川遊び

山梨には、富士山、八ヶ岳、甲斐駒ケ岳など日本でも上位を占める山々があるので、険しい自然と言うものが案外身近な所にある。

昨年も遊びに来た尾白川は、若干の人工的な細工を加えて子供達が 自然の中で楽しく遊べる様に整備された、(我が家に取っては)理想的な場所です。この川の水は、甲斐駒ケ岳からの雪解け水が地下を通って流れ出たもので、年間を通じて水温があまり変わらずとてもきれいな水なので、この近辺にはアイスクリーム工場、サントリーウイスキー工場、お豆腐屋さんが点在する。そんな良質の水で遊べるこの環境に大満足です。

ごつごつ岩の滝登り、昨年同様、見ていてはらはらどきどきでした。

川の端に作られた滑り台も綾花の大のお気に入り。 滑り台の端を歩いて登っていた大人男性が足を滑らせ、普通の服のまま滑り落ちてしまったアクシデントに遭遇しました。おしゃれな革のベルトも、パンツのポケットに入っていた携帯も無事だったのか、ちょっと気になります。

滝の下の下流は、整備されていない自然な状態の河原になっています。幼い子供連れの家族は、ここで生き物狩り(何が捕まえられるかは、分かりませんが)をしたり、浅瀬で水遊びしたりと、絵に書いた様な田舎遊びが楽しめます。この入道雲、いかにも日本の夏って感じですね。

ところで、実現こそ出来ませんでしたが、この河原で遊べる公園内には温泉施設もあって、500円程で入浴が楽しめます。今回は、早い時間に実家に戻らなければいけない事情もあり、温泉を楽しむ事は出来ませんでした。うーん、残念。

あ〜ニッポン 4

数日前の話。

実家で使っている掃除機が、現役17年目にして故障したので、家電屋さんへ買い物に行く母について行きました。

入って直ぐにカラフルな携帯関連商品が並び、ついつい引き寄せられそうになるのをグッとこらえて、掃除機売り場へ。いきなり2列、2段にぎっしりの掃除機を目の当たりにして、どこからどう見始めたものか、悩みました。とりあえず、「期間中対象商品を購入するとデイズニーランドパスポートとホテルが当たる」が売り文句のパナソニック商品を見る事に。(私の様な人間がいるから、景品をつけるという作戦が使われるんでしょうね)。とりあえず、景品が当たる対象商品を見比べて、出力ワットの違い、ゴミはパックつきかなしか、という選択方法をあみ出し、そこからは他社の製品も見比べられる様になりました。その他、母は数年前に手首を骨折したので、出来るだけ軽いもの、ノズル類が本体に収納出来るものなどなど、新たな選択肢を加え、悩む事40分近く、、、、、、、、でやっと決められました。

電化製品に代表される品物の選択肢の多いのは、日本の特徴ですね。同じ会社でも、各種わずかな違いをつけていて、ここまでする必要があるのか?と言いたくなるくらい。掃除機に限って言えば、アメリカでは店頭に並んでいるものと言えば、せいぜい10種類くらいでしょうか?

そういえば昨年夏、除湿器を購入する際に、3店舗程まわったけど、どこの店舗でも3社の5種類くらいしかなかった様な、、、、3店舗もまわってかなり損した気分でした。

電気屋さんに来たので、兼ねてから綾花が欲しがっていたイヤホンを、おばあちゃんが買ってくれる事になり、これまた選ぶのに30分程かける事になってしまいました。まずは、好きなデザイン、そして色、、、、、、と悩める乙女をさらに悩ましてしまったショッピングでした。

ちなみに綾花の感想は、「こうやって色々あると、選ぶのが楽しいね。」