自然散策

昨日は、夕方になって一時土砂降りの様な雨がふり、その後はとっても肌寒く晩秋の様な夜でしたが、今朝は気持ちいい青空の秋晴れとなりました。

昨日からお泊りに来ている姪のセラと綾花は、朝からこっちが疲れるほど元気で、家の中にいてもどうにもならないので、市内にある遊歩道のある自然公園に出かけることにしました。

1カ所目は、トウパスと言って、その昔の運河があった川沿いに沿ってある、自転車、ジョガー、歩行者用の散策道を1時間程歩きました。こちらは、来週末トニーが出場するアクロン駅伝マラソンのコースに組み込まれているので、トニーの下見も兼ねての散策です。今日は運動に適した気温で天気もよかったので、沢山の歩行者、ジョガー、バイカー(自転車乗り)が次から次へとすれ違ったり、私達を追い越したり、、、ここにいる限りは、肥満の多いアメリカって言うことを忘れさせてくれます。

トウパスを1時間程ふらついた跡は、車で20分程移動して、ネイチャーセンターへ。こちらの施設は森の中にあって、施設内では、この地域に生息する生き物のことや、その昔この地域が氷で覆われていた氷河期時代のことについて説明されているパネルがあったり、またバードウオッチングルームもあり、窓の外に設置された鳥の餌をお目当てにやってくる鳥達の観察が楽しめます。

 

こちら、長い事餌箱を独り占めしていた、雌のカーデイナル。

 

餌箱の横では、雄のカーデイナルとゴールドフィンチが、雌のカーデイナルが、お行儀よく、雌のカーデイナルが食べ終わるのをじっくり待っていました。カーデイナルはオハイオ州の鳥ですが、実はこの鳥、東海岸だけでも7州位で州鳥と指定されているんです。人気者というか、どこにでもいる馴染みの鳥と言うか、、、、ありきたりとはいえ、雄の赤い色はきれいですよね。

 

このネイチャーセンターの敷地内には、2つの散策道(トレイルコース)があります。そのうちの1つ、チェリートレイルとフェーントレイルの組み合わせ合計1.1マイルのコースも歩いて来ました。森の入り口近くのある、三つ又の木に怪しい物陰が、、、、、、

 

近づいてみたら、チップモンク(シマリス)が木のみをせっせと食べていました。

 

 

 

この時期、シマリスは冬眠に備え食欲旺盛であるのと同時に、冬眠中に目覚めた時のおやつ集めに余念がありません。チェリーコースの一部に、私が勝手に名付けた”シマリスの森”という箇所があるのですが、その辺りを走り回るシマリスのほっぺは皆思い切り膨らんでいます。シマリス達は、ホッペにポーチと言って、大きな袋があり、この袋につめられるだけの食料を詰め込んで、自分の穴に運び込みます。冬は基本的に冬眠するシマリスだけど時折目が覚めるそうです。その時に、秋の間に集めておいた木のみをおやつにするんだそうです。そしてまたお腹がいっぱいになったら眠りに戻るとか、、、、こういう動物の習性って、不思議ですよね。

ところで、シマリスの森と私が呼んでいる場所ですが、ここが特別シマリスが多いわけではありません。このネイチャーセンターの敷地には、どこにも平均的にシマリスが走り回っています。実は、シマリスの森の場所では、シマリスが鳴いて仲間がいるかどうかの確認をしている声がよく聞こえるんです。昨年まで、その声がシマリスのものだと知らずにいたのですが、昨年、このネイチャーセンターの係の人に説明を受けて、声の主が判明したんです。シマリスが鳴く事自体知らなかったので、とっても驚きましたよ。ちなみに、シマリスの鳴き声は鳥の鳴き声の様な声なのよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。