家庭学習

ビタミン不足

今月初めに受けた健康診断の後、ホームドクターの指示に従って血液検査に出かけてきました。 Dr.オフィスから渡された、血液検査依頼書みたいなものを持って、ダウンタウンのチルドレンホスピタル内にある、血液検査センター(みたいなところ)を訪れました。 検査センターでは、まず 先生から渡された依頼書を提出、住所、氏名、年齢などなど、聞かれたことに答え受付を終わらせ 待つこと10分程、個室にて血液採取を行い終了です。その後、検査の結果は、検査以来したDr.オフィスに郵送され、私に結果が伝わるのは、Dr.オフィスから、という事になります。なんだか、流通で言えば ”問屋” みたいな感じね。(違う?) 血液検査の結果で見つかった異常は、ビタミンD不足ということでした。 実は、ここ数週間 倦怠感、めまい、頭がボーッとする、体力の低下などの症状がかなり目立っていて、このことを先生に相談していたのですが、これらの症状は、どうやら ビタミンD不足が原因だと思われる、ということで、これから12週間は、医師に処方されたビタミンDを飲むことになりました。 そのビタミン剤を3日程前から服用したのですが、これまで、貧血気味のため、普通に立っていられないため 朝寝、昼寝(とりあえず体を横にする)は 欠かせなかったのですが、今日は久々に、1日中起き上がっていられました。そして、足の踏ん張り力も若干は出てきた感じ。ネット検索で知ったんだけど、ビタミンDが不足するとカルシウムの吸収率も低くなる様で骨にも影響が出るし、筋肉に力が入らなかったりするらしいので、私の心配していた症状は、ビタミンD不足が大きな要因だったのだと思います。 ビタミンDの接種は、食品からの他、日光に当たることによって生成されるため、アメリカで最も日照時間の少ない地域と言われるこの地域に暮らしている多くの人たちには、ビタミンD不足は馴染み深いものだそうです。この話を友人にしたら、彼女も全く同じビタミンDを処方されていました。 ちなみに、私が幼い頃好きだった、「アルプスの少女ハイジ」に登場するクララちゃんも、ビタミンD不足による「くら病」という病気だったそうです。大量の工場から排出された煙等で、このお話の書かれた時代のドイツの都会の上空には、厚いスモッグがかかっていて、日光が遮断されていたそうです。そんな都会で育ったクララちゃんは、ビタミンD不足により、筋肉の力がなくなり骨も弱ったりして、歩くことが出来なくなってしまったんだけど、ハイジとともにアルプスの山に滞在し、そこで1日中日光を浴びる生活をしていくうちに、ビタミンDが生成され、筋肉にも力が入る様になり、歩ける様になったんだって。 私は、ただ単に、クララちゃんには奇跡が起きたと思っていたけど、そういうことだったのね。 ところで、日光浴によってビタミンDが生成されるという事実は、私もしっかり知っていたし、冬の間も、日光の出ている時には、出来るだけ犬の散歩に出かける様にして日光浴を心がけていたので、その点納得いかないとドクターに話してみたところ、日光は肌に直接当たっていないと、ビタミンDを生成するには至らないとのこと。冬場は、防寒対策で衣類の他、マフラー、帽子、手袋等で肌を覆うので、どんなに日光の中にいても肌は露出されていないため、ビタミンDは生成されないのだそうです。 また、高齢化が進めば進む程、ビタミンDの生成率も下がるそうで(涙)、やはり私の年齢を考えると、せめて日光に当たる時間が極端に少ない冬場だけでも、ビタミンDサプリの接種を心がけることが懸命だそうです。 最近の体調不良は、何か大きな病気のせいかも、、、、とちょっと心配していたので、ビタミンD不足が主な要因と分かって、ちょっとは安心しました、が サプリに頼らなければ体調が崩れてしまう、、、という事実を受け入れるのには、ちょっと抵抗があるんだよなあ、、、歳をとるって、こういうことなのね。アジア人独特の幼い顔つきで年齢は若干ごまかせても、体の衰えまではごまかせないのね(涙)。

