Picture diary

食あたり?または、暴食?

昨日、綾花のかかりつけの医師に、中耳炎のその後、をチェックして頂いたところ、今度は、両耳が炎症を起こしているということだった。しかし、抗生物質を飲んでいるので、回復も時間の問題だということで、特に何も心配しなくてもいいと言われた。ただ、中耳炎というのは、完治するまでに6週間もかかるそうで、むこう1ヶ月は、一応気をつけてあげた方がいい(何を?)ということだった。 さて、綾花の症状も一段落したところで、次なる問題は、私の腹痛である。ひどい腹痛が、もう3日も続いている。私は、ウイルス性の胃腸炎ではないかと見ているが、そうなると、履いたり、下したり、熱が出たり、それは、ひどいことになるらしい。私の場合、腹痛と昨晩ちょっとだけ下痢気味だっただけ。そこで、今日は、私の担当医を訪問して、診断して頂いた。ところ、ウイルス性云々など全く気配なし。「あなた、ホリデーシーズンだから、普段食べないようなもの、いっぱい食べたんじゃない?」と先生。「へっ?」という訳で、薬は、お店で買えるような下痢止めを飲んで、2、3日食べる事を控え、水分だけちゃんと取っていて下さい。だって。 そんなに食べ過ぎた覚えもないんだけどなあ。

that's my baby

中耳炎

昨日の朝から、いまいちノリの悪い綾花でしたが、夜になって、耳の痛みを訴え、眠れない状態になってしまったので、夜10時半に、イマージェンシーへ連れて行きました。イマージェンシへ行く前に、かかりつけの医者の専属ナースに電話で問い合わせて相談したところ、「中耳炎ではないか?」と言われていたので、綾花の耳の痛みの原因は、ある程度予想がついていた。 診断の結果は、予想通りで、左耳が炎症を起こしていて、寝転がると、耳への圧力がかかるので、余計いたくなるのだ、と言われた。抗生物質と痛み止めを処方され、病院でも投与してもらった。帰りの車の中では、疲れと薬が効いて、カーシートでぐっすり眠ってくれたが、家についてベッドに横にすると、また痛みを訴えるので、だっこして椅子に腰掛けて寝る事に。私自身も、数日前から、ひどい腹痛があって辛い状態なのに、綾花までこんなになってしまい、大変なクリスマスとなってしまった。

that's my baby

Merry Christmas!!

2、3日前から体調の優れなかった綾花は、朝起きても、クリスマスだという事を知らずベッドで、ボケーっとしていた。綾花の部屋に飾ってある、クリスマスの靴下には、プレゼント第一号が入っているのに、それにも気づかない。そこでトニーは、綾花の視線が、靴下に向く様に、何気なく綾花をだっこを試みた。そこでやっと、プレゼントがある事に気がつき、「あれー、さんたさんは、いつの間に来たんだろう?全然知らなかった」と素朴な疑問。プレゼント1号で遊ぶ事30分。その後、やっとリビングルームに行ってくれたので、残りのプレゼントの存在にも気がついてくれた。 さて、例の電車のセットは、セットアップして、ラッピングもしない状態で、リボンをつけてあったのだけど、なぜか、綾花の反応は、全くなし。まあ、病気という事もあったんだろうけど、電車セットは、横目で見つつも、最後の最後まで手を付けようとは、しなかった。 トニーは、「綾花は、やはり完全なアメリカンキッズではない。アメリカ人の子供だったら、大喜びして、飛びつくはずなのに!!」とちょっとなげやり気味。でも、圧倒されすぎて、どういう態度に出ていいのか分からなかっただけなのかも。まあ、プレゼントも、あげたらあげたで、気苦労があるものなんですね。 ちなみに、この電車セット、昨夜3時間程かけて、2人で組み立てたのですが、今日の午後の我が家のパーテイーで、綾花の従兄弟たち(総勢7人)に、めちゃくちゃにされてしまいました。

