やどかりワールドでの出来事

我が家には、こんな ☟ やどかりワールドが存在します。

 

毎年夏の初めに出かけるバージニアビーチのお土産屋さんでヤドカリを買っては、冬を越すことが出来ずに死んでしまうので、なんとか長生きさせてあげられないものかと、皆で知恵を絞って練り出した案が、本来ヤドカリが住んでいる環境を用意してあげよう!ということでした。

インターネットや図書館から借りて来た本でリサーチしたところ、やどかりにはちょっと深めの砂地が必要だということや、ある程度の湿気が必要、そして木登りが好きな性格を満たしてあげる為に、上り下がりの出来るものも用意してあげるといい、ということでした。

深めの砂地の砂はある程度の水分を含んでいなければいけないのですが、脱皮する際に砂に穴を掘って、ヤドカリ自らが自分を半分埋めた様な状態にする為です。脱皮状態に入ったら水を飲むことが出来ないので、砂に含まれた水分から 体に直接水分を浸透させるのが理由でアール。

やどかりの脱皮!?と驚きの声が聞こえて来ますが、ヤドカリは脱皮を繰り返して成長する生きものだそうで、小さいものだとかなり頻繁に脱皮を繰り返すということです。なかなか驚きでしょう?

 

また水も飲料用の真水と 体を洗う為の海水を用意しておくことも やどかりに健康でいてもらう為には重要なポイントだそうで、毎朝毎晩、我が家のペット好きが、これらの水を丹念に取り替えております。

ヤドカリワールドには、沢山の貝がありますが、実際ここに生息するヤドカリは2匹で 残りは、この2匹がお宿を変えたいと思った時のための予備なんです。(実は、これまでに天国に旅立って行った、諸先輩ヤドカリの形見であります。)

 

 

 

実は今日の午後、2匹のうちの片割れ ポッパーちゃんが自分のお宿から出て、脱皮モードに入る前の兆候の砂堀を始めました。ヤドカリって宿がないとなんかへんてこな生き物よね。

 

こちらポッパーちゃんが使っていたお宿。もし脱皮がおこったとして、無事に成功した暁には、どのくらい大きくなるのかしら?そして次のお宿はもう決めているのかしら?

ヤドカリワールド、なかなか魅力的でしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。