that's my baby

偉大なる挑戦

 昨日から綾花の学校が始まり、我が家の朝は、重く暗い空気が漂っている。綾花は、感情を内に溜め込むタイプなので、学校に到着するまでは、「学校に行きたくない」を口には出さない。しかし、学校に着いたとたんに、それが爆発する。昨日もそうだったけど、今日も、校内に入るや否や、「お母さんと一緒に帰る」と叫んで、私の手を離そうとしない。新しく進級したクラスの先生には、昨年までいたクラスに連れて行くよう指示され、昨年の担任のミセス、ハンコックに泣き叫ぶ綾花を引き渡すと、「コフマンさん、今すぐお引き取りください」と、校内から退出させられた。綾花が泣き叫びながら私を追いかける気配が感じられたけど、私も急ぎ足で、車に乗って家に戻った。  学校から、綾花を引き取りにくるよう、電話がかかってくるかな、と思っていたものの、何事もおこらず、お迎えの時間に至ったので、迎えに行くと、案外楽しそうに、校庭で遊んでいた。先生に今朝の出来事聞いてみた所、泣き叫んでいたのは、5分もなかったらしい。ただ、私が姿を消すと、すぐに出口まで走って追いかけて来たらしい。「家に帰りたい」という主張が、学校側に受け入れられないと分かると、「歩いて家まで帰るので、ドアを開けてくれ」と主張し、さらにそれも受け入れられないと、今度は、進級したクラスに戻って、何事もなかったかの様に、授業に取り組んだ、という事だ。余りの切り替えの早さには、学校側の先生も驚かれていた。  今回、学校で起こした綾花の主張は、この夏の目立った行動の1つだ。学校の先生にいわせると、これは、親がどこまでなら許すかという挑戦期だという。なので、私の方も、「今日だけなら」「今だけなら」という、その場を丸く納めるような妥協は、しないことを薦められた。こういう事を通して、家の決まり、学校の決まりを覚え、それが社会のルールを守る事へつながっていくのだそうだ。  子育て4年目にして思うのは、これからしばらくの間繰り広げられるであろう挑戦劇に、こころして対応しよう、という事です。

Picture diary

ぶた貯金

 綾花の部屋にあるぶたの貯金箱には、トニーが毎日、帰宅後、ポケットに残ったコインを入れたり、何かの機会に、お札を入れたりして、お金を貯めて来た。その貯金箱も相当な重さになり、この夏、いくらぐらいたまったのか、数えてみることにしました。なんと、中身は、206ドルにもなっていて、びっくり仰天。早速銀行に持って行って、綾花の口座にいれました。でも、入れたのは、205ドル。半端な1ドルは、1ドルショップにて、綾花に買い物をさせてあげました。でも、税金が加算されるので、1ドル6セントの支払いになりました。  ところで、アメリカでは、瀬戸物でできたぶたの貯金箱のお金を使うときには、貯金箱ごと壊すという習慣があるらしいけど、私は、丁寧に、ぶたのお腹にあるふたを開けて中身をだしたので、トニーからは、「僕のカルチャーを勝手にかえた!」とかなりの大批判を食らいました。でも、綾花の持っているぶたの貯金箱は、エキストラ、プリテイ(最近の綾花のお気に入りの言葉)なので、なんだか壊す気になれましぇーん。次回あけるときも、きっと、お腹のふたを開けてしまうんだろうな、私。

Picture diary

ラマ

 先週から我が家には、日本からの交換留学生として、この秋からアクロン大学に通う学生さんが、ホームステイしている。こちらに到着早々、連日のオリエンテーション、寮生活で必要なものの買い出しなどしていて、あっという間に1週間が過ぎて行った。そんなおり、昨日やっと自由な時間がとれたので、綾花とともに動物園を案内してきました。園内では、ラマや羊など超至近距離でふれあう事ができるけど、余りの接近のしように、お姉さんは、かなり驚いていた。  ところで、我が家では、アクロン動物園の家族パスをここ2年連続で購入しているけど、子供を預かるケースの多い事も考慮して、子供数を2人にしている。(申し込みの際、特に証明する必要もないので) なので、大学生のお姉さんも、今日は、私の子供として入場してもらいましたが、特に問題なーし!でした。ふふふ。

