KOA Kanmp Of America

今回の旅行でキャンプ気分を味わう為に、何度か利用したKOAこと、キャンプ オブ アメリカを紹介しますね。

通常キャンプは、Campと書きますが、CをKに変えてブランド名にしたKOA  こと Kanmp Of America。こちらはキャンプグラウンドのフランチャイズで、アメリカ、カナダの各地に多くあります。アメリカで高速道路を運転していると、☟こんなサインを見かける事があると思いますが、このサインを見たら、近くにKOA  あり!です。

 

キャンプグラウンドと言ってもテントサイトだけでなく、キャンピングカー用のガスと水道線の設備が整っていて、キャンピングカーのでの停泊が出来たり、キャビンもあります。我が家では、テントを張ってキャンプをする程の根性はないので、もっぱらキャビン滞在派です。

 

キャビンにも2種類あって、バスルームと電子レンジがついているデラックスキャビン、ベッドのみのキャンピングキャビンがあります。値段は地域によって変わってくると思いますが、私達が利用したものは、デラックスキャビンが1泊$100程、キャンピングキャビンが1泊$50程度でした。さらに$25でメンバーになったので、毎回の宿泊料金は10%引きになりました。

 

 

 

 

☝こちらは、カリフォルニアのヴァセリアで2泊したキャンピングキャビン内です。クイーンサイズのベッドとツインサイズの2段ベッドで4人まで宿泊可能。ベッドリネン(シーツ等)は用意されていないので、持参します。室内にはエアコンがついているので、暑い夜も快適に寝る事が出来ますが、この地域は湿度が低く、日中の気温に比べ夜間は気温も大分下がるので、窓を網戸にさえすれば快適に過ごす事が出来ました。ちなみに、このキャビン内のレイアウトは、どこのKOA  でも統一されている様です。

キャンピングキャビンを利用する場合、バスルームは敷地内にある共同のものを利用する事になりますが、私達が利用したKOA  はどこでも清潔に管理されていたので、快適に利用出来ました。通常のキャンプグラウンドに比べるとKOA  はお値段が高いと言われている様ですが、女性利用客としては、KOA  のバスルームの清潔さを考えたら、若干高くても選ぶポイントになると思います。

 

こちらは、キャンピングカーで利用している人たちのサイト。こっそり盗み撮りしちゃいました。カリフォルニアでは、テントサイトにドイツの若者達15人ぐらいの団体が宿泊していましたが、彼らは、テント等張る事もなく、芝生の上に寝袋を敷いて雑魚寝状態でした。若者だから出来る技ですね、ちょっと羨ましかったです。そうそう、KOA  で宿泊していて感じたのは、ドイツ人利用者が異様に多いことでした。ドイツの似た様なキャンプサイトとKOA  とで提携しているのかしら?

 

キャンプと言えば野外での料理ですが、私達は携帯コンロと鍋を持参し、料理(と言えるかどうか怪しいのですが)は、鍋で出来るものに絞りました。大抵は、白米とレトルトカレーを熱湯で暖めて、後は地元のスーパーで調達したサラダやフルーツ、インスタントのお味噌汁というのが、キャンプ場での献立となりました。本格的なキャンパーには程遠いのですが、初めての偽キャンプに挑戦した我が家としては上出来であります。

 

そして、アメリカでキャンプと言えば、これ。マショマロを焼いてグラハムクラッカーにチョコレートとサンドして食べるスモアー。これ無しにキャンプはあり得ないのだそうです。

 

この時のために、2月にアマゾンで買ったマショマロステックの出番がやっとこさ、やって参りました♡。

 

 

今年は、異常な乾燥と高気温でアメリカの西部を中心に山火事が多く発生しているため、キャンプ場内といえどもたき火の使用が禁止されていることが多かったのですが、携帯コンロの使用は可能と言う事で、このコンロがとっても重宝しました。焼きマショマロもコンロの火を使用しました。

 

 

マショマロの熱で、板チョコを溶かすのがスモアーの醍醐味だそうで、仕上がりはこんな感じです。これって甘すぎて、出来れば ”ノーサンキュ” といきたいところですが、家族の楽しいひとときを台無しにしてはいけないと、頑張って1つはなんとか食べました。しかし、アメリカーンな綾花とトニーは、さらにもう1つ作って食べていました。さすがです。

 

最後にもう1つKOA  の設備のお話。KOA  では、どこの場所でもKOA  ショップ(コンビニ程度の品が揃ったお店)とランドリールーム、あと90%の確立でプールがあります。ランドリールームは2カ所で利用しましたが、管理しているオーナーの意向に寄るのもと思いますが、1カ所は、スマートカードを$5で借り(返却時に$5は戻ります)、そこに必要な金額を入れて、スマートカードで支払いし、もう1カ所は、アメリカのコインランドリーではおなじみの25セント玉で支払うタイプのものでした。ランドリールームは24時間オープンということで、しっかり支払いの準備さえ整えておいたら、重宝する事間違いなしです。 私は、夜利用したいと思った時には、KOA  ショップが閉店となっていて(大抵8時には閉店します)、スマートカードが手に入らなかったり、コインの両替をしてもらえずで、結局は、朝 大慌てで洗濯することになってしまいました。

 

アメリカでキャンプをしてみたいけど、テント等の備品がないとか、ちょっとキャンプはワイルドすぎる、という人には、KOA  はとってもおすすめです。我が家のメンバーもすっかりKOA  が気に入って、KOA is A OK! というキャッチフレーズまで作ってしまいました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。