あ〜ニッポン

アメリカに長く生活していて、日本に再上陸した際に、あ〜ニッポンと感じるものって、意外なものが多いんですが、我が家の場合は、これ☟

”あさり”なんです。 本当?という言葉が既に聞こえてきますが、アメリカでは、クラムと称して、はまぐりっぽい貝が売られています。我が家では、綾花が貝のお味噌汁やバター焼きが大好きなので、割と頻繁にクラムを購入するのですが、この貝の柄は、驚く程皆同じなの。

先日、綾花とスーパーに買い物に行ったとき、魚売り場で色々な種類の魚を見ては、楽しんでいたとき、魚売り場の隅っこに売られていたあさりとシジミを発見。様々な模様のついた貝に、綾花は一目惚れ。こうやって改めてみると、面白い模様をしている貝が多くて飽きません。

今回の ”あ〜ニッポン”第一弾は、あさり貝に決定です。

最高気温38.1度

こっちに来てから、テレビをほとんどつけていないので、世の中の情報に取り残されつつあるんですが、今日綾花が、「山梨県は、昨日、日本中で一番暑かったんだって」と学校の先生から聞かされたと、興奮気味に言っていたので、ネットで調べてみたら、昨日、今日と2日連続で日本一、しかも今日は、38.1度と、6月では記録的な暑さになりました。

昨日は、学校の帰りに ガリガリ君のソーダ味を綾花に買ってあげましたが、今日は、私も一緒に食べる事に。私にとっては始めての ”なし味” を綾花と2人、学校の帰り道に寄り道して食べました。でも日陰で食べていても、どんどん溶けてきちゃうの。

昨年の夏も、梅雨明け以降(7月中旬くらいだったかな?)は、とても暑かったけど、今年はこんなに早くから強烈すぎるわー。こんなに毎年暑いのなら、来年の夏は、日本に来るか考えちゃうわー。日本に着いてたったの1週間だけど、既にオハイオの過ごしやすい夏が恋しい♡今日この頃です。

体験入学

月曜から1週間だけだけど、昨年お世話になった学校へ体験入学をさせて頂いています。

今日は登校3日目。昨日までは、集合時間や集合場所が良くわからず、私と2人で登校しましたが、今日からは近所の登校班に混じって出掛けてきました。

ところで、今年は既に猛暑が始まっていて、6月だというのに35度を超える日が何日も続いています。昨年もつくづく思いましたが、日本の子供達って、この暑さの中、徒歩通学でしかも あの重いランドセルを背負って すごいなあ〜。教室にももちろんエアコンなどなく、椅子にしっかり腰掛けて1日を過ごしている。立派だわー。

今日は、午後に授業参観があります。綾花の在籍させて頂いている3年2組は 算数の授業で、余りの出る割り算の第一回目だと、先生に聞かされています。授業参観は、楽しみ半分、恐怖半分です。なんて言っても あの暑ーい教室に、大勢の人が入るのかと思うと、腰が引けちゃいます。でも、そのあと、綾花と一緒に帰る事になっているから、どうしても行かなきゃだめなのよね。お母さんも、今日は重い腰あげて、頑張ろー!

ちなみに綾花曰く 授業はどれも良くわからず、休み時間とプールの時間が唯一の楽しみだとか。先日の音楽の授業では、ピアニカをさせてもらったようだけど、鍵盤を押さえる際に「親指から1の指、2の指、、、、、」と指導されたものの、バイオリンで人差し指が1の指、、、、、と慣れてしまっている綾花には、かなり混乱してしまった様です。その日先生とお話した時に、「バイオリンの指の順番をクラスの皆に説明してもらいました」と言われましたが、そういういきさつがあったんですね。

一時帰国中のパスポート更新手続き

日本に来る前に、パスポートをペラペラとめくっていたら、なんと綾花のパスポートの有効期限が後1年をきっていた事に気がついた。

そこで、今回日本滞在中に更新手続きをしてしまおうと思い、一時帰国者で未成年者のパスポート更新手続きについて調べてみた。

必要な書類は以下の通り

1)一般旅券発給申請所 1通

2)戸籍抄本、または謄本 1通

3)規定の写真

4)居所申請 (現在日本に住所がないので、住民票の変わりになるもの)

上記の書類の他、申請の際には、一時帰国をしている証として、アメリカを出国した日と日本に入国した日がわかる書類(各国のパスポート)、母の実家が居所なので、その住所が証明出来るもの(この場合、私の運転免許証でよいとのこと、他には、私の名前宛で居所住所に送られてきた郵便物でも可能だと言ってました。)、アメリカの居住地が分かるもの(アメリカのパスポート)を準備して来て下さいとの事。そして、申請は綾花に変わって私が行なうので、申請代理人用の書類もあるらしい。

