大陸横断 Day13 反省会+今日も移動

今回の旅行で2度目となった、ラスベガスでの宿泊。今回はトレジャーアイランドに泊りましたが、特に何が目的というわけではなく、宿泊費が安いからという単純な理由からでしたが、結果的には、食事代が高くつき、車の渋滞、車の駐車、チェックインの際の待ち時間によるストレスを考慮すると、50ドルくらいまで差があっても、郊外のホテルでストレスフリーな時間を過ごした方がいい様な気もしました。 ただ食事は、かなり高かったけど、久しぶりにアジア料理(ベトナム料理のフォー)にありつけて、胃袋も精神もちょっと満足でした。

ところでラスベガスでは、カジノにお金を使ってもらうために、宿泊料金、食事代(特にバッフェ系)はとても安いと聞いていたけど、私的にはちょっと印象が違いました。宿泊代は確かに低めではあるけど、私達の様にキャビン泊などを経験してしまうと然程の差は感じられないし、食事も安い所は内容が貧相で、結局食べたいものを食べるとなると、かなりの金額になってしまいました。はっきり言ってべガスで1回に支払った食費は、通常の旅行期間中に使った食費の2日分くらい。人それぞれ考え方はあると思うけど、我が家にとっては、べガスを外しても良かったかな、、、、と言うのが正直な所です。

べガス泊に関する愚痴もここまで、、、今日は、300マイル程離れたアリゾナ州のキャメロンという街を目指します。途中フーバーダムがあるので、そちらも見学したいと思いながらべガスを後にしました。

今日の移動は高速道路93号線をひたすら東に走るのですが、フーバーダムは、途中93号線を下りたあと、ほぼ93号に平行して走るダムに向かう専用の道を通り抜けると、また93号に乗れるという風に地図上では示されていたんです。だから見学時間を1時間程加えてもいいかなと思っていたんだけど、実際現場へ出向いてみると、なんとダムへの専用の道路は、ダムの見学が一通り終了する地点で通行止めとなっていて、通り抜けが出来ない事実が発覚。ということは、93号線に乗るのに、また来た道を戻らなければいけない、、、、+駐車場の混雑状況と、見学の人の行列の風景等も加わって、すっかりやる気0(ゼロ)。

ということで、ここでの思い出は、移動の車窓から写した写真のみ。

もうちょっと我が家のメンバー全員に忍耐力があって、駐車スペース探しに時間をかけ、照りつける日光も我慢出来たら、迫力満点なフーバーダムの写真を紹介出来たんだけど、まっここは、”我が家が見たフーバーダム”ということで、、、

フーバーダムは、ネバダ州とアリゾナ州にまたがった場所にあるので、ダム見学中に2州を行き来することが出来るの。そして、ネバダ州は大西洋海岸時間帯であり、アリゾナ州は山脈時間帯であるので、2州を行き来すると時間も1時間ずれる、、、、はずなのですが、アリゾナ州は夏時間を採用していないので、アメリカの夏時間期間(3月中旬から11月上旬)は、時差無し、なのよね。こうしてわざわざ各州の時間を表示した時計を隣り合わせに設置したのには、やはり、「あー、1時間戻った!」「あー、1時間損した」 等という話題を楽しませるねらいもあったと思うんですが、これが出来るのは、1年でもたったの3ヶ月ちょっとなのよね。まあ夏時間期間がここまで長くなったのは、最近のことだから、昔は6ヶ月くらいは、この話題で盛り上げられたって感じかな。

ところで、どうでもいい話なんだけど、このダムにお勤めの人たちの出勤時間は、どちらの時間を使うのかしら? もし私達もツアーに参加していたら、ツアー時間の表示なんかも、「アリゾナ時間で、、、、、」とか書かれていたのかな? ちょっと気になる所です。

こちらダムの上流に当たる貯水湖。水の色がとってもきれいでした。

ダムの建設に関わった人の模型? 日本でも黒部ダムなど、建設の際に多くの労働者の貴重な命が犠牲になったということで、慰霊碑が建てられているけど、ここでもそんな感じのモニュメントらしきものがありました。

ダムの見学を済ませた後は、93号に乗る為に、来た道を戻ります。これさえなければ、、、、、、、ダムの見学がしっかり出来たのに、、、、と思いつつも言葉には出さずにいました。なぜかって? この時点でね、我が家のメンバーはかなり旅の疲れが出ていて不機嫌だったので、こういうネがテイブな言葉を発すると、負のスパイラルに陥ることになるのよ、、、狭い車内で行動を共にしなければいけないので、先が読める場合には、やはり問題は回避するに限るのが大事でしょ。

93号に無事戻ったら、今度は本格的に長距離走行に戻ります。真っ平らなりにも所々地殻の盛り上がったところがある風景をひたすら眺めておりました。ちなみにアリゾナ州の高速道路のスピード制限は75マイル(約120キロ)ということで、目的地も若干は早くやってくるかな、、、と思ったけど、そんなことはありませんでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。