歴史から何も学ばない

福島第一の原子力発電所爆発に寄る被害、環境汚染は、かなり深刻な状態だと思う。太平洋を挟んだアメリカの西海岸では、3/11以降の流産の比率がかなり上がっているという。放射能に寄る汚染は、目に見えるものではないし、アメリカ西海岸で起こっている現象が「放射能の影響に寄るものです」という確実な証拠もないだけに、「福島原発とは関係なし」と言ってしまえばそれまでだ。

でも、日本国内、とくに福島近辺の人々にあらわれている症状は、原発とは無関係と言えないはずがない。脱毛、原因の分からない水ぶくれ、ぼろぼろになって、やがて抜けてしまう歯、、、、、これをストレスのせいだと言い切ってしまっていいのかしら? 福島原発周辺の市町村で、これまでに例のない程のお葬式の件数があるという事実は、単なる偶然なのか? チェルノブイリという前例があって、放射能汚染に寄る被害について数ある情報は、いったいなんなのかしら? 歴史から何も学ばない、、、いやいや、あえて学ぼうとしていないように見えるけど。

権力も資金力もない私、、、、苦しんでいる人の何の力にもなれないけど、なん年か先、重大な罪を認めざるをえない状況になるはずの原子力村に関わる人々の犯している犯罪の目撃者として、今起こっている事をしっかり見届けるつもりです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。