家庭学習

Parcours ハイキング

今日は雨の予報にも関わらず、予報は見事に外れ(イエーイ)気温も20度近くまで上がりました。 綾花の乗馬が終わってからは、クリーブランドの教会で行われる無料コンサートに行くか、このお天気を満喫するか、、、、とっても悩んだけど、春休みの最後の日でこんなに素敵なお天気であったので、コンサートは断念し 近場のトレイルハイキングに出かけることにしました。 今日、私たちが選んだのは、パーコースと呼ばれる、約2.3キロメートルのトレイルハイキングの途中に運動プログラムが組み込まれたコースです。パーコースは、我が家周辺には2つあり、別の場所は何度か行った事があるけど、このコースは今日が始めて。 丘の斜面の雑木林の中に造られたコースなので、アップダウンは結構きついですが、これがカーデイオ運動にはいいのかもしれないね。 写真を取り損ねちゃったので、代用品を使用しますが、まずは、Run の立て札がお出迎え。次の指示の看板がある場所まで、走るんです。 200メートル程走ると、運動指示の看板が見えてきます。ここでは、腹筋の指示が出されました、、、がこれにまじめに取り組んだのは、綾花だけ、、、やっぱり大人と犬は、そこまでのエネルギーはありません。若いって、素晴らしいことね。 腹筋15回終了した後は、またまたRun☟。左おくの木の向こうに、わずかに見える綾花の後ろ姿、分かるかな? 大人と犬は、体力温存のため、ゆっくり歩きます。 今度の運動は 機会体操みたいなやつ。レールに手をかけて、左右に横ジャンプする運動。このレールは、手前が低く前に行く程、地面から高くなっていて、子供から大人まで挑戦出来る様ということなんだろうけど、私にはちょっと勇気ありませんね。 運動の種類は、10種くらいだったと思うけど、その中で一番ハードなのがこれ☟。 鉄棒を伝って約3メートル程前進するんだけど、想像以上にハードなの。私は1歩(って言う言い方で言い?)進んだだけでギブアップよ。昨年秋に、別のパーコースでこれと同じ運動に取り組んだ時には、綾花は2、3歩だけだったけど、今回は1/3程進めたよ。でもやっぱりこれを制覇するのは不可能だわ。 と、まあこんな感じで、エネルギー有り余る子供の体力を消耗させる目的には、なかなか都合の良い場所です。 おまけにこのコースは、かなりの傾斜があるので、この夏の登山に向けてのトレーニングにも適した場所です。ちなみに、我が家の今年の登山計画の中での一番難易度の高い山は、富士登山。なのでこのコース程度の坂道で息を切らしていたら、無理です。次回は、もっと傾斜の続くコースに取り組んだ方がいいかもね。

