50日チャレンジ

今更夏休みの話をするのもなんですが、、、、、、、、、、

この夏休みに、バイオリンの先生から 学年年齢を問わず 全生徒に出された課題がありました。それは、「50日間練習すること」。 この50日間というのは、ほとんどの生徒の夏休みが始まった、6月1週目から8月17日までの2ヶ月ちょっとの間の50日という事です。

当初、余程の事がない限り毎日練習をする綾花なので、まあ軽くこなせるでしょう、、、なんて思っていたのですが、夏休み開始直後,1週間私とトニー抜きでファミリーヴァケ−ションに出掛け、その間は、もちろん練習なし。そして、8月には、2泊3日のホースキャンプを予定していたので、必然的にこの3日間も練習は出来なくなります。日本に出掛ける前に、改めて残された日数を計算してみると、日本滞在中も、その後に予定していた旅行中もほぼ毎日引き続けないと、とても50日間は、終わらせられない事に気がつきました。

という訳で、日本滞在中の時差ぼけ中、国内旅行中も常にバイオリンは視野に中において、時間を見つけ出しては、毎日頑張って練習を続けました。特にあの暑い日本の夏は、バイオリンをあごで押さえるのがとても不快に感じられるもので、布切れをバイオリンに置いて汗を吸い取りながら練習したり、デイズニーランドで遊びまくったその日の晩も、ホテルで隣の部屋を気にしつつも弾いたり、日本から戻った後の昼夜逆の生活中でも、トニーの睡眠を妨害するのは分かりつつ練習したりと、、、、、意外にも、夏休み中の練習というのは、こういうチャレンジを与えてもらわないと、案外妥協しがちな状況が多いことに気がつきました。それでも、目標の50日間は、締め切りの3日前の8月13日に終わらせる事が出来ました。

先週は、全生徒がこの結果を先生に報告する事になっていたのですが、約35人の生徒の中で50日間の練習を達成出来たのは、わずか5人という、私達の想定外の結果でした。我が家では、まあ、だいたいの生徒は出来ているはずだよね、、、ということで、50日終わった時点でも、「おおー終わったねー」程度の褒め言葉だったのですが、案外大きな達成だったんですね。バイオリンの練習に関しては、始めた当初から、日常的なもの(食事をとる事と一緒)としてきたので、練習をしたからどうのこうの、、、、というスタンスは、我が家にはないのですが、今回は、ちょっと特別扱いしてあげようということで、兼ねてから欲しがっていた、TWINKLE  TOES という スケッチャーズのつま先がキラキラしたデザインのスニーカーをプレゼントしてあげました。

☝目標を達成するにあたって、先生から与えられたチャレンジカレンダーに、練習を行なった日を書き込んで、好きなシールを貼っていきましたが、日本にいる間は、ペコちゃんチョコのおまけのシールを貼ったり、デイズニー土産のシールをはったり、貼ったシールでその時の状況が思い出されて、なかなか話のネタになったりしています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。