ヴァージニア旅行2〜5日目 ポニースイム

 

 

本日は、今回の旅行のメインイベント ”ポニースイム” が行なわれる日です。

ポニースイムは、毎年7月の最終水曜日に行なわれます。実際にポニーが海渡りをする時間は、その日の潮の満ち引きによるので決まっていませんが、イベント2日前におおよその時間が決められます。ここ数年は早朝に行なわれる事が多かった様ですが、今年は午後1時に決定。ここ数日、猛暑警報が発表されていて、日中の気温は36度近くまで上がります。この暑さの中、場所取りなど考えると10時くらいから座り込んでいなければいけないことを考えると気が重くなりますが、ここまで来てスイムを見られないなんてあり得ないので、やるしかないっす!

 

馬で成り立っていると言っても過言でないこの島では、ポニースイムの日は、多くの島人がボランテイアでイベントに関わっていました。島と、カウンテイーから借りてきたスクールバスが交通規制のかかった島内を、くまなく走り回ります。運転手も、バスに必ず一人いる案内人も、交通整備も、バス乗り場での整備係もすべて島人で、ポニースイムの関する事から島の裏話?まで、色々なお話を聞かせてくれました。観光客でありながら、島の生活が身近に感じられる経験でした。

 

さて、朝食を済ませた私達は、ホテル近くから巡回バスに乗り込み、10時半にポニースイムの鑑賞可能な公園に到着ししました。その後私は、キャンピングチェアーと傘をさして座り込み開始。トニーは綾花のお供で、木陰にある遊び場に行って時間まで綾花を遊ばせる事に。結局スイムは、1時10分頃に開始になったので、私は、36度もの猛暑の中2時間半以上も座っていました。それでも傘があったのでかなりましでしたが、周りには、帽子もなく座っている人が多く、日射病にならないか、人ごとながらかなり心配してしまいました。

 

こちらのスイムの写真は、チェンカテイーグのB&Bのサイトからお借りした物ですが、アサテイーグ島からチェンカテイーグ島までの海中を、こんな感じで馬達は泳いで渡ります。

http://www.youtube.com/watch?v=sH0RtP9aERI

 

☝こちらは、よそ様のビデオですが、今年のポニースイムの映像がご覧頂けます。

で、、、、、私達が実際に見たのは、

こんな感じ。森と草原の境に茶色っぽい線がありますが、これが海渡りを待つ馬達。海渡りも、会場のスピーカーからの解説を聞かないと、何が起こっているのか分からない状態でした。上のリンクのビデオの方は、水の中に足をつけての待機にトライした様で(ここは、蚊が多いのと猛暑で、ホテルの方にはすすめられませんでした)、かなり近いところから撮影されていて、いい感じですねえ。こういう方のビデオを見られるのは、有り難いですねえ。

綾花は、トニーに肩車してもらって、人ごみの中から一段高いところから眺める事ができました。こんなに遠くからしか見られなかったけど、「この場にいられる事がとても幸せ〜♡」と感激していました。その一言で、ここまでの道のりも、猛暑の中の場所取りの苦労もすっかり忘れてしまいました。

海渡りの後、馬達は1時間程の休憩時間を経て、今度は島の反対側にあるオークション会場まで、街中の道路を歩いて行きます。こちらもかなりの見もののようですが、この暑さでかなり参ってしまった私達は、ホテルに戻る事にしました。このイベントを目的にここまで来たわりには、綾花も「ホテルに帰って、プールでおよぎたい!」と、まあそんなもんです。それにしても、馬好きな娘に導かれた、何とも貴重で感激な体験でありました。