成田空港ー羽田へ移動

今回私達が利用する航空会社は、デルタ。デルタ航空は3月から一時停止していた羽田便を6月から再開させ、私達の帰りの便は羽田空港発になります。米国行きの羽田便は、どこの航空会社も早朝便が多く、私達が利用する 羽田ーデトロイト便の出発は、なんと朝6時50分。という事は、遅くとも空港には4時50分には到着していなければいけない。なんと、過酷な、、、

 

そしてこんな事態を共有出来る友人がいた。アメリカで仲良くしてる台湾人のお友達が、やはり里帰りで台湾を訪問中なのだけど、そんな彼女から先月終わり頃メールが届いた。 彼女はアメリカン航空を利用して台湾に里帰りしたのだけど、帰りの便が何とも複雑で、台北ー成田 翌朝の便で 羽田ーアメリカ という。 日本の空港事情が良くわからないので、成田ー羽田をどうやって移動したらいいのか、宿泊先はどこがいいのか? 子供2人連れて、大きな荷物を運ぶのには、どうしたらいいのか、、、、、、次から次へと湧いて出てくる彼女の質問を読んでいるうちに、本当に気の毒になってしまった。幸いなのは、今回は私も羽田便を使うので、利用者の立場として、羽田空港についてなにかとリサーチしていた事でした。 そんなこんなで、成田空港事情、羽田空港事情、ホテル(早朝の空港までの送迎がついているもの)事情など、私が知っている事をすべて、メールで伝えた。

そして今晩、夕食を済ませて 「さー花火をしよう!」なんていた時に、その友人から電話があった。午後5時に成田に到着、そして7時半頃、羽田のホテルに無事到着したと。一番心配だった重たい荷物の移動は、空港の係員が運んでくれ、とても助かったことや、荷物を運ぶカートをバスに乗る直前まで使える事にも感動、そしてお世話になった空港係員は、チップを全く受け取ろうとしなかった、、、と不思議そうに言っていました。台湾では、通常の生活ではチップは必要ないものの、空港などで特別に受けるサービスに対しては、チップを払うらしい。そして、綾花と同じ学校に通っていた彼女の長男と綾花が1分程話をして、電話はおしまいに。

ここに来るまで苦労したお友達一家のアメリカへの帰途の旅後半が、快適なものとなる事を願ってやみません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。