食生活の見直し

旅行、自宅滞在を繰り返したこの夏は、本当にめまぐるしく過ぎて行きました。特に7月のヴァージニア旅行は、我が家のお気に入りの滞在型ではなく、高温警報が発令される程の高気温の中の、移動型でアクテイビテイーの多い旅行だったので、身体もかなり参ってしまいました。

実は、この旅行中の食生活がひどい物で、日本から帰ってきたばかりの身体には、相当な負担がありました。旅行中は外食せざるを得ないのは仕方ないのですが、この旅行先での外食の選択肢がファーストフードに近いものばかりだったんです。この為旅行の最後の辺りから、私は体調を崩して、旅行後2日間、どんな食べ物も受け付けられずにいました。こんな経験があったので、食生活について改めて考えさせられました。

この経験後しばらくは、肉類を控えた生野菜中心の食生活に切り替えていました。この時期は、ファーマーズマーケットやわずかだけど、家の庭から取れた野菜を食べられたので、食卓もとってもカラフルでした。そして旬の物って、本当に美味しいという事も実感。我が家では、生の野菜のドレッシングはオリーブ油、潮,胡椒程度のみで食べるのですが、噛むごとに本来の野菜の味が口の中に広がって、”これがお日様の恵みなんだなああ、、、、、”なんて実感しながら頂いていました。

そんな事を実家の母に伝えた翌週、”ぬかどこの素” なるものが送られてきました。実家のぬかどこを見る度に、「アメリカでもぬかどこ作れないかなあ、、、」なんてつぶやいていた事もあって、スーパーで見かけた、水を混ぜるだけで作れるぬかどこのもと、なる物を探し出してくれたんです。有り難いものですね。

今では、ぬか漬けのお野菜達は、我が家の食卓の定番になりつつあります。見た目はちょっとグロテスクですが、ぬか漬けの味は、日本のおばあちゃんの家で十分に楽しんでいる綾花なので、「日本の味がする〜」といって、ぱくぱくと食べています。最近は、アメリカでもactive culture(乳酸菌や麹菌などの生きた菌のこと)が何かと話題になっているので知識だけはあったものの、身近な食べ物ではないと思っていたトニーは、これがactive culture foodなのかと、感嘆。ぬか漬け1つで、我が家の食卓での会話は、身体に良い食生活についての話題で盛り上がり、また家族3人でスーパーへお買い物に行く時にも、様々な食品を吟味して選んだりと、楽しい話題を与えて頂いています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。