの本に織り交ぜて、最初は、私やトニーが読んであげることにしている。が、やはり、Campでの先生の話を承知しているため、「この本は、綾花が読まなきゃいけない本だよ」と自ら、読み始める。 こんな効果もあるので、このReading Campは、参加の価値あり、ということにしておこう。

the word of the day

Soapboxを使う英語の表現

 昨日の Soapbox Derby に ちなんで、今日は、Soapbox という言葉を使った英語表現を紹介します。(トニーが教えてくれました。)     まず、復習ですが、Soapboxとは、昔、商品としての、大量の石けんを運ぶ時に使われた、木箱でしたねえ。この木箱、子供が一人、すっぽり入るサイズだった事から、Soapboxカーなるものが作られ、スピードを競う様になった事から、Soapbox Derbyが、始まったわけですが、Soapbox は、他にも、こんな使われ方がありました。村の集会などで、意見を述べる人が、大衆の注目を得るため、Soapbox に上がって演説したりだとか。 で、この習慣は、今では、木製のSoapbox の消滅やら、マイクなど便利商品のため、なくなってしまったのでしょうが、こんな英語表現の中に残されています。 まず、何か主張したい意見を述べる前に、 Let me get on the soapbox.(ちょっと、私に、木箱の上に上らせてくれ!)と、いう前置きに、こんな表現を聞く事が多いとか。 また、自分の述べたかった意見を言い終わったら、 Now I…

Picture diary

Soapbox Derby

 私の住んでいるアクロンでは、毎年この時期、Soapbox Derbyという、子供達の手作り自動車レースが開催される。これは、ワールドチャンピオンシップで、各地の予選を勝ち抜いて来た子供達が、ここアクロンでチャンピオンの座を競い合うのだ。  実は、このレース会場は、我が家から車で10分程度の場所にあるものの、これまで出かけた事も無かった。しかし、先日、綾花が図書館で借りて来た、フランクリンという亀のキャラクターが Soapbox Derbyに出場するというお話を読んだのを機に、今年は、是非とも見てみたいと思っていた。そこで、今日は、家族総出(3人だけど)で、行って来ました。我が家が、夏の時期によく利用するアイスクリームスタンドから、この会場をいつも眺めていたものの、実際入ってみるのは、始めて。いつもは、殺風景なこのレース会場も、今日は、お祭りの屋台が立ち並んで、レースを見なくとも、気分が盛り上がってしまう。(私は、大のお祭り好きなのだ) 朝ご飯を食べて来たばかりだというのに、会場に入るや否や、「綾花、お腹空いているなら、お母さんが何でも買ってあげるからね」と大はしゃぎ。トニーからは、白い視線が。で、綾花も、「お腹空いているから、かき氷たべる」トニーの冷たい視線は、もう南極くらいまで達している感じ。でも、母娘2人は、お祭り気分にしたるべく、早速かき氷屋さんへ向かうのでした。   と、Soapbox Derbyの事などお構いなしって、感じですが、ちゃんと、応援しました。レースは、1度に3台の車が、だいたい500メートル程の傾斜直線を走り、1番の車が、次のレースに出場できるというもの。プログラムを見ていなかったので、いったい何人の子供達が、出場しているのか分からないけど、2時間程見ていても、まだ第一予選が終わらない状態でした。私たちは、特に応援する人もいなかったので、毎回、車の色を選んでは、「ゴーゴーピンク!」と即席で、応援団を結成して応援していました。1ヶ月程前の地元の新聞記事に、このレースの事が書かれていたけど、出場者の47%は、女の子と言う事もあって、車の模様が、テインカーベルだったり、ピンクだったり、結構かわいいものがあり、私と綾花は、そういうのを中心に応援していました。で、もし綾花が出場するなら、どんなデザインにしようか、2人で色々話し合ったりもしました。結局、綾花の車は、ピンク色に、赤の♡のデザインに決定。応援団のTシャツも、同じデザイン。でも、トニーは、「ピンクのTしゃつなんか、恥ずかしくて着られない!」と、ただの想像の話に、真剣に講義したりするのでした。 さて、このレース、先に書いた様に、ワールドチャンピオンシップだけあって、外国からの出場者も、時折出ていました。外国で圧倒的に多かったのは、ドイツ。トニーが何かの記事で読んだ情報では、ドイツ人で一人、このレースに命をかけている人がいて、その人が、毎年、4、5人の子供をこのレースに送っているのだとか。 そして、我が祖国、日本は、長野からも1人出場していました。残念ながら彼は、1次予選突破には、至りませんでした。また、同じアメリカであるものの、グアムからの出場者もいました。皆、遠くから、やってくるのだなあ。感心してしまいました。 さて、この Soapbox Derby の語源について、ちょっと説明したいと思います。(私は、なぜ Soapbox Derbyと呼ぶのか、大きな疑問でしたので) 昔、石けんを運ぶときに、入れていた、木箱が、丁度子供が1人、すっぽり入るサイズだった事から、Soapbox を使って、車を作る様になり、そのうち、そのSoapbox カーでレースする様になったとか。今では、Soapbox は使われなくなってしまったものの、この語源は、そのまま使われている訳です。 さてさて、このブログを書いている現在でも、レースは進行中。(日差しの強さにまけ、家に帰って来てしまいました。)いったい、誰が優勝するのかな? 