Picture diary

1年のまとめ

なんと、本日で、ブログを始めて1年です。いやあ、1年って、あっという間です。でも、振り返ってみると、色々あったんですねえ。そこで、この1年の主なイベントを簡単にまとめてみることにします。 ●アボガドの消滅 種から発芽させたアボガド、いつの間にか、なくなりましたねえ。ブログに納めておかなかったら、私の記憶からも完全に消えるところでした。敗因は、トニーの熱き愛情。私が長期不在の間、「植物への水やりは、4日に一度くらいで」とお願いしたのだが、私の育てている植物の鉢の大きさは、大小様々。大きいものには、4日おきでも、小さいものには、1週間ぐらいで十分なくらいは、分かって当然という前提で説明していなかったのがいけなかった。水やりも、お願いされれば、その通りにしか出来ないトニーは、土のぬれ具合など確かめる事もなく、4日おきに、たっぷりのお水を、すべての植物に与えてくれた。おかげさまで、私が戻って来たときには、アボガドくんは、土ごとカビがはえ、葉っぱは、水分の与え過ぎにより腐敗していた。トニーは、「ちゃんと水をあげていたのに、なぜだか分からないけど、こんなになっちゃった!」と一言。水の与え過ぎ、という事には、気がつかないものなのだろうか? ●シェルビーの死 オハイオ州では、飼い犬登録が強制されている。毎年12月、飼い犬の登録更新を行なう義務があるのがだ、前年の登録記録に従って、更新のお知らせの手紙が届くため、先日、シェルビーの登録更新の通知がやって来た。改めて、シェルビーの事を思い出すきっかけにもなったが、今でも、時々綾花が、「シェルビーは、生き返らないのかな?」とつぶやいたりして、その都度思い出しては、目を潤ませてしまう。  ●ちかちゃん、飼い主を乗り換える この夏は、私と綾花は、長い事不在であったため、賑やかな環境の好きなちかちゃん(ネコ)は、5件先の子供のいる家に、住処を移してしまった。なんとも、わがままなねこだ。でも、時々ご飯を食べに、家にやってくる。どこまでも図々しいネコである。 ●旅おおき年 今年は、旅の多い1年でした。西へ東へ、常夏への旅でしたが、中でも印象に強く残るのは、日本への帰国とイタリアからアメリカへ戻る際の旅です。日本への帰国は、新生児の双子連れの友人と共に、大人3人、子供2人、赤ちゃん2人という小団体での旅でした。しかも、私は、手荷物でヴァイオリンを持ち込むという事までしました。こういう事は、何も考えず、実行するのみ、ってことを学びました。このような機会がある方は、まず先の事は、何も考えないのが賢明です。 また、綾花と2人のイタリアへの旅は、私に取っては、良くも悪くもよい経験でした。イタリアでのビーチ三昧な日々もよかったのですが、帰りの飛行機でビジネスクラスに乗れたのが、なんと言っても、私の中のビッグニュース。この先、こんな事もうないだろうな。 ●同級生との日々 今年は、なんと、高校時代の友人が、子連れでアメリカまで遊びに来てくれました。1ヶ月弱の滞在だったので、とてもゆったり、昔の事を語り合いました。子供も、2ヶ月違い、トラブルの絶えない毎日だったけど、綾花もなみ子も、今となっては、「また遊びたい」とお互いを懐かしがっている。こんな機会、一生に一度あるかないかってものなので、本当貴重な日々でした。 ●綾花のトイレトレーニング完了 おむつが外れてしまえば、トイレトレーニングの大変さも、すっかり忘れてしまうものですね。4月頃から、本格的に始めていたのに、なかなか完了出来ず、結局、イタリア行きの飛行機の中で、いきなりおむつにおしっこをしたくないと言い出し、イタリア旅行中は、1度しか失敗しませんでした。その後、完全におむつがとれました。やはり時期がくれば、とれるものなんですね。 ●初の万博訪問 外国に住み始めると、日本にいた頃より日本のイベントに敏感になる変な私。(誰でも、案外そんなものなのかな?)日本旅行の際、万博訪問出来るよう、関西空港経由で帰国し、いってきました、愛地球博。でも、詰めが甘いのが私の欠点。情報収集に欠陥あり、思う様に見て回る事は、出来ませんでした。でも、ロボットたちとふれあえたので、よしとしておこう。 まだまだ色々な事があった1年だけど、まあ、こんなところにしておきます。