また前回パスポートをとったのは、5歳の時だったので、本人が署名する必要はなかったのですが、6歳以上になると、本人の署名を求められるとのことで、署名の練習をさせておいた方がいいみたいです。(これ本人は、とても嬉しいかも)

ということで、これから近くの市民センターにいって、戸籍抄本など取り寄せてきたいと思います。

日本上陸

22日に日本に到着して以来5日目の朝を迎えました。時差ぼけは相変わらずで、午前3時起き、4時には朝食を済ませ、1日だけはジョギングに出掛けたりもしましたが、朝だというのにもの凄い湿度で、もうそれっきり。

綾花のバイオリンの練習は、上陸2日目から行なっていますが、練習に使うメトロノームに温度と湿度が表示されるので、いやでも湿度の高さは確認出来てしまいます。ここ数日の平均は、78%位。このべっとり感は、バイオリン練習の大きな壁になるので、節電をいき込んで日本にやってきたつもりでしたが、エアコンのスイッチを押させて頂いています。余計な電気の消費、本当に申し訳ありません。

ところで週始まりの今日から1週間は、綾花は体験入学で近くの小学校に登校しています。今年は、教科書のフォローを何もしていなかったので、本人はとても不安がっていましたが、学校側も、「体験する事に意義がある」という考えで受け入れを許可して下さったので、それに甘んじてしまいました。学校では、給食の時間が一番の恐怖なのだそうですが、1週間だけだから頑張れーとエールを送っておきました。子供も大変なことです。でも、この1週間が終われば、乗馬が待っています。今年は奮発して、外乗もつけてあげる事にしました。なので、がんばれーむすめ!

早朝の芋掘り

時差ぼけでの早起きを有効活用して朝の涼しいうちに おばあちゃんの畑に育っていたジャガイモ掘りを実施しました。

芋のつるを抜いてその下の土を優しく掘ると、ゴロゴロした大小さまざまなジャガイモが3〜6個ぐらい出てきました。メイクイーン、男爵合わせて 我が家で消費する半年分くらいの量が収穫出来ました。(ちなみに我が家は、芋食ファミリーではありません。)

冬にアメリカに遊びに来てくれた甥も、朝7時から合流してお手伝い。最初は恥ずかしがって、ほとんど口を聞きませんでしたが、芋掘りも終わりになってきた所で、エンジンがかかり始めました。こういう所、昔の綾花にそっくりです。

 

ちなみに甥は6月2日に3歳の誕生日を迎え、ただ今反抗期の真っ只中。大人が話しかけると、プイっとそっぽを向いて何も言う事を聞きませんが、綾花の言う事なら素直に聞いていました。なんでだろ?

 

 

クレジットカード情報 盗まれる

数週間前にシテイーバンクのクレジットカードの顧客情報の一部が、インターネットを介して盗まれたとニュースには聞いていたんですが、、、、、

昨日、シテイーバンクから手紙が届き、我が家の情報も盗まれた(という言葉は使わずに、観覧されたとありました)、という内容が綴られていました。観覧された情報とは、名前、住所、電話番号、電子メールアドレス、クレジットカード使用状況だそうです。トニーと2人で、「ブリトーばかり食べる買い物狂の人だと思われただろうね」と笑い話にしましたが、どうして、こういうものが観覧されたのか、ネットオタクの掲示板的なサイトを読んでいたら、シテイーバンクの情報漏れの記事がありました。

顧客情報を盗まれる事自体あってはならない事なのに、シテイーバンクでは、顧客アカウントにアクセス出来るサイトのI.Pアドレスを入れるところ(WWW表示)に、アカウント番号とパスワードをスクランブルさせて載せていたそうで、このスクランブルを解読するプログラムによって、顧客名からアカウント番号やらパスワードを読み取り、私達がカード使用状況など確認出来るサイトにアクセスしたらしいんです。こういう作業を勝手にやってくれるプログラムや、コンピューター上で一度開いたサイトを記録として残すプログラムなどを使用して何千人もの情報を誰かが獲得し、その中に私達の情報も混じっていると、、、、、実際人間が目にして、クレジットカード番号を乱用されるとかそういう被害は、そのうちの数%なんでしょうけど、それでもけしからんことに違いはなし!業界では、I.Pアドレス欄に顧客情報を載せる事は誰もが周知のタブーなことで、シテイーバンクのセキュリテー対策の質の低さが伺えます。

