クレジットカード情報 盗まれる

数週間前にシテイーバンクのクレジットカードの顧客情報の一部が、インターネットを介して盗まれたとニュースには聞いていたんですが、、、、、

昨日、シテイーバンクから手紙が届き、我が家の情報も盗まれた(という言葉は使わずに、観覧されたとありました)、という内容が綴られていました。観覧された情報とは、名前、住所、電話番号、電子メールアドレス、クレジットカード使用状況だそうです。トニーと2人で、「ブリトーばかり食べる買い物狂の人だと思われただろうね」と笑い話にしましたが、どうして、こういうものが観覧されたのか、ネットオタクの掲示板的なサイトを読んでいたら、シテイーバンクの情報漏れの記事がありました。

顧客情報を盗まれる事自体あってはならない事なのに、シテイーバンクでは、顧客アカウントにアクセス出来るサイトのI.Pアドレスを入れるところ(WWW表示)に、アカウント番号とパスワードをスクランブルさせて載せていたそうで、このスクランブルを解読するプログラムによって、顧客名からアカウント番号やらパスワードを読み取り、私達がカード使用状況など確認出来るサイトにアクセスしたらしいんです。こういう作業を勝手にやってくれるプログラムや、コンピューター上で一度開いたサイトを記録として残すプログラムなどを使用して何千人もの情報を誰かが獲得し、その中に私達の情報も混じっていると、、、、、実際人間が目にして、クレジットカード番号を乱用されるとかそういう被害は、そのうちの数%なんでしょうけど、それでもけしからんことに違いはなし!業界では、I.Pアドレス欄に顧客情報を載せる事は誰もが周知のタブーなことで、シテイーバンクのセキュリテー対策の質の低さが伺えます。

さてさてこんな事になったので、クレジットカードの再発行は必然なのですが、カスタマーサービスに問い合わせてもそれがいつになるのかは、分からずじまい。私は、日本滞在中もカード派なので、日本滞在中にカードの番号が変えられて使用不可能になっては困るんですよね。何年か前に、1度そういう事態に出くわして、買いたい物が買えなかった経験があるんです。(でもこれがホテルの支払いとかでなくって良かった。)その時は私達が日本旅行中に、シテイーバンクから盗まれた顧客情報(私達の情報ではなかったけど)を使って、香港で乱用されたので、日本で使用しようとした私達のサービスもその一環と見なされ使用停止状態になったんです。その後、シテイーバンクの支店に出向いたり、カスタマーサービスに問い合わせたりして、使用復帰をお願いしたけど無理な話でした。こういうとき、カードだけを頼りに旅行していると困るんですよね。やっぱりある程度の現金は、持ち歩いた方がいいんだよね。