the word of the day

Action Speakes Louder Than Words

今読んでいる本、『日本人を知らないアメリカ人、アメリカ人を知らない日本人』に、書かれていた格言。Action Speakes Louder Than Words(行動は、言葉より効果なり)。これは、アメリカ人が好む格言の一つだと書かれていた。では、日本人の好む格言とは、なんだろう?私が日本人を代表する訳でもないが(多分、相当ずれているかな)私の好きなものでは、『石の上にも3年』。『覆水盆にかえらず』。って所かな。

that's my baby

いとこ

 今日は、1日、綾花のお気に入りのいとこ、マシューのベイビーシッターを頼まれた。 10人近いいとこの中でも、綾花が特にマシューを気に入っているのは、彼が綾花には、完全に服従するから。最近は、とにかく、何でも一番でなくては、気が済まない綾花としては、マシューは、都合の良い遊び相手という事だ。そしてマシューも、大人やお兄ちゃんには、反抗するくせに、何故か綾花に対してだけは、”ノー”といわない。これもまた不思議だ。とにかく、この2人は、長時間遊ばせていても、問題が全く起きない。そこで、マシューのお母さんと私は、定期的に、子供達を1日各家へ送り込んで、遊ばせることにしているわけだ。  今日は、私も、彼らを上手く使って、洗車を手伝ってもらった。3、4歳児と言えども、なかなか真剣に洗ってくれ、なかなかの戦力だった。お向かいのおじさんも、2人をこき使っている私に感心していた。ははは。なんとかとはさみは、使いよう!と言ったところです。

the word of the day

No Pain, No Gain

私のバイオリンは、バイオリン職人のスタジオからレンタルしている物である。本日、そこからレンタルについての手紙が来た。内容はというと、学校を通して楽器をレンタルしている学生向けであったが、「夏休みの間、楽器のレンタルを休止する人が多いが、夏休みこそ、楽器の練習に時間が多く費やせるときなので、是非、レンタルを続けて欲しい」という内容だった。 ここ数日は、なにかと忙しく、バイオリンに触れる機会が全くなかったので、この手紙は、「おー練習しなくちゃ」と思い起こさせられるよい機会であった。 さて、今日の言葉、No Pain, No Gain(努力なしでは、何事も成し遂げられない)は、この夏のバイオリン練習の教訓ということにしておこうかな。

Picture diary

Daddy’s snack

ここ最近、綾花は、私のデジカメを使って、色んな物を写真に収める趣味を持ち始めました。 こちらは、綾花が写した、トニーのおやつ。オランダ特産の「ゴーダーチーズ」。私は、チーズトーストにするのが好きなのですが、トニーは、よく、そのまま食べています。

that's my baby

ショッピングリスト

 ここ数日、鼻の奥が痛かったのが悪化して、急性蓄膿症になってしまいました。私は、幼い頃から、耳鼻科系に弱く、定期的に中耳炎や外耳炎にかかっていました。大人になってからは、疲労とストレスから、急性蓄膿症になったのは、記憶に浅いのですが、これが、かなり悪化して、3ヶ月間の外出禁止にまで至ってしまったのです。こんな事もあったので、今回は、無理せずひたすらベッドで休養する事を心がけました。幸いにも、週末に体調が崩れたため、主人が綾花の面倒をみてくれ、私は、ゆっくり休む事が出来てます。  ところで、主人が綾花を面倒見るという事は、3食が外食になるということで、彼ら2人の食生活が非常に気になる所です。さらに追い打ちは、買い物に行くからショッピングリストを作ったよと、リストを手に綾花が私のベッドの傍らに来たので、リストチェックをすると、「ミルク、チーズケーキ、フルーツスナック、アイスクリーム」とおやつのオンパレード。病気も長くは、してられません、早くなおして、食生活を、正常に戻さなければ。

