コミュニテイーサービス

この国では、ボランテイアという話は結構耳にしますが、教会に属していないとなかなかボランテイアの機会を見つけにくいもの。この4月に綾花のチェンバーオーケストラグループが招待され、日曜日の教会のミサでバイオリンを弾いた際に、偶然私の音楽仲間がこの教会のメンバーだと知り、その方を通じてボランテイアへの参加をさせて頂くことになりました。

 

実際ボランテイアってどんなことをしているのかというと、毎週1日、低所得者向けに無料で缶詰等の食料品の詰め合わせを配布しています。通称、フードカップボードと呼んでいますが、以下の様な形で、教会に来られた方々に 品物を配ります。

 

 

家族人数によって中身は若干変わりますが、中身はこんな感じ☟

 

缶詰ものがほとんどで、一応 野菜、豆、スープ、フルーツなどを取り入れています。箱のものは、お肉と混ぜていためる様なもの。(こういうの買ったことないので、良くわかんないけど),そしてトイレットペーパー2巻。

 

私はこれらの食品は、教会のメンバーの方からの寄付かと思っていたら、地域のフードバンクと呼ばれる所から購入しているそうです。

 

この基本パックの他に、冷凍のお肉類(大抵はハンバーガー)、バター、季節によっては個人的に寄付して頂いたお野菜や果物、地元のスーパーからの寄付で、賞味期限の迫ったパンや焼き菓子を、それぞれの訪問者の人数に応じて配ります。

 

その他、何でもコーナーから、教会のメンバーが持ち寄った品物(おもちゃ、毛布、化粧品、家電等本当に何でもあります)の中から1つ好きなものを選べる様になっています。何でもコーナーには、☟こんなふうに小瓶にわけた洗剤等もあります。

 

 

そして肝心の私のお仕事はといいますと、その日の状況によって変わって来ます。受付の人が足りない日には、受付係をします。このお仕事は、来訪された方の身元証明を規定通り行い、初めて来られた方の書類作りを行なったりする作業です。書類は教会用に保管する用紙と政府に提出する用紙の2種類があるので、2つの書類すべてに記入漏れがないように注意しなければいけないの。また住所が頻繁に変わる人もいるので、そういう人たちの身元証明を必ず確認しなければいけないんだけど、ホームレスになってしまった方はなかなか正直に言えないこともあって、スムースにことが運ばないこともしばしば。言葉の壁もあって、このお仕事は、ちょっと難しいです。

受付係が十分に揃っている日には、私は大抵裏方で、食品の袋詰めやフードバンクから箱ごと買ってきたハンバーガーを、2枚、4枚、6枚づつわけ小袋に摘めたり、上の写真のように洗濯要洗剤を小瓶に移し替えたり、本当に何でも屋となります。

 

 

 

ちなみに、裏方の部屋はこんな感じで、沢山の棚に食品がいっぱい並んでいます。

今の所私は、食料品配布の日のお仕事のみ参加していますが、食料品が配送される日には、食品を運び入れて棚に並べる作業があったり、基本パックをつめる作業を行う日があったりするそうです。基本パックを作る作業は特に時間が決まっていないので、教会のメンバーが時間のあいている時に来てパック作りをして行く様な感じだそうです。私はたまたま、教会のメンバーでなくてもこういう機会に恵まれましたが、教会に所属するとこのように社会参加出来る機会が与えられるという点では、いいものだなあ、、、と思ったりもしました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。