Picture diary

昏睡状態事件

 糖分の取りすぎにより、血液中の血糖値が一時的に上がった後、一気に下がる際に、昏睡状態になることがある、という話を、友人に聞かされたことがある。日本では、外出先で気軽に買える、ペットボトル飲料を子供にあたえすぎて、昏睡状態になったまま戻らなくなった(=死?)という事が引き金になって、子供の糖分接種に注意を払う話があるようだ。  こういう知識が何となくあったので、今日綾花が普段と違って、昼間から2時間も眠り込んでしまったときには、かなり焦ってしまった。というのも、今日は、スペイン語教室が最後の日だったので、食べられるクリスマスツリーを、親子で作った。ポップコーンを、マーガリンを溶かした液体で、ツリー型に固めたものに、ジェリービーン、ひも状のグミ、マショマロを飾り付けて、ツリーに仕立てるものだった。綾花は、ひも状のグミを、7、8本巻き付け、ジェリービーンも私には、数えきれないくらいつけていた。おまけに、先生からのプレゼントは、ドラの小さな人形で、それにも、ラムネがいくつか入っていた。  さて、スペイン語の帰り、私は、もう少し先の街の銀行まで行かなくては、ならない用事があり、家に帰るのに、1時間程車を運転することになった。その間、私の気づかぬ間に、綾花は、ラムネやツリーに飾ったグミ、ジェリービーンをひたすら食べていたようで、家に着いたときには、ツリーの飾りは、何もなくなっていて、綾花も、深ーい眠りについていた。最近の綾花は、昼寝がなくなったので、車から降ろした時点で、直に目覚めるのに、今日は、動かしても、靴を脱がしても、コートを脱がしても、起きない。結局、まるまる2時間熟睡(というより、昏睡状態に近い)していた。  夕食の時間、トニーにこの事を相談してみたら、糖分多量摂取による、昏睡状態は、アメリカでももちろん常識的に知られている話だそうだ。だけど、普段から糖分を多量に摂取している親から産まれた子供達は、許容量も大きいようだ。それにしても、今日の綾花の昼寝は、ちょっと歓迎出来ないものだった。本日は、おやつの与え方について、改めて考えさせられた。

Picture diary

恐竜見学

本日の朝は、クリーブランドオーケストラのブラスクインテットコンサートを聴きに出かけた。会場は、クリーブランドの美術館や博物館が集中する場所だったので、コンサートの帰り、自然科学博物館に立ち寄ってみた。ニューヨークの自然科学博物館が大変気に入った綾花だったので、ここでも恐竜を中心に、色々見学してみた。しかし、意外にも、ここで気に入ったのは、「ルーシー」という女性のがい骨。(子供って、なんで、こういうものに魅了されるのだろう?)このルーシーさんは、南米のどこかで、1970年代に、クリーブランド自然科学博物館学員チームによって発掘された、世界でも、最古に近い人の骨だそうだ。この骨の女性の詳しい推定年齢は、忘れたが、当時は、成人女性でも、4フィートで、現在の8歳児と変わらない大きさだ。精神的、および肉体的人間の変化とは、すごいなあ。でも、5フィートの私は、最古の時代から、1フィートしか進歩していないなんて、なんだか哀しいな。

Picture diary

V D ファッション

 ここ数ヶ月、綾花の洋服を購入するため、週に2、3度通っていたヴィレッジ、デイスカウント(個人的には、ブテイックVDと呼んでいる)。寄付で仕入れたのか、超低価格で仕入れているのか不明だけど、とにかく、中古の服にしても、安すぎる。(しかし、ここに通うと、自分の中の基準が下がるので、$1でも、高い、と思う様になってしまう)。  このお店の目玉は、なんと言っても、毎日の半額品。商品には、5色ののうちいづれかの色の値札がつけられていて、毎日、この中から2色をお店側が選び、その色は、半額となる。その他、月曜には、選ばれた1色に限り、なんでも50セントという、破格なセールも行なっている。  先月までは、狂った様に出かけていた私も、今月に入って、若干は、買い物熱(バーゲンハンター熱とでも言いましょうか?)がおさまっていたけど、本日、久々に行ってしまいました。そして、本日ゲットした商品は、綾花のストライプ、コットンカーデイガン byGAP $1、スカート、無名ブランド $0.9、フリースベスト無名ブランド$0.75、以上。やはり、ここでの買い物は、やめられません。