teeth braces

歯科矯正 〜はじめたきっかけ〜

 早くも、矯正装置をつけてから3週間。そろそろ、口の中も、装置の存在に慣れた頃かと思いきや。 いやいや、奥歯のブラケットは、唇の内側にあたって、その部分が凹凸になっていたり、しゃべったり、食べたりして口を動かすと、唇の内側がこすれていたかったり。これは、私に言わせると、「その状況に慣れる」というよりは、「耐えることに慣れる」という感じです。    さてさて、普段私は、夢を見ても、起きた瞬間に忘れてしまうんですが、一昨日見た夢は、今でも鮮明に覚えています。(でもある場面だけなんだけど) それは、私の前に現れたトニーが、歯を、キラリーと見せたかと思ったら、トニーの歯にも矯正装置が着いていて、「ハニー、僕も、気味の苦労を分かち合おうと思って、矯正を始めたよ」って。 夢から覚めた瞬間、寝ているトニーの口を、即チェックしてしまいました。残念ながら、正夢では、ありませんでした。  ところで、矯正を始めたきっかけですが、まあ、なんと申しましょう、文化の壁を乗り越える、って感じでしょうか? 私の歯は、八重歯や、前後に重なった歯など、非常に歯並びが悪かったのですが、私の幼い頃の日本では、そんな事は、特に指摘もされずにいました。大きくなって就職しても、同世代、上司世代などに、歯並びを気にする人もいなかったので、それが普通としていましたが、アメリカで生活するようになると、歯並びの良さに、異様な執着心をもつ人々が多すぎて、自分の歯並びが、コンプレックスになりつつあるんです。 ちなみに、トニーが、1989年に日本の高校に留学した時、クラスメートののほとんどの人の歯並びの悪さ、そして、それを気にしていない人々の感覚に、相当なショックを受けたと言っていました。  アメリカ生活が長くなり、自分の歯並びがコンプレックスになり始めた頃、一気に虫歯になり、2本の歯を抜歯した際、インプラントにするか、それとも、これを機に矯正するか?と歯医者に機会を与えられました。それから、1年半、色々考えた結果、今後の人生で、歯磨きなど手入れが簡単に出来る、きれいな歯並び、を手に入れる事に決めました。その意思を歯医者に伝えると、「これで君も、遠慮なく人前で笑えるね」みたいな事を言われ、これまでにそんな事、一度も思っていなかったけど、私が笑う度に、人々は、何を感じていたのだろう?と、一気に、人目が気になってしまいました。  確かに、アメリカでは、歯並びのひどい人、って余り見かけません。それどころか、奇妙なくらい歯が白い人が多く、こちらの方が、私には異様に思えていたのでしたが、いつの頃からか、日本に帰ると、歯並びの悪い人々チェックを自然にしっちゃったりしています。歯並びがいい事が良い事とは、決して思わないけど、自分の中の価値観(興味を持つ点)の変化って、住んでいる国の文化が大きな影響を及ぼすものなんだなあ、と実感せざるをえませんね。

books

よみかた絵本

 今年の1月から、地元の学校に通いだした綾花の英語の取得のスピードには、目を見張るものがあった。そこで、この夏は、できる限り、日本語を取り戻すべく努力をするよう心がけている。日本の友人から、NHKの子供番組、「日本語で遊ぼ」「からだであそぼ」「ピタゴラスイッチ」など録画して送ってもらい、テレビの変わりに、それらを見させたり、お休み前の読み聞かせは、日本語の本だけにしたり。また、最強の手段として、日本からの留学生のホストファミリーとして、ここ1週間は、日本人の大学生も我が家に加わり、普段の言葉も、日本語が出てくる事が非常に多くなった。  さて、「聞いて、話す」と言うのは、こういった環境づくりで自然に身に付くけど、「読む」という行為は、本人が取り組まない限り、取得できないものだ。我が家で、『読み」について学ばせるのに導入したのは、この本。これは「読みのドリル」という感じの本で、綾花の反応は、非常によい。各ひらがな1文字につき、2ページを使って、片面に簡単な文章と、それぞれのかな文字で始まる単語がいくつか書かれている。もう1面には、文章を表したイラストが描かれている。最初のうちは、ひらがなをたどって行くだけで終わっていたけど、ある時から、ひらがなの固まりが単語である、事にきがつき、そして、簡単な文章であることに気がついたようだ。まだまだ、すべてのページがスムースに読める訳ではないが、この「ひらがなの固まり=たんご」、「単語の集まり=文章」というアイデイアを子供に気づかせるのには、非常に役立つ本だと思う。たんに、ひらがなの本、としても使えるし、絵本にもなるし、しりとり遊びの時の辞典にもなったりして、使い道は、かなりひろい。1800円の価値は、十分にある、花丸付きの絵本です。

that's my baby

スイミングレッスン

 この夏、はじめて挑戦したスイミングレッスン。泳げない子供専用の、全8回コースで、今日が最後のレッスン。スクール側の計画では、最初の3回は、親も一緒に入って、残りは、先生と生徒だけという事だったけど、綾花を始め、親が一緒でないとだめ、という子ばかりで、結局、どこの親も、最後まで水着を着てプールに浸かっていました。でも、今日は、私に写真を撮る事ができる位のゆとりはありました。  さて、肝心の成果と言えば、綾花は、もともと水遊びが好きだし、海にも何度も行って泳いでいるので、最初から水を怖がる事は、なかったけど、インストラクターをなかなか信用できず、水の中で、先生に手を取られ、深い所に連れて行かれるのは、5週目くらいでやっとできる様になりました。また、水中メガネをつけて水に潜るのも、挑戦するたびに、数秒ずつ長くなっていき、見ていてもとても頼もしいです。  次のセメスターでは、もう1つ上のクラスに上がっていいということで、本人は、やる気満々です。