家庭学習

健康診断

日本にいたら 私の様な年頃になると、「人間ドッグ」なんていう言葉は 結構馴染み深いものだと思うのね。 私が小さい頃に 母や父が 「明日は人間ドッグに入ってくる」 なんて言ってたのを聞いて、幼心に「人間と犬?」とかって疑問を持っていたのが懐かしい。 でもこの ”ドッグ” って Dogではないのね。 正式には Dock という言葉で(発音は、日本人の耳には Dog と変わりませんが)、船を修理したり点検したりする為の施設,船渠のことなんだって。(ウイキペデイアの受け売りです)。   さてさて、わたしの知る限りアメリカには 人間ドッグ という言葉はありません。なので、日本の母から 「あなたもそろそろ いいお年頃なんだから、人間ドッグに入りなさい」 などといわれて、「人間ドッグを受けられる場所ってあるの?」とトニーに聞いてみたところ、要は、1年に一度の健康診断 Annual check upが人間ドッグに相当するのでは、と言う結論に至りました。 それなら、もう既に何度か受けているよと、安心しつつ、よーく考えてみると 実際に前回受けたのは3年前の話。 昨年は、トニーの会社で 社員と家族向けの 血液検査と問診を無料で受け、特に問題はなかったので、実際にドクターにお願いすることはなかったんだよね。   そこで昨日、ホームドクターのもと、Annual check upを受けてきました。この記事は、その体験レポートというよりは、記録のために綴る目的で書くことにしました。 ホームドクターで行った検査の内容は、問診、尿検査、ECG (Electrocardiogrphy) 心電図のことね、乳癌の検査のみ。なんだか物足りないなあ、、、、、と思ったのですが、専門的な検査は専門機関へお願いする、というシステムなんですね。 ここが、日本の「人間ドッグにはいる」というものとは大きな違いなんですね。   ということで、Mammogram (日本語でもマモグラムでいいのかな?)、血液検査は 先生に渡された紙を持って、各専門機関に自ら出向いて検査してもらうの。1回ですまされないので、面倒だあ。 さらに、私の家族には、父の肺がん歴、母の大腸がん歴があるので、通常であれば、50才から義務づけられている Colonography 大腸がん検査を受けるように支持されました。この件については、義務年齢以下の検査だからなのか、ホームドクターから直接専門医に検査依頼をするそうで、そちらの事務所から、後日 連絡が来ることになりました。  …

家庭学習

塩麹

我がブログに寄ると11月18日に仕込んだ塩麹ですが、あれから2週間が経ちました。 毎日1,2回、「醗酵、醗酵!」とささやきながらスプーンでかき混ぜた甲斐あって、こんな感じになりました。でも、出来上がりの塩麹というものを見たこともなければ、味見したこともないので、これで出来上がりなのかちょっと不安。 出来上がりの目安というものをネットで調べた所、塩麹の入った容器の蓋を開けると、もわわ〜んと、甘酒っぽい匂いがする。仕込んだ米粒を噛んでみて、中心に芯がなければ出来上がりの状態、ということで、まずは匂いのチェック。はいOK!私の苦手な甘酒の匂いがします。そしてつぶつぶのお味見。こちらもお米の芯はなくなって、柔らかくなっていました。 ということで、はい! 塩麹、一応成功!ということにしておきます。 出来上がったものは、上の写真の容器に入れ替えて、今日からは冷蔵庫に移動です。明日から、色んな食べ物に入れてみようっと。

家庭学習

手作り塩麹

確か5月頃の話、日本に住む 健康オタク(健康に気を使っている?)な友だちから、塩麹なるものをすすめられた。なんでも、私がぬか漬け用のぬか床を腐らせてしまい嘆いていたので、ぬか漬けに変わる発酵食品として紹介してくれのだよん。 そこで色々調べてみて、お手軽に使えそうと言うことで早速使ってみよう、、、と思いつつも、日本から取り寄せなければいけないので、送料や量のことなど考えて、既に出来ているものではなく、自分で作るタイプの物を送ってもらうことにした。   塩麹なるものを知ってから6ヶ月。ようやく塩麹ミックスを手に入れました。 楽◯のタマちゃんショップで買った ”塩麹のもと”は、既に米麹と塩がミックスされているので、200CCの水を加えてよくかき回し、常温で1週間から10日程置いたら、塩麹なるものが出来上がるんだって。あ、この10日の間は、1日に1回は、良くかき混ぜ、全体を空気に触れさせないといけないみたい。思えばぬか床も、冷蔵庫内で管理していたのにも関わらず、この作業を2日程空けてしまったばかりに、腐らせてしまったのよね。今回は、まだ使い物にも至っていないので、使用前から殺すわけにはいかないので、気合いを入れて育てようと思います。   また10日程経過して、塩麹が出来上がったら、報告したいと思います。

家庭学習

Nannyってなあに?

