デルタスカイクラブの活用

当初の予定では、今回の帰りのフライトでの待ち時間は6時間3分と言う事でした。12時間のフライト後の6時間待ちは、余りにも過酷すぎる。 私達の購入したものが格安航空券ということで、事前にフライトを変更する事は不可能だったので、日本からアメリカに戻った際、空港のカウンターでの交渉にかけるしかなかった。結果は、交渉が驚く程簡単に成立し、待ち時間はたったの1時間半でした。

ところで帰りの便のアメリカへの到着時刻は朝6時という、何とも不都合な時間。この不都合で長時間な待ち時間をどうやって過ごそうか考えた結果、今回の作戦は、デルタ航空のスカイクラブのラウンジを活用する事にした。ラウンジへの入室は、クラブ会員メンバーかビジネスクラスを利用の人のみということで、事前にクラブ会員になることに。 このクラブ会員にもいくつかの種類があって、1年、3年、1回利用メンバー、30日メンバーと必要に応じて色々用意されている。当初は、綾花と2人で1回利用券(1枚$50)を2枚購入しようと考えたけど、色々調べて行くうちに、30日間メンバーというのが結構使えると分かった。30日間のメンバーの申し込みは、インターネットで行い、申し込んだその日から30日有効なので、帰りの日程を考慮して申し込みをする必要がある。 30日間メンバーの大きな利点は、メンバーが入室の際、2名までのゲストを連れて行ける事だ。なので、私がメンバーになれば、綾花は無料で入室が可能。値段も$90と、1日メンバーを2枚購入するよりも安い。しかも、30日間何度でも利用可能なので、行きも帰りもラウンジの使用が可能!

この$90が高いかお得かは、各自の価値観に寄るものだと思うけど、我が家においては、使って正解!でした。 行きの便でも待ち時間は2時間半あったので、空港レストランで食事をした後は、即ラウンジに。ここでは、おつまみ程度のスナック、飲み物(ソフトドリンク、アルコール共に)、ヨーグルトなど無料で頂けるし、何はともあれ、綾花を一人残して化粧室にいっても、急がずにのんびり時間を過ごせる。使用こそしなかったけど、ラウンジの場所によっては、シャワーも使える。ちなみに綾花は、ラウンジ内の心地よいソファーに座って、私の持ち込んだMacBookで映画を観ていました。そして一番有り難かったのは、ラウンジ内にあるカウンターで、乗り継ぎ便の変更を相談した所、即、次回の便に変更して頂けた事だ。また、私に限って言えば、待ち時間の時間つぶしがてらの衝動買いが無かった事が、一番良かったかもしれない。

空港でのラウンジの有効活用、乗り継ぎ時間の長い方には、是非是非おすすめです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。