バグダッドカフェ

カリフォルニアにあるモハビ砂漠の事について調べていたら、20代の頃に見た映画「バグダッドカフェ」の舞台がモハビ砂漠だったという事実にたどり着いた。 余りの懐かしさに思わず、ネットフリックでサーチしたら在庫にあったので、即見てしまいました。

20代の頃見た時は、アメリカの土地勘や人種の事も良くわかんないし、大人の事情も良くわからないおこちゃまだったので、その時の評判に巻かれて感激する様な感じだったけど、こうしてアメリカに暮らして、何となく土地勘みたいなものもついて、ある程度の大人の経験も積んで改めて見てみると、感動というよりは、時折胸が締め付けられ、時々ほっとして、ああ、、、って感じの映画でした。こういう心の動かされ方ってアメリカっぽくないな、、、、と思ったら、これ西ドイツ映画だったんですね。

”西ドイツ” っていうのがこれまた今ではもう聞かない国名。この映画の製作は1980年代後半で、東西のドイツが統合したのは、1990年のこと。実は、私がヨーロッパ貧乏旅行をしている時に、ベルリンの壁が崩れたんです。あー私も一昔前の世界を語れるお年頃になってしまったのね、、、、、。

なんだか、センチな気分になってしまったわ、、、、

そういえば、高校時代によく映画を一緒に観に行った仲良しのDさん、最近音信不通だけど、元気にしているかな。今夜は、この映画のせいで過去に引き戻されてしまって、ちょっと母国シックな夜だわ。なんだか一人淋しくなって来たので、もう寝よう。おやすみー。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。