じゃじゃーん! 最近のあたくし、仕事の様なことを始めたざますよ。おーっほっほっほほ タイトルの親父ギャグといい、怪しげな口調といい、今日はちょっと変だね、私。 ところで、上の写真、かわいいでしょう? これ子供のお風呂で遊ぶおもちゃ、通称:ラバーダッキー(ゴム製アヒルとでも訳しましょうか?)。こんなに沢山の種類があるとは、今の仕事をするまで知りませんでした。 私の仕事? おもちゃ屋さんの在庫管理ではありませんよ。ナニーなんです。(ナニーって何?)しつこくてごめんなさい。 ナニーって、イギリスでは、貴族の子供達のしつけ役ね。アメリカではお金持ちの家の子供のベビーシッター感って感じかな? ちなみに私がやっているナニーはね、知り合いの家の赤ちゃんの日本語教育係。今、現在この赤ちゃんは9ヶ月。週に2、3度、赤ちゃんと共に時間を過ごして、その間日本語で話しかけたり、絵本を読んでみたり、歌を歌ったり、そして時には、スイミング教室にて一緒にプールに入ったり。この時期の赤ちゃんは本当にかわいっくって一緒にいて、いつもいつも、私の心はとろけてしまいそうになるの。 上の写真はね、その赤ちゃんのおもちゃ。赤ちゃんが産まれる前の、前祝いパーテイー、通称ベイビーシャワーのテーマがアヒルだったということで、会場を飾る為に色んな種類のラバーダッキーを用意したんだって。ほとんどは、ゲストの人々に持ち帰ってもらったけど、それでもこんなに残っちゃったということで、これらのアヒルちゃんは、お部屋で遊ぶおもちゃなの。このアヒルさん達をつかって、毎回数を数えて聞かせているんだけどね、なぜか毎回1,2匹づつ増えていくのよ。不思議なお話でしょ?

家庭学習

ジャックオーランターン

本来なら10月中にすべきことだったんだけどね、色々な行事がかさなって なかなか出来なかったの,、、パンプキンカーヴィングが。 先月かぼちゃ畑に行って買ってきたパンプキンは、サンクスギビングまでは軒先に飾っておいてもいいんだけどね、でもやっぱり、かぼちゃ提灯をつくりたいでしょう、、、、、だから、久々になーんもないこの週末に思い切ってパンプキンカーヴィングに挑戦よ。実は、今年は、カーヴィング用のテキストブック?と小道具を買っておいたので、頑張って 凝ったデザインにトライ!   ☝これがカーヴィングの秘密兵器なのだ。   こちら、テキストブックというかデザインブックね。右上に黒丸みたいなものが見えるけど、この黒丸が多い程難しいという目安です。私の選んだ、キュートなモンスターは、4段階で難度が2ということです。 さて、このデザイン通りに出来るかしら?     まずは、蓋を切り抜きます。これ、斜めにナイフを入れないと、蓋がねスポッと下に落ちちゃうの。     蓋を開けたらこの通り。 よく日本のお友達に、パンプキンの中をくり抜くのって大変でしょうって言われるけど、アメリカのパンプキンの中身はほとんど空洞です。厚くても3.5センチくらいかな? 種も思い切り詰まっていると思いきや、側面にわずかにへばりついているの。   蓋を切り抜いた所で、一旦中身のお掃除をしまーす。英語でこの中身のことを guts ガッツ(内蔵)って呼ぶのね。ここでアメリカの子供達向けのハロウイーンジョークをひとつ。 どうしてスケルトン(がいこつ)は、ホラー映画をみるのが恐いのでしょう?…

