Cape Henry Lighthouse

今日は、天気はいいのだけれど、ビーチは強風と高波のため、遊泳禁止の印の赤旗が立っていました。ということで、残念ながら、ビーチでの時間はお預けです。 朝一の浜辺のお散歩の時には、風で飛んでくる砂が足にあったって痛かった(涙)

そこで、私達の滞在するサンドブリッジビーチから車で40分程離れた所にある、ケープ ヘンリー ライトハウス(灯台)を訪ねてみる事にしました。何度もサンドブリッジにはバケーションで来ているものの、この灯台に行った事のある人は誰もいなく、私達が1番目の訪問者と言う事になります。ちなみに、今回のバケーションでは、綾花のいとこのJJとマシューを預かって来ましたので、このボーイズ達も一緒に同行です。

チェサピーク湾の入り口に立つCape Henry Lighthouseは、軍関連の基地内にある為、防護兵のいるゲートにて簡単な審査と車内の検査があり、そこで写真のようなアクセスパスを発券してもらいます。このパスがあっても、観光者が通れる道は、灯台に向かう道1本だけ。まあ、本当に1本道なので間違ってどこかに行くってことはあり得ないので、特に心配する事もありません。

☟現役を引退して、観光用として残されている、第一の灯台。この灯台は、1792年にアメリカ建国後初めて国によって立てられた灯台だそうです。

てっぺんのガラス張りの展望台まで階段を上って行く事が出来ます。このガラス張りの部屋は1953年のハリケーン、バーバラによって吹き飛ばされ、今あるものは、その後修復されたものだと言う事です。

第一の灯台の展望台にて。☟

砂丘の上に立てられた第一の灯台の基礎が危うくなったということで、1881年に第2の灯台が 第一の灯台より海に近く低い場所に立てられました。1983年には完全に自動作業されるようになり、今でも現役で使用されているため、こちらの灯台内の見学は不可能です。☟

こうして写真を見てみると、灯台って夏らしい風景ですよね。