Picture diary

親ばか日誌

このブログ自体、親ばか日誌のようなものであるが、今日は、特に親ばかな意見を書かせて頂こう。 本日は、綾花が学校に通い始めて初の、親と先生の面談があった。日頃から、綾花の(精神的な)成長振りに、親ながら、驚いているトニーは、是非とも学校の様子を知りたいと、会社から抜け出して駆けつけて来た。 綾花の学校での様子を聞く限り、特に心配する要素もなかった。逆に、先生には、家でどんな風に教育をしているのか、尋ねられた。というのも、英語のフォニックスの発音から始まり、この歳にしては、数多くの単語のスペルを書けるというからだ。私とトニーは、綾花が学校から持ってくる紙に、多くの単語が書かれているが、これらは、学校で教えてくれているものと思っていた。が、学校側では、決して教える事は、していないと主張する。という事は、勝手に自分で書いているのだ。確かに、本やフラッシュカードなどフォニックスで発音しながら、自分で読んでいるから、それで簡単な単語のスペルは、覚えているんだろう。 それと、かなり嬉しかったのが、学校のスナックタイムの時、鈴木バイオリンのCDを聞きながらおやつを食べているそうだけど、その際、多くの子供達が、私がクラスでヴァイオリンを弾いた事を話題にするそうだ。そして綾花が自慢げに、「私のママのヴァイオリンは、とっても上手なの。毎日弾いて聞かせてくれるんだよ。」とみんなに話すという事だ。最近では、毎日練習もしていないし、練習すると、「うるさいから、あっちで弾いて」と言われるし、ヴァイオリンが嫌いなんだと思っていたけど、そうでもないようで安心した。 ところで、綾花の学校の校長先生は、インド出身、担任の先生は、エチオピア出身という事もあって、綾花の日本人という部分に、非常に敬意を払ってくれている。数年前まで、日本語を教えていた学校だけあって、ひらがなの教材は、結構揃っている。それらを、綾花のクラスの本箱に入れて、綾花がいつでも読める環境を作ってくれるのも非常にありがたい。以前にも書いたが、これらの本を読むのが、綾花は、大好きで、一人で黙々と読んでいると、必ず他のお友達も興味を持つようだ。そんな子供達が、先生に、「この本を読んで」とお願いすると、先生は、綾花をヘルパーとして任命し、綾花に読んでもらう様にしてくれている。まあ、先生にも読めないので、そうせざるを得ないと言う事だけど。そんな訳で、現在、2、3人の子供達が、綾花から日本語を学んでいるという事だ。私は、これらの事は、毎日のお迎えから、何となく聞いていたけど、トニーは、この話に、たいそう感心していた。(私も話していたけど、信じていなかったんだな、きっと) 最後に、トニーが一番心配していた、社交性についても、次のような答えを頂いて安心した。 この年頃の社交性は、ほとんど必要ない、というのが、担任の先生の考えだそうだ。子供は、年を取るに従って興味の対象となる物が変わり、これらの興味を示した時、その対象となるものをじっくり楽しめた経験をすると、精神的にバランスがとれる。精神的にバランスがとれた状態になると、自然に社交性という物が出てくるということだ。そして、綾花も、今、友達に対する意識が急激に出て来たということで、社交性を表に出してくるのは、これからだという。そして、心配しなくてもいいという理由は、綾花は、非常に精神的バランスのとれた子供だからと、言われた。 さらに、おまけは、私たち夫婦は、子育てにおいて、とても立派な仕事を、先生からほめられてしまった。子育てをほめられるって言う機会もないので、私たち夫婦も、すっかり舞い上がってしまった。 こんな訳で、朝一番で、いい事ばかり言われたので、私もトニーもよい一日が送れた。(って、私は、綾花の風邪をもらって、熱を出しながら、このブログを書いている所ですが。)

Picture diary

雨、雨、雨、雨

先週から、毎日雨ばかり降っている。 本日は、ちょっとだけ 晴れ間もあったけど、夜になって、また雨。予報では、今週末まで降り続くらしい。ニューハンプシャーでは、ひどい洪水の被害も出ているらしい。この近辺では、まだ深刻な被害の報告は、出ていないようだけど、こんな状態では、時間の問題のような気もする。とりあえず、我が家の庭は、芝刈りが出来なかったので、すごい状態だったけど、晴れ間を使ってやっと、今日、芝刈りが出来た。あーあ。早く晴れの日が来ないかなあ。

