私の健康食品

昨年の夏、夏バテに寄る消化不良を起こして以来、我が家の食生活には大きな変化がありました。

まずは、肉の接種がかなり減り、生の野菜を多く取る様になりました。また炭水化物の接種もかなり控える様になりました。これは、特に何かのダイエットとかそういうものでなく、体の欲するものを食べる様に心がけた結果です。消化不良を起こして2日間嘔吐して、胃の中を空っぽにしたあと、頭で「何を食べた方が良い」と考えるのではなく、体に「なにを欲しているの?」という感じで呼びかけてみたところ、フルーツとかキュウリとか、、、そんなものを欲したんです。空っぽの胃の中に入れたブルーベリーが、体に染み渡って、私の体の一部になっていく感覚を覚えたとき、食べるってこういうことなんだ、、、、と感動したものです。

 

それ以降、ずーっとというわけではないけど、たくさんの生野菜、少量の炭水化物、フルーツ、ハーブのお茶などを中心にした食生活を続けています。そしてこの習慣は私だけでなく、トニーも綾花も(彼女には、ご飯、パン、お肉類は適度に取らせていますが)続けていて、トニーは運動を始めた事もあるけど、8月以降25キロも体重が落ちました。ちなみに私は、2キロだけ、、、、

 

そんな我が家の冷蔵庫の中の常備食と言えば、これ

フレンチレンズ豆を発芽させたもの。 右側は発芽前。お豆を水に浸して48時間程すると、しっぽの様な芽が、ぽちっと出てくるの。芽が伸びなくても、この状態で十分に発芽しています。

豆類には、大変栄養があると言われますが、乾燥した状態では、その栄養化も眠っているそうなんです。乾燥豆が発芽しない状態のときは、栄養分を冬眠させる様な成分を出して冬眠状態になるそうで、この状態で食べても、栄養分がしっかり取れない、どころか 豆を冬眠させる成分がガスとなって、おならを出しやすくするんだって。メキシコ料理には豆料理が多いけど、メキシコ料理を食べるとおならがいっぱい出るって、言うでしょう? では、豆類の栄養価を100%接種する為にはどうしたら良いのかというと、発芽させることなんですって。そんな訳で、乾燥豆は水に浸して発芽するまでおいた方が良いということを、どこかのサイトで学んで以来、このフレンチレンズ豆を発芽させて食べているの。発芽させた豆は、沸騰したお湯で1分程湯がいて、その後冷水につけます。我が家では、その状態の豆を タッパーにいれ、常に冷蔵庫に常備しています。

朝食のおかずにスプーン1,2杯をぱくっとそのまま食べたり、サラダに入れたり、タマネギとトマトのみじん切りとまぜて、リンゴ酢でまぶして頂いたり、、、、、☟こんな感じ

そうそう、リンゴ酢(Apple Cider Vineger)も、我が家ではかなり重宝しています。ここ数年、私は 市販されているドレッシングのほとんどに、アレルギー反応というか、頭痛を起こしてしまうので、我が家ではドレッシング手作りものしか使わないの。そのドレッシングでメインに使うのがリンゴ酢とごま油。ちなみに綾花はドレッシング嫌いなので、野菜は大抵そのまま食べてます。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。