Picture diary

食べ頃です

 ここ数日、曇りでにわか雨のふる日が続いていたので、お庭の水やりも必要なかったため、野菜畑のチェックをしていませんでした。 で、本日、夕食に使う食材を求め、お庭に出てみると、沢山の野菜が食べごろを迎えていました。キュウリは、食べごろを過ぎてしまったものが2本も有り、ちょっと残念。でも、アメリカ人は、大きいキュウリを好むので、大きくなりすぎたのは、ご近所にお裾分け。トマトも、緑のまま、永遠に赤くならないものかと思っていたけど、最近は、徐々に赤くなって、おまけにとても甘くて、おやつ代わりにいい感じです。 なすは、順調に実を実らせていてくれたけど、そろそろペースが落ちています。もう3、4本収穫したら、おしまいかな?    ところで、今日の夕食は、とれたてのなすびを輪切りにして、ニンニクとオリーブ油でいため、トマトソースの中に混ぜて、ボウタイ(ちょうちょうの形のもの)パスタで頂きました。そして、前菜で、キュウリをぱくぱく。綾花は、とれたてキュウリを丸かじりするのが大好きで、ほぼ1本食べられました。新鮮野菜は、おおいに 我が家の夏の食卓を盛り上げてくれます。

Picture diary

くわがた

 先日、綾花の自転車遊びのお供をして、近所の公園に出かけた帰り道のこと。 車道の真ん中を、のろのろと横切っていく虫が、、、、、子供というのは、道に落ちている、変な石とか、鳥の羽とか、木の枝とか、そういう物を見つけるのが非常に得意でありますが、綾花もそんな例に漏れず、早速、こののろのろ歩くバグ(虫のこと)を発見。自転車から降りて、眺める事数分。そして、「あ、これ、カブトムシだね」。うーーーん、おしい。これは、クワガタなんだなあ。 私の兄の子供達が、夏になると、カブトムシを欲しがって、山へ行きたがるのを、3年前の夏、日本に行ったときに聞いていたのを覚えていたらしい。 そうそう、この夏、虫かごと虫取り網を入手した綾花は、早速、家に走り、かごと網を持って来た。そして、のろのろ歩くクワガタを、大げさに、網で捕まえ、無事かごに入れた。 家に持って帰り、トニーに自慢げに見せると、「おお、カブトムシ捕まえたの?」。やはり、外人親子だ。カブトムシとクワガタの見分けがつかないのだ。 仕方なく、インターネットで、それぞれの写真を探して、違いを説明してあげた。  しかし、このカブトムシ、クワガタ系をたたえるカルチャーって、良ーく考えると、なかなか興味深い。こちらでは、カブトムシもクワガタもひとまとめに、”バグ” と称されてしまうのが普通だと思う。もっとすごいのは、イタリア人の友達にこの話をした時の事。イタリアでは、カブトムシ自体の存在が有るのか、もしくは、カブトムシの存在が主張されているのかは、分からないけど、英語での私どもの会話で、カブトムシは、ビートルと訳して話を進めた所、彼女は、顔に?がいっぱい。(イタリア人の顔の表情は、かなり分かりやすい) なんでも、彼女の中では、ビートルというと、固い羽を持った、黒光りする虫すべてが、ビートルなのだ。なので、「日本では、時に、ビートルが、$100なんかで売られる事もある」というと、彼女の顔は、?を通り越して、笑いが出て来た。彼女の中では、ビートル=コックローチ(ゴキブリ)という形式が出来ていたらしい。ゴキブリとは、国境を問わず、嫌われている虫の様で、イタリア人の友人は、「日本は、おかしい!おかしすぎる。」と会話を締めくくってしまった。私も、なんとか、この誤解を解消させたかったものの、どうする手だてもなく会話終了となった。こういう事に、飾りが着いて、「ミステリーカントリー、日本」なる神話が産まれない事を祈るばかりだ。

生涯学習