Picture diary

芸術を楽しむ

 綾花や学校の子供、お友達を見ていて思うのは、子供達は、皆、芸術家である。クレヨンや、マーカー、ボールペン、色鉛筆、どんなミデイアムでも個性的に使いこなし、表現したいサブジェクトについては、限りがない。多くの大人たちは、「私は、絵が下手だから」とか「芸術的なセンスがないから」と言って、絵を描く事から遠のいている人が多いと思う。でも、ピカソの抽象画など、絵のセンスがなければ、真似が出来ないものだろうか? 私たちは、絵を描こう、というと、どうしても頭でっかちになって、完璧な絵を描かなければ、と自分自身で勝手にハードルを上げてしまっているのではないだろうか? 4歳児の子供達の様に、好きな物を好きな様に描く、その楽しさを実感するだけでもいいはず。  ここで芸術の関しての、面白いエピソードを一つ。スペイン出身のミロが描いた、「月か何かに生息する生き物」(私の見る限りそんな感じ)について、当人のミロにインタビューした逸話がある。インタビューアーは、「このエイリアンは、いったい何を現しているんですか?」と聞くと、ミロは、つかさず「これは、エイリアンではなく、じゃがいもです。」と答えたそうです。赤くて丸いその物体には、4本足(棒)があって、目または、黒い丸が2つある。どう見ても、何かの生き物にみえる。でも、芸術とは、そんな物なのだ。  さて、我が家でも、そんな変わり種の幼き芸術家が、毎日、多くの芸術を生み出している。余りにも、作品が多すぎて、ほとんどがゴミ箱行きだけど、たまには、これらの作品にも敬意を示してあげなければ、芸術家のやる気を無くしてしまう恐れあり!と思い、こんな風に額に入れてみました。なるほど、絵も人間と一緒で額(学)がつくと、立派に見えるものですね。

books

Emily Post’s Etiquette 17th eddition

注意!!サーバーの移動、デザイン変更をしたら ちょっとした問題が生じてしまいました。  (なぜか、過去のこのページにのみアクセス可能という状況です。)  これまでのアドレスblog.emitony.com/emiを訂正して blog.emitony.com へアクセスして頂くと最新の日記が見られます。 テクノロジーとの格闘は、一生繰り返されるものと諦めております。 エミリー ポストのエチケットブックは、1922年に出版されて以来、これまでに16回の改訂をくり返しつつ、今でも多くの人の、マナーガイドとして親しまれている。アメリカに住んで9年。長く住んでいれば、その国のマナーや常識を理解すると思っていたけど、やはり普通の主婦の暮らしでは、あえて勉強しない限り、なかなか身に付かないものである。そこで、私も、お勉強。といっても、愛読するには、余りにも分厚すぎる。困った時に読む辞書扱いになってしまうのは、見え見えだ。

Picture diary

庭の隅のすずらん

 野菜の種を蒔きたいと 綾花がうるさいので、今日の午後は、今まで避けて来た、裏庭の手入れを開始した。もう既に、雑草の花壇と化している野菜畑の雑草をきれいに抜いてから、大きなシャベルで、土を耕すとミミズが沢山でてくるでてくる。最近、魚釣りの面白みを味わった綾花は、「このミミズで魚を釣りターイ」と野菜の種まきの話は、もうどこかに飛んでしまって、早速釣り竿を探しに行ってしまった。 残された私は、種を蒔きたい、という我が娘のために、必死で野菜畑の準備を整えている。必死になった分なんだか、悲しくなってしまう。 なんとか、畑の準備が整って、どこに何の種を、どう蒔こうかと検討していると、またまた、嵐の目(綾花)がやって来て、私の手から種を取り上げ、「綾花は、カブがいい!」とかいって、勝手に蒔き始めている。美味しいとこだけは、ちゃんと外さないのが、この年代の子供の特徴だ。  さて、なんとか種もまき終わり、水もたっぷりあげ、庭の隅でひと休みしていると、なんだかとってもいい香り。それは、庭の隅でひっそり咲いているスズランの香りでした。スズランは、日陰でよく育つと聞いたので、庭の隅の植木の横辺りに植えておいたのだ。人目につかずとも、しかっり存在を主張出来るスズランの様に、綾花も育って欲しいなあ、と、目の前で大声を張り上げて、わけの分からない歌を歌っている娘の姿は、見て見ぬ振りをする私でした。

生涯学習