ビタミン不足

今月初めに受けた健康診断の後、ホームドクターの指示に従って血液検査に出かけてきました。

Dr.オフィスから渡された、血液検査依頼書みたいなものを持って、ダウンタウンのチルドレンホスピタル内にある、血液検査センター(みたいなところ)を訪れました。 検査センターでは、まず 先生から渡された依頼書を提出、住所、氏名、年齢などなど、聞かれたことに答え受付を終わらせ 待つこと10分程、個室にて血液採取を行い終了です。その後、検査の結果は、検査以来したDr.オフィスに郵送され、私に結果が伝わるのは、Dr.オフィスから、という事になります。なんだか、流通で言えば ”問屋” みたいな感じね。(違う?)

血液検査の結果で見つかった異常は、ビタミンD不足ということでした。

実は、ここ数週間 倦怠感、めまい、頭がボーッとする、体力の低下などの症状がかなり目立っていて、このことを先生に相談していたのですが、これらの症状は、どうやら ビタミンD不足が原因だと思われる、ということで、これから12週間は、医師に処方されたビタミンDを飲むことになりました。

そのビタミン剤を3日程前から服用したのですが、これまで、貧血気味のため、普通に立っていられないため 朝寝、昼寝(とりあえず体を横にする)は 欠かせなかったのですが、今日は久々に、1日中起き上がっていられました。そして、足の踏ん張り力も若干は出てきた感じ。ネット検索で知ったんだけど、ビタミンDが不足するとカルシウムの吸収率も低くなる様で骨にも影響が出るし、筋肉に力が入らなかったりするらしいので、私の心配していた症状は、ビタミンD不足が大きな要因だったのだと思います。

ビタミンDの接種は、食品からの他、日光に当たることによって生成されるため、アメリカで最も日照時間の少ない地域と言われるこの地域に暮らしている多くの人たちには、ビタミンD不足は馴染み深いものだそうです。この話を友人にしたら、彼女も全く同じビタミンDを処方されていました。 ちなみに、私が幼い頃好きだった、「アルプスの少女ハイジ」に登場するクララちゃんも、ビタミンD不足による「くら病」という病気だったそうです。大量の工場から排出された煙等で、このお話の書かれた時代のドイツの都会の上空には、厚いスモッグがかかっていて、日光が遮断されていたそうです。そんな都会で育ったクララちゃんは、ビタミンD不足により、筋肉の力がなくなり骨も弱ったりして、歩くことが出来なくなってしまったんだけど、ハイジとともにアルプスの山に滞在し、そこで1日中日光を浴びる生活をしていくうちに、ビタミンDが生成され、筋肉にも力が入る様になり、歩ける様になったんだって。 私は、ただ単に、クララちゃんには奇跡が起きたと思っていたけど、そういうことだったのね。

ところで、日光浴によってビタミンDが生成されるという事実は、私もしっかり知っていたし、冬の間も、日光の出ている時には、出来るだけ犬の散歩に出かける様にして日光浴を心がけていたので、その点納得いかないとドクターに話してみたところ、日光は肌に直接当たっていないと、ビタミンDを生成するには至らないとのこと。冬場は、防寒対策で衣類の他、マフラー、帽子、手袋等で肌を覆うので、どんなに日光の中にいても肌は露出されていないため、ビタミンDは生成されないのだそうです。 また、高齢化が進めば進む程、ビタミンDの生成率も下がるそうで(涙)、やはり私の年齢を考えると、せめて日光に当たる時間が極端に少ない冬場だけでも、ビタミンDサプリの接種を心がけることが懸命だそうです。

最近の体調不良は、何か大きな病気のせいかも、、、、とちょっと心配していたので、ビタミンD不足が主な要因と分かって、ちょっとは安心しました、が サプリに頼らなければ体調が崩れてしまう、、、という事実を受け入れるのには、ちょっと抵抗があるんだよなあ、、、歳をとるって、こういうことなのね。アジア人独特の幼い顔つきで年齢は若干ごまかせても、体の衰えまではごまかせないのね(涙)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。