Summer Home Schooling

今年の夏休みは、学校が終了したその翌日から、いきなり1週間のバケーションに出かけたので、一息つく間もなかったのね。だからバケーションから戻ってこの1週間は、特に前半は本当にだらけきっていたの。おまけにもの凄い暑い日が続いたので、綾花も連日、近所に住むいとこの家のプールで泳いで、そのついでにいとこの家にお泊まりして来たり、いとこを我家に連れて来たり、なんだかわけの分からない1週間だったわあ。

でもね、今日は心を入れ替えて、学校教材を扱うお店に出向き、この夏の家庭学習のテキスト等を探して来たの。

今年の夏、綾花が特に気合いを入れているのは、手話なの。過去2年連続で、毎年夏に図書館で提供してくれる、初心者手話のコースをとって、アルファベットやいくつかのボキャブラリーを覚え、また一人でインターネットでリサーチして色んな単語を学んでいたりしていたので、一応 手話教室を探してみてあげたんだけどね、初心者向け以上のものは見つからず、また時間的経済的な事も考えたら、自宅で出来るものがいいかな、、、と思って、DVD付きの教本を買ってみました。この夏には、もう一度 車での長距離旅行を予定しているので、その際に車内で学んでくれたら一石二鳥だな、、、、と密かに企んでいるの、ふふ。

その他はね、旅行先の地形や自然について学べる地理の教本と、英語と日本語の文章読解的なもの。日本語のはね2年生用、英語のは5年生用。(すごい差でしょ)実はね、英語は、4月に学校で受けたオハイオ州の基準テストみたいなものの結果では、英語の文章読解能力は12年生レベル(高校3年生)と出たのよ。この結果ってかなり疑問な点が多いんだけど、ライテイングのクラスは学校でも来年度は、ギフテットクラスといって、成績の優秀な子供向けのクラスに入れてもらえる事になっているの。それに比べ、日本語の読解能力、作文能力は2年生用でもきついのは、私もちゃんと保証出来ちゃう程(やる気の問題って言うのもあるんだけど)。日本語に関しては、2年程前から、今まで身につけたものを保持する、という方針に切り替えたので、これからも万年2年生だわ、きっと。(笑)

あ、あとこの写真には写っていないけど、もちろん算数ドリルもあるのよ。綾花はトニーに似て、かなり理系よりな頭の構造をしているので、算数やっているとかなりリラックスするの。我が子ながら、この脳の構造は理解できないなあ。こういうのってやっぱり環境ではなく遺伝なんだよね。トニーの家系を探ってみると、数十人に一人は数学がめちゃくちゃ強い人がいるの。そのうちの一人が大学生のいとこのお兄ちゃん。アンデイというそのいとこはね、今コーネル大学で超ハイレベルな数学のコースをとっているんだって。私には、超ハイレベルな数学といわれても良くわかんないけど、そのお兄ちゃんと綾花は、めちゃくちゃ話が弾むっていうのもちょっと恐い、、、、

ちなみにね、綾花が好きな算数って言うのは、公文式みたいに計算をひたすらするって言うものでなくって、論理的に物事を解決したりパターンを解いたりっていうもの。算数というより数学的な事なのかな。だからね、計算するのはめちゃくちゃ嫌いなのよ。100マス計算なんて、用紙をあげた時点でかなりのブーイングだわ〜。(そんな結果の分かるチャレンジを、私もしないけどね)

ということで、この様なものを揃えて、だらけそうになる私と綾花の心に鞭を打つ様にしてこの夏は過ごす予定なの。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。