家庭学習

マキシム ベンゲーロヴ

昨晩、私のこの15年の夢であった、マキシムベンゲーロヴのコンサートを観てきました。 昔と違って一般の人でもヴァイオリン教育を施せる今の時代、3才、4才位から教育を始める人も多く、ヴァイオリンを上手に弾ける人口は星の数程いる。でもその中で きらりと光る、俗にいうスターという位置に立てる人は、技術だけなく、ヴァイオリンとともに歩んで来た生き様がその音に出ている人だと思う。 画家のシャガールの作品には、ヴァイオリン弾きが絵の背景にいることが多いけど、シャガールが残した言葉に、 バイオリン弾きは、人生の歓びも悲しみもすべて知っている というフレーズがある。 シャガールは彼の絵の中に、バイオリン弾きを招き入れ、その時の感情を奏でさせているんだろうな。彼の絵の中のヴァイオリン弾きを眺めながら、どんな音楽を奏でているのか、そんな想像を働かせるのは、私の絵をみる楽しみのひとつでもあるの。 マキシムベンゲーロヴは、激動のロシアで成長し、若いときから精神的な苦悩を彼なりに乗り越えてきた。ここ数年では、肩の故障で4年間もの間、ヴァイオリンを弾くことが出来なかった苦悩もある。だからこそ些細な歓びが両手に有り余る程の感激として受け止められ、そういう感情をヴァイオリンにうたわせられる人なんだと思う。 ”マキシムベンゲーロヴは、感受性が強すぎて、会場の人々の反応がそのまま体に入ってしまい、時にそれが理由で演奏困難に陥ることがあった。”という記事を読んだことがあった。その対策の為に感情コントロールのセラピーを受けたりしたということも聞いた事があるけど、昨日の彼の演奏は、セラピーの力なんて言うちっぽけなことを遥かに上回る安定感で満ちあふれていた。そして、感情を包み隠さずあらわす彼の表情は、歓びや愛に包まれていた。 このコンサートは、私がこれまで観てきたコンサートの中でも格別な、心に残るものでした♡。

12 Fall hiking spree, 家庭学習

自然散策

昨日は、夕方になって一時土砂降りの様な雨がふり、その後はとっても肌寒く晩秋の様な夜でしたが、今朝は気持ちいい青空の秋晴れとなりました。 昨日からお泊りに来ている姪のセラと綾花は、朝からこっちが疲れるほど元気で、家の中にいてもどうにもならないので、市内にある遊歩道のある自然公園に出かけることにしました。 1カ所目は、トウパスと言って、その昔の運河があった川沿いに沿ってある、自転車、ジョガー、歩行者用の散策道を1時間程歩きました。こちらは、来週末トニーが出場するアクロン駅伝マラソンのコースに組み込まれているので、トニーの下見も兼ねての散策です。今日は運動に適した気温で天気もよかったので、沢山の歩行者、ジョガー、バイカー(自転車乗り)が次から次へとすれ違ったり、私達を追い越したり、、、ここにいる限りは、肥満の多いアメリカって言うことを忘れさせてくれます。 トウパスを1時間程ふらついた跡は、車で20分程移動して、ネイチャーセンターへ。こちらの施設は森の中にあって、施設内では、この地域に生息する生き物のことや、その昔この地域が氷で覆われていた氷河期時代のことについて説明されているパネルがあったり、またバードウオッチングルームもあり、窓の外に設置された鳥の餌をお目当てにやってくる鳥達の観察が楽しめます。   こちら、長い事餌箱を独り占めしていた、雌のカーデイナル。   餌箱の横では、雄のカーデイナルとゴールドフィンチが、雌のカーデイナルが、お行儀よく、雌のカーデイナルが食べ終わるのをじっくり待っていました。カーデイナルはオハイオ州の鳥ですが、実はこの鳥、東海岸だけでも7州位で州鳥と指定されているんです。人気者というか、どこにでもいる馴染みの鳥と言うか、、、、ありきたりとはいえ、雄の赤い色はきれいですよね。   このネイチャーセンターの敷地内には、2つの散策道(トレイルコース)があります。そのうちの1つ、チェリートレイルとフェーントレイルの組み合わせ合計1.1マイルのコースも歩いて来ました。森の入り口近くのある、三つ又の木に怪しい物陰が、、、、、、   近づいてみたら、チップモンク(シマリス)が木のみをせっせと食べていました。       この時期、シマリスは冬眠に備え食欲旺盛であるのと同時に、冬眠中に目覚めた時のおやつ集めに余念がありません。チェリーコースの一部に、私が勝手に名付けた”シマリスの森”という箇所があるのですが、その辺りを走り回るシマリスのほっぺは皆思い切り膨らんでいます。シマリス達は、ホッペにポーチと言って、大きな袋があり、この袋につめられるだけの食料を詰め込んで、自分の穴に運び込みます。冬は基本的に冬眠するシマリスだけど時折目が覚めるそうです。その時に、秋の間に集めておいた木のみをおやつにするんだそうです。そしてまたお腹がいっぱいになったら眠りに戻るとか、、、、こういう動物の習性って、不思議ですよね。 ところで、シマリスの森と私が呼んでいる場所ですが、ここが特別シマリスが多いわけではありません。このネイチャーセンターの敷地には、どこにも平均的にシマリスが走り回っています。実は、シマリスの森の場所では、シマリスが鳴いて仲間がいるかどうかの確認をしている声がよく聞こえるんです。昨年まで、その声がシマリスのものだと知らずにいたのですが、昨年、このネイチャーセンターの係の人に説明を受けて、声の主が判明したんです。シマリスが鳴く事自体知らなかったので、とっても驚きましたよ。ちなみに、シマリスの鳴き声は鳥の鳴き声の様な声なのよ。

