books

おばけのてんぷら

綾花の大のお気に入りの中の1冊がこれ。月齢なのか、性格なのか、”お化け”を怖がるよりは、なにか面白い生き物、と捕らえているようで、お化けや、妖怪ものは、だーいすき。そのお化けに加え、てんぷら、という食べ物が、これまた、綾花の興味をそそる要素なのである。主人公のうさぎさんが、天ぷらの材料を買いに行くシーンでは、一緒に買い物を楽しみ、料理するシーンでは、一緒に料理を楽しんでいる。おまけに、おかずが天ぷらの晩には、小食綾花も、かなり食べてくれるので、この本は、私も大好きなのだ。

Picture diary

復活の日

ここ数日、風邪のため、家から出られなくて、キャビンフィーバーっぽい状態だった。おかげさまで、後は、鼻水が若干出る程度まで回復した。 昨晩、2インチ程の雪が降ったが、今日は、気温も上昇。そこで、なまった身体を、雪だるま作りで克服させるがごとく、早速、雪だるまを作ってみた。”雪だるま”というよりは、”モンスター”っぽい物が出来た。愛犬シェルビーも、私の作品にほれぼれである。

that's my baby

夕食

子供って、ほんと、親の真似をしたがる。私が夕食を作っていると、綾花も、何か料理の真似事をしなくては、気がすまないらしい。最近では、昨年のクリスマスにプレゼントした、お鍋セットをうまく使いこなして、見事な料理を作ってくれる。主人は、夕食のおかずと共に、綾花の一品も楽しみにしている。

Picture diary

風邪引きました

3、4日前の頭痛と鼻づまりを甘く見ていて、外出などしてみたら、昨日あたりから、ひどーい症状になってしまいました。筋肉は、痛むし、鼻は、流れるか詰まるか、のども痛くなって来た。この季節は、ほんと、いやになっちゃうな。ということで、ブログもしばらくお休みかな。

that's my baby

パジャマ パーテイー

私は、国際結婚を経て、アメリカに住む日本人。もちろん、私(自身)の身内など、近所はもとより、アメリカ国内にも、ひとりもいない。しかーし!それとは、対照的に私の主人は、8人兄弟の大家族。しかも、すべての家族が、車5分以内の場所に住んでいる。ほとんどの兄弟が、似たような年頃の子供を抱えているので、子供の預け合いは、頻繁である。土曜の夜には、ビデオ持参で、お姉さんの子供達が遊びに来たりして、子供と一緒に残されて行くバッグの中には、パジャマも入っている。よって、夕食、お風呂、ビデオ+ポップコーンのコースは、ごくごく自然の成り行きなのだ。兄弟のいない綾花には、これまた、エキサイテイングな時間でもある。

books

Are you my mother?

ドクター、スーズ コレクションの本は、50年間、アメリカの子供達に読み継がれてきた本。子供達が本を楽しく読めるよう、50以上の韻をふんだ言葉を厳選し、多くの本で使っている。綾花にはじめて読んであげた英語の本がこれ。内容は、この本に限っては、韻の言葉でなく、同じセンテンスを、ひたすら繰り返す形となっている。この繰り返しが、これから言葉を覚える赤ちゃんや子供には、とても良いとの事。ちなみに、綾花が2才4ヶ月の頃、買い物にでかけ、この表紙の犬に似たぬいぐるみを見かけた際に、”Are you my mother?”と、叫んだ出来事が起こった。周りの人は、いったい何?と不思議そうにしていたけど、お母さんである私には、しっかり理解できました。綾花は、この本の主人公になっていたんですね。この本を手にとる度に、思い出してしまう出来事です。

Picture diary

大雪

昨日は、ものすごい雪だった。それに加え、ものすごい低気温。雪は、見事なパウダースノー。娘にせがまれて、雪だるまをつくってみたものの、全く固まらない。しかし、かなり着込んで外に出てみたが、余りの寒さのため、5分もいられなかった。

the word of the day

Cabin fever

私は、冬の寒さの厳しい地域に住んでいる。よってこの季節は、子供を外で遊ばせるのは当然、犬の散歩までも限られてしまいます。我が家の犬は、外に出ると、道路が余りにも冷たい為、つま先立ち(みたいな感じ)で、歩いている。以前、無理して散歩に連れて行ったら,途中で座り込んでしまった。よほど、足が冷たかったらしい。そんなわけで、猫はもちろん、犬も子供も家の中に閉じ込められた状態が続く。そうなると、ストレスが溜まり、子供も犬も、異様なハイテンションになったりする。そんな状態を、Cabin feverと現す。今朝は、犬のシェルビーが、狭い我が家のリビングを、数えきれない程、何度も何度も駆け巡っていた。まさしくそれは、She’s got a cabin fever!

the word of the day

Go Fly a Kite

直訳すると、「凧揚げに行きな!」。英語で言い換えれば、Go Away! 要するに、「どこかへ行きなさい!」ってこと。

that's my baby

お箸、使えるの?

我が家の娘は、食べ物に対する執着心が薄い。それゆえに、フォークやスプーンを自分で使って食べることなど、めったにしない。そう、我が家では、2歳半になる娘に、未だに、「あーんして」なんて、食べさせている状態なのだ。が、昨晩の夕食のとき、「お箸が使いたい」とうるさいので、物は試しと、持たせてみた所、なんと、キュウリやご飯を、何とかつまんでは、食べているではないか。結局、1時間程かかったけど、お茶碗一杯のご飯と、おかずを何とか食べきった。子供の成長って、時には、段階がない事があって、びっくり仰天。ちなみに、主人曰く、「中華料理店で、不器用にお箸を使って食べているアメリカ人より、綾花の箸使いの方がずっとうまい」だって。 これは、ちょっと親バカのような気がしなでもない。

生涯学習