大陸横断旅行 Day6 アーチーズ国立公園

グレンウッド温泉で2日間の休息をとったところで、今日からはハイキングの旅の開始です。 まず今日の目的地は、ユタ州のアーチーズ国立公園。こちらは砂漠地帯にあり このところの日中の気温は、40度にもなるようです。子供連れで無茶な計画かもしれないけど、今回の旅で私が特に楽しみにしているのがアーチーズなので、どうしても外せなかったの、、、、 アーチーズ国立公園に一番近い町、Moabに到着したのは午後2時ごろ。この時点での気温は38度。車での移動時間が長いため、相当退屈で不機嫌になってしまった綾花をなだめるため、遅めのランチは綾花の選んだマクドナルドで。久しぶりにフィレオフィッシュを食べました。昔は、とっても好きだったのに、今では「こんなものの、どこが美味しい?」と思いつつ完食。

まずは、今夜のお宿のKOA(Kamp Of America)にチェックインして、ハイキングの計画を練る事に、、、ところで、私達が今回宿泊するKOAは、キャンプグラウンドのフランチャイズみたいなもの。テントサイトのほか、RV車の宿泊施設、そしてロッジの3種の宿泊が可能です。私達は、テントを張ってのキャンプにはまだまだ修行が足りない身なので、ロッジを借りましたが、これがまたなかなかいい感じ。KOAについては、改めて別の機会にお話したいと思います。

さて、一番の目的のアーチーズ国立公園のハイキングですが、子連れに一番心配な気温は、午後5時まで上がる続けるもよう。最終的には40度まで上がるという。この公園はなんと24時間オープンしているので、夜間のハイキングも可能だけど、慣れない土地の夜歩きもちょっと心配。ということで、4時半から出かけてみて、子連れにおすすめの、短距離トレイルコースをいくつか選んで歩くことにしました。

最初に訪れた バランスロック は、駐車場を下りて直ぐに見学可能。公園案内では、5分程歩けばもっと近くまで行けるとの事だけど、遠慮がちな?(怠け者ともいう?)私達はトレイルの入り口での記念撮影でOK!

第2のハイキングは、Sand Dune Arch。こちらには往復15分で可能と書かれてありましたが、大きな岩の間を通り抜けて行くデザインだったので、ハイキングの80%は、日陰内という事もあって、この時期の子連れにはとてもおすすめのコースです。コースの名前もSand Dune という事だけあって、足下は深い砂場が広がります。ここで出会った、小さな子供を3人連れたケベックからやって来たファミリーは、この自然の壮大な砂場で、子供達を遊ばせていました。贅沢な子供達ね。 この日影のトレイルは、不機嫌な綾花の気持ちをすっかりなだめてくれ、クライミング出来そうな岩場を見ると、早速ロッククライミングに挑戦していました。綾花は小さい時から、人口のクライミングボードなどみると何時間も楽しんでいる子供でしたが、ここでは、自然の、しかも滑りやすい岩場 。真剣に取り組まないとかなり危険なので、かなりの集中を要しますが、その分達成感もひとしお。

上の写真のアーチの上までは、かなり滑りやすくて急な岩場を上らなければならないのにも関わらず、心配するトニーのエスコートでなんとか上りきっていました。でもトニーと綾花の感想ではは、登る時より下りる時の方が恐かったと、、、後のことを考えず登ってしまったら、こわいな、、、ちなみに、この公園内では、携帯は使えないので、万が一事故にあったら、自分でなんとかしなければいけないのよね。

日陰から出ると、日差しは肌を焼き付ける様な強さなの。ここの太陽は、沈む瞬間までじりじりと来ました。そして、お日様が沈むと、急に肌寒くなり、Tシャツだけではいられないの、、、、、初めて体験する砂漠気候に感激。結局、Sand Dune Archの見学後は、家族の記念撮影をとる為のバックグラウンドを運転しながら探して、1枚、カシャ!ということで、お泊まりのロッジに引き返しました。

ロッジでは、初の野外でのお料理に挑戦と、言いましても お湯を沸かして、レトルトカレーをあたためただけなんだけど。キャンプでおなじみのカレーと、スーパーで調達したサラダ、フルーツを食べながら、壮大な岩の向こうに沈んで行く夕日を3人で眺めながら、しばしの時間を過ごしました。

このアーチーズには、まだまだ見たいものがいっぱいありますが、この気候と綾花の年齢(忍耐力のなさ、自然にありがたみを感じない)を考えると、明日再度挑戦は出来そうにないので、トニーと2人、綾花が高校を卒業した年の秋に来ようね、と約束した次第です。

*後日記ですが、アーチーズ国立公園は今回の旅の中で最も感激した場所でした。グランドキャニオンも壮大ではあったけど、展望台から眺めるスタイルと違い、実際にその場を通過出来ると言う点で、感動の度合いが違うんだと思う。私はアーチーズの大きな岩を目の前にして、つい涙してしまいました。若い頃から色々旅して来た私ですが、こんな経験初めての事よ。その感動を、ちょっとだけお裾分け☟

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。