家庭学習

コミュニテイーサービス

この国では、ボランテイアという話は結構耳にしますが、教会に属していないとなかなかボランテイアの機会を見つけにくいもの。この4月に綾花のチェンバーオーケストラグループが招待され、日曜日の教会のミサでバイオリンを弾いた際に、偶然私の音楽仲間がこの教会のメンバーだと知り、その方を通じてボランテイアへの参加をさせて頂くことになりました。   実際ボランテイアってどんなことをしているのかというと、毎週1日、低所得者向けに無料で缶詰等の食料品の詰め合わせを配布しています。通称、フードカップボードと呼んでいますが、以下の様な形で、教会に来られた方々に 品物を配ります。     家族人数によって中身は若干変わりますが、中身はこんな感じ☟   缶詰ものがほとんどで、一応 野菜、豆、スープ、フルーツなどを取り入れています。箱のものは、お肉と混ぜていためる様なもの。(こういうの買ったことないので、良くわかんないけど),そしてトイレットペーパー2巻。   私はこれらの食品は、教会のメンバーの方からの寄付かと思っていたら、地域のフードバンクと呼ばれる所から購入しているそうです。   この基本パックの他に、冷凍のお肉類(大抵はハンバーガー)、バター、季節によっては個人的に寄付して頂いたお野菜や果物、地元のスーパーからの寄付で、賞味期限の迫ったパンや焼き菓子を、それぞれの訪問者の人数に応じて配ります。   その他、何でもコーナーから、教会のメンバーが持ち寄った品物(おもちゃ、毛布、化粧品、家電等本当に何でもあります)の中から1つ好きなものを選べる様になっています。何でもコーナーには、☟こんなふうに小瓶にわけた洗剤等もあります。     そして肝心の私のお仕事はといいますと、その日の状況によって変わって来ます。受付の人が足りない日には、受付係をします。このお仕事は、来訪された方の身元証明を規定通り行い、初めて来られた方の書類作りを行なったりする作業です。書類は教会用に保管する用紙と政府に提出する用紙の2種類があるので、2つの書類すべてに記入漏れがないように注意しなければいけないの。また住所が頻繁に変わる人もいるので、そういう人たちの身元証明を必ず確認しなければいけないんだけど、ホームレスになってしまった方はなかなか正直に言えないこともあって、スムースにことが運ばないこともしばしば。言葉の壁もあって、このお仕事は、ちょっと難しいです。…

生涯学習