9歳児 〜自分探し〜

ここ数ヶ月、鏡の前に立って 髪を整えたり色んな表情を作ったりして何十分も過ごす事が多くなった9歳の綾花。そろそろ自意識というものが芽生え始め、他人からどのように見られているのか、、、なんて言う気持ちに支配される時期に入りつつあるんだろうな。

こんな最近の綾花を見ていると、ノーマンロックウエルさんの作品「鏡の中の少女」という絵を思い出してしまう。雑誌の中のビビアンリー(多分ね)の写真と鏡の中の自分を見比べている女の子。この子も、綾花と同じくらいの年代なのかしら? この絵の描かれたのは、多分1950年代だと思う。それから60年経過した今でも、綾花ぐらいの年頃の女の子達は、鏡の中の少女と同じ様に、鏡を覗き込んでは、自分ってなんなのか?の不思議な時期を経験している。時代はかわっても変わらないものがあるって、なんかちょっと安心。

そういえば私も、小学校高学年の頃、頻繁に鏡を覗き込んでいた時期ってあったような、、、いやいや中学生になってからだったかな、、、

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。