Picture diary

やっと終わった

今日は、綾花のバレエのクラスの最終日だった。そして、クラスの後、夜7時半から、地域の老人ホームで、最後のリサイタルが行われた。今日は、雪だった事もあり、バレエのクラスは、3人しか参加しなかった。しかし、綾花は、おおいに張り切って、クラスに望んでいた。 そして、老人ホームのリサイタルにも、結局やって来たのは、3人だけ。ここでは、先生が各クラスの踊るパートを紹介し、それを、おじいちゃん、おばあちゃんの前で踊らせるというものだった。確かに、舞台も何もない、老人ホームのカフェテリアでは、ナットクラッカーのバレエなど、披露出来用がない。 たった3匹のこねずみたちも、暖かい雰囲気に見守られ、照れながら、いつものネズミのダンスを披露した。綾花は、エンジンのかかるのが割と遅いタイプなので、今日の舞台が、一番上手に踊れていた。 さて、次のセメスターには、綾花の学校が始まっている。毎日、午前中、学校があって、今まで通り、習い事に通わせられる時間があるのか、非常に疑問である。しかし、ここ10ヶ月面倒をみて頂いた、バレエの先生に対する綾花の敬意がはっきりみられる今、バレエをやめさせる(というより、先生と離れる)のは、親の私としても、非常にもったいない気がする。いったいどうしたものか、悩む毎日だ。

Picture diary

クリスマスプレゼント

 クリスマスもいよいよ2週間後に迫った本日、幸運な事に、トニーの妹が、綾花のベビーシッターをしてくれると言うことになった。いきなり自由になった日曜の午後、いったい何をしたものか、と夫婦で悩んでしまった。  とりあえずは、ランチにでも、と車を走らせ、適当なお店で食事をした後、いきなりトニーの提案。「そうだ、綾花のクリスマスプレゼントを買いに行こう!」。って、「もう、既に2つ、インターネットで注文してあるんですが。。。。」。「なに、僕たちの大事な一人娘は、クリスマスに、2個しかプレゼントがもらえないのか!!』(ちょっと怒り気味)。私にしてみると、1個で十分だったけど、連日送られてくる、おもちゃのカタログを見にしていると、ついつい、1個には、絞りきれず、心の中で葛藤しつつも、2個注文してしまった私だった。  そこで、久々の夫婦水入らずの時間は、クリスマスのあり方についての論議に至ってしまった。まず、サンタクロースを信じさせる事について、それは、正しい事なのかどうなのか? そしてメインの論議は、なんと言っても、プレゼントは、沢山がいいのか、1個でいいのか? サンタの存在云々については、宗教的な事もあるので、ここでは、控えさせていただくが、プレゼントの数については、余りの意見の違いに、興味深いやら、困ったやら、結局最後まで、お互い、腑に落ちない状態だった。  トニーの家の伝統(彼曰く、アメリカ全体の伝統らしい)では、クリスマスの日の醍醐味は、欲しかったものが、沢山もらえる、その圧倒感にあるのだとか。彼も、8人兄弟にも関わらず、最低5個は、もらっていたと主張する。(トニーの家族は、決してお金持ちではありません) まあ、確かに、この時期のアメリカの消費量は、ものすごい。話は、それるが、11月末のサンクスギビングの翌日の金曜日には、クリスマスショッピング第一日目の、大きなセールが行なわれるのは、この国に住んだ方なら、ご存知かと思うけど、この日を、経済業界では「ブラックフライデー」と呼ぶ。 ほとんどの小売業者は、1年を通じて、この日までは、赤字だけど、この日からの売り上げは、すべて黒字に回る、ということらしい。  そんな環境で育ったトニーとは、対照的に、私にとってのクリスマスは、ケーキとごちそう、そして、欲しいものを1つだけ買ってもらえる、という概念しかない。プレゼントも、圧倒される程の数をもらったのは、綾花が産まれる前のベビーシャワーが’初めてだった、私には、やはり、プレゼントは、1、2個で十分という意見は、変えられない。  結局の所、意見が一致しないまま、3個目のプレゼントを買うことにした。まあ、最初の2個は、私の独断で選んだものだったので、トニーは、自分で決めたいという事もあったのでしょう。それにしても、トニーの選んだ電車のセット(しかも、テーブル付き)は、価格も場所も、おおいに幅を利かせる。さすが、アメリカーンな主人だ。

生涯学習