トロント小旅行 朝食の巻き

昨日、トニーの仕事が終わってから車に乗り込んで、バッファローまでやってきました。でも最終目的地はもう少し先。さらには国外になります。実はこの週末は、トロント(カナダの一番大きな都市)で行なわれる、マキシムベンゲーロヴのコンサートに行く事になっているの。

マキシムベンゲーロヴは、私にとっては特別なヴァイオリニスト。それまで、クラッシック音楽も何となく聴いていた私だったけど、1997年に彼のことを知って以来、「子供が生まれたらこの人の様に育てたい!」って思って、その後7年間は、彼のCDだけを聞き続けてきたの。(ちなみに7年目の浮気は、パールマンさんでした。)

今振り返るとね、1997年って私にとっては不思議な年だわ。マキシムベンゲーロヴに出会い、その時はまだ知らない人だったけど、鈴木慎一氏が、100才の誕生日を目前に亡くなられた年だった。そして私が正式にアメリカに住み始めたのもこの年。まあ、こじつけと言われてしまえばそれまでだけどね。

さてさて、バッファローで朝を迎えた私達は、早速ローカルファミリーレストランで朝食を頂きました。私達が向かったのは、Original Pancake House   5479 Main Street, Williamsville, NY

我が家では旅行する時には、大抵ビッグブレックファーストで1日を始めることが多いんだけど、ここはそんな我が家の要望を満たす大満足な内容でした♡

朝からどれだけ食べるんだ!と突っ込まれそうですが、ご安心を。全部は食べていません。

手前から、私の選んだ、パンプキンクレープ、その右隣が、綾花の選んだストロベリーパンケーキ、ジャガイモ、スクランブルエッグ、奥のオムレツは、ほうれん草と山羊のミルクのチーズ(フェタチーズ)入り。これかなり大きいんだけど、卵をかなり泡立ててあるので、見た目よりも遥かに軽い口当たりでした。そしてライ麦パンのトースト。

失礼。これ☝私の食べかけのパンプキンクレープ。

私の定番のアメリカンブレックファーストと言えば、トースト、スクランブルエッグ、ハムかベーコンなんだけど、たまには冒険ということと、この季節限定ということで、これにしてみたの。

パンプキンピューレとホイップクリームをミックスしたものをクレープの皮で包んでいましたが、とっても甘いんだろうな、、、、という想像を裏切り、甘さはなく脂肪分が多かったよ。薄茶色の振りかけてあるパウダーもシナモンパウダーでお砂糖ではないの。甘さがないので、一口食べてちょっと安心(何を?)したけどね、脂肪分が多すぎて、1つしか食べられませんでした。旅の途中なので、お持ち帰りも出来ず、なんだか失礼な食べ方をしてしまいました。(ごめんなさーい)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。