Ayaka’s Earning

かれこれ習い始めて2年程経過する綾花の乗馬レッスンですが、今のステーブルに移って丸1年を迎えました。いやあ、片道40分の運転とレッスン中の1時間の暇つぶし、私もトニーもよくがんばっているわ〜。(笑) 習っている本人は好きなことだから、頑張っているのではない、楽しんでいるのだ。

で、先日の日曜もその前の週に引き続き、子馬のローマンに騎乗。(くわしはhttps://blog.emitony.com/2012/03/17/https://blog.emitony.com/2012/03/17)

ところが、頑固なローマン(馬の世界では、小型の馬やポニーの方が気性が荒いというのは、常識らしい)、1週間前にレッスン馬としてデビューしたものの、人を乗せて歩くことに拒否反応を示し始め、騎乗者が乗馬して、「さあ歩け!」とお尻をペンペンすると、バックトと言って両後ろ足で蹴り上げる反応を起こすというのだ。まだまだ乗馬馬としての経験が浅いので、完璧に訓練されている訳ではない。しかもミニチュアホースだけあって、騎乗者の体重制限があるので、先生自身が訓練することは出来ないため、訓練もなかなかすすまない。

そんな暴れ馬なローマンですが、綾花はローマンへの騎乗を楽しんでいる様子だったので、先生からある相談をうけた。 それは、通常のレッスン以外に 綾花に週2日くらいの頻度でステーブルに来てもらい、ローマンの訓練を手伝って欲しい。というもの。もちろんこのお手伝いの際は、レッスン料を支払う必要はない。支払うのは、私の労力と忍耐力のみ。綾花にとっては、棚からぼたもちな提案だ。私が先生にどんな返事をするのか、目を輝かせて見守っている。あれこれと頭の中で考えたけど結局は、宿題の量にも寄るけど、週2日、放課後にこちらに綾花を連れてくるということになりました。

レッスン後の車の中で、I earned my teacher’s trust! と誇らしげに綾花は語る。確かにそうね。これまで乗馬する機会は有料のレッスンだけだったけど、先生のお手伝いという形で乗馬出来る様になったわけで、これはやはり、綾花がこれまでのレッスンを通じて築き上げた信頼の結果なんだよね。ま、私達夫婦も送り迎えなどのサポートはして来たけどね。

今はちょうどバイオリンも一段落ついている時期だし、学校の宿題の量も(諸先輩方の話では)少なくなり始める頃だし、乗馬馬育成の訓練のレッスンと思って、運転と待ち時間は、快く引き受けよう。これもそういう運命なのか、ちょうど興味深い本を友人に借りたところなので、待ち時間に読めるではないか! それにものは考え用で、もし綾花がもう少し年をとっていて体重が重くなっていたら、ローマンへの騎乗は無理な話で、ある意味すべてがグッドタイミングなんだよね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。