Picture diary

流れ星

 今夜、綾花のお風呂が終わって、髪の毛をとかしていたら、「おかあさん、今日は、流れ星が沢山見えるんだよ」と、綾花に教えられました。昼間、トニーが、インターネットでニュースを読んでいた時に、何を読んでいるのか、根掘り葉掘り聞いていた時にゲットした情報らしい。さて、その情報が、本当であるのか、寝ているトニーを叩き起こし聞いてみたら、なんとかという流星群が来ていて、ここ1週間がピークだという。しかも、今夜の10時ごろには、1時間に50個程流れるという。それでは、早速、見なければ。    綾花と私は、早速、ピクニック用の椅子を前庭に運び、空を眺めてみた。「流れ星を見るのには、辛抱して、一カ所を見続けるのがコツだよ」と綾花に教えた張本人の私の方が、そわそわ、きょろきょろ。一つ目は、綾花のみ見ることが出来ました。そして、綾花に「お母さん、お目目を動かしたらだめ」と逆にアドバイスを頂きました。結局、1時間程粘って、綾花は、3つ、私は、1つ見ることが出来ました。残念だったのは、月明かりが非常に強くって、流れ星も、なんだかぼやけていました。綾花は、流れ星が低い所に飛んで来たら、捕まえると張り切っていたので、とても捕まえられそうにない事に気がついて、駄々をこねるかと、ちょっと心配していましたが、切り替えがなかなか早く、1つ目の流れ星を見て、捕まえられないと分かったら、今度は、願い事を言ってました。彼女の場合、流れている間にお願いする、という概念がないので、流星の後、5分程、願い事の話を淡々と語っておりました。まあ、そんな話を聞いていれば、一向に流れない流れ星を探すのも、なかなか楽しいものです。  結局、最後は、「私は、3つ見たけど、お母さんも1つ見れたから、まあ、公平だという事で、もうお家に入ろう!」と綾花に説得され、流れ星ヲっチングは、終了いたしました。なんと言うか、余りにも冷静で大人びていて、怖いです、我が娘。 注:この文章中の会話は、すべて英語でしたが、日本語に訳して紹介しております。

Picture diary

家族の肖像

 今日は、トニーの弟の結婚式で、皆おめかししましたので、たまには、こんな写真もいいかと思い、載せてみました。写真を撮られるたびに、「口元、もっと自然に〜」なんて言われてばかりいたものの、なぜ?って感じでしたが、こうしてみると、やはり私の口元、不自然ですよね。  綾花のドレスは、4日間程かけて、私がぬってみました。高価な、シルクシャンタンの布地を使うのは、はじめてでしたが、切った所から、どんどん糸が解けるので、縫い代の始末には、苦労しましたが、案外縫いやすかったです。こんな上等な布地を使ってしまったので、皆の注目を浴びてしまい、ちょっと恥ずかしいやら。でも、「これだったら、$200位で買うよ〜」といわれたりして、ちょっと商売気も出てしまいました。  って、弟の結婚式なのに、自分たちのことばかりな失礼な私。弟が、日本語読めなくてよかった。

teeth braces

矯正1週間報告

 歯にブラケットを装着して1週間が経ちました。覚悟していた、頭痛は、思った程は、なく、頭痛薬も使いませんでした。装着後2、3日して上下の前歯がぐらついているのが、舌で触れただけで分かりましたが、歯と歯の間に隙間ができ、やはり、歯が動いたんだなあ、と実感。今でも、前歯数本は、ものを食べるときに痛みます。  食生活は、お粥、リゾットを中心に食べています。お米は、噛むと、直にブラケットをつなぐワイヤーに詰まって、それが気になり、落ち着いて食べられません。他にも、麺類も、ワイヤーに引っかかるので、人前で食べる勇気は、ありません。そうそう、おやつは、ほとんど食べられないのですが、寒天で作ったゼリーを、時々食べています。あと、せっかくお庭になったキュウリも、噛めマシェーン(涙)。  歯磨きに関しては、毎食後欠かさずしていますが、これが大変。まずは、普通の歯ブラシで磨いた後、ようじと、フロスで、歯間の汚れを取って、さらにプラクトという、先の尖ったブラシで、歯間のブラッシング、そして、普通の歯ブラシに歯磨き粉をつけて1本、1本念入りに磨く、といった感じです。矯正中は、虫歯になりやすいときくので、用心に越した事はありませんが、これは、なかなか大変な作業です。今、ウヲーター、ピックという、水圧で歯の汚れをとるものの購入を検討中です。  それにしても、私が矯正を始めて以来、綾花は、矯正をしている人を見つけるのが上手になりました。綾花に、「お母さん、あの人も、ロボット、テイースだったよ」と言われる度に、矯正している人って、案外いるんだなあ、と実感。まあ、そのほとんどが、10代の子供達なのですが。

生涯学習