さてさてこんな事になったので、クレジットカードの再発行は必然なのですが、カスタマーサービスに問い合わせてもそれがいつになるのかは、分からずじまい。私は、日本滞在中もカード派なので、日本滞在中にカードの番号が変えられて使用不可能になっては困るんですよね。何年か前に、1度そういう事態に出くわして、買いたい物が買えなかった経験があるんです。(でもこれがホテルの支払いとかでなくって良かった。)その時は私達が日本旅行中に、シテイーバンクから盗まれた顧客情報(私達の情報ではなかったけど)を使って、香港で乱用されたので、日本で使用しようとした私達のサービスもその一環と見なされ使用停止状態になったんです。その後、シテイーバンクの支店に出向いたり、カスタマーサービスに問い合わせたりして、使用復帰をお願いしたけど無理な話でした。こういうとき、カードだけを頼りに旅行していると困るんですよね。やっぱりある程度の現金は、持ち歩いた方がいいんだよね。

日本への携帯持ち込み

娘の学校の長ーい夏休みを充実に過ごす為、夏休み前半は日本へ行く予定です。

ここ数年、日本に行く度に思うのですが、携帯電話の所持ってやっぱり必要だよね。 昨年は成田空港にて 通話しか出来ない電話をレンタルしました。レンタル料が 1日150円、通話料が1分100円ちょっとって感じの内容で、日本を発つ前に成田空港のカウンターで返品した際に、総額6500円程支払ったのを覚えています。

今年は、今の所国内旅行をする予定もなく、予定と言えば同じ市内に住む友人と会うくらい。なので、携帯も必要ないかとも思っていましたが、テクノロジーオタクのダーリンは、私が携帯を持たずに旅行することなど考えられない ”おーまいごー”!と嘆く始末。

そこで色々なオプションを考慮した結果、今年の携帯プランは以下の通り決定しました。じゃじゃーん。

題して、アメリカで使用しているi-phoneを持ち込んで利用する。

アメリカンi-phoneを日本で使用するのには、2通りのオプションがあります。そのうちより理想なのは、空港のソフトバンクのカウンターにて、simカードをレンタルして、日本にいる間、日本の電話番号を獲得する、というもの。こちらカードのレンタル料は、1日につき105円。音声通話料が1分につき105円。その他データー使用量は、ややこしくて良くわかりませんが、http://www.softbank-rental.jp/inbound/price/index.php こちらのサイトで確認出来ます。しかし このプランの大きな欠点は、私の持っているi-phoneには、SIMロックなる物がかけられていて、ロックフリーの状態にしないと使えない。ダーリンの様なオタッキーな人には、ロックフリーは出来ない事もないけど、これって違法の端くれになるので、やめることにしました。

で、今回私が選んだ方法は、At&tのインターナショナルプランに旅行期間中のみ 加入する事。 このプランは、アメリカから外の国に出ても手持ちのi-phoneをリーズナブルな価格で使用出来るもの。数年前にアメリカ人の若いセレブが、ヨーロッパ旅行中にi-phoneを使って戻ってみたら、百万円以上の請求がきた!と言うニュースがありました。このようなトラブルがあるので、昨年は日本にi-phoneを持ち込んだものの、i-podとカメラとしてしか使用しませんでした。でもよくよく調べると、プランに入っておくと海外での使用も驚く程の金額では ないんですよね。

私が入るプランは、音声通信専用プラン申し込み料、約$9(滞在期間中をカバー)、通話料は1分につき$1.6。データープランが、50MBまでの使用で$50。ちなみに電話番号は、アメリカの番号になるので、日本国内でお友達に電話してもらう時は、国際電話扱いになってしまう為、面倒ですが、おかけ頂いた際にはワン切り(ひょっとして死語?)にしてもらって、こっちから掛け直すという欠点つき。これ、電話を頂いた方に迷惑を掛けたくないって事もありますが、アメリカの携帯は、受信しても同額の通話料が加算されるので、かかってきた電話に対してこちらからかけ直してもかかる金額は、同じ事なんです。

と、ここ数日色々調べていたのですが、今日になってAt&tが ロックフリーのi-phoneを発売すると発表しました。という事は、SIMロックされているi-phoneもロックフリーになるってこと? 発表したなら早くロックフリーにしてくれー。でも来年以降は、ソフトバンクや b-mobileのSimカードがレンタル出来る様になる訳で、日本旅行の度に色々悩まなくてよくなるんだよね。

汲む         茨木のりこ 作

大人になるということは

すれっからしになることだと

思い込んでいた少女の頃の私

立振る舞いの美しい

発音の正確な

素敵な女のひとに会いました

そのひとは 私の背のびを見すかしたように

なにげない話に言いました

初々しさが大切なの

人に対しても世の中に対しても

人を人とも思わなくなったとき

堕落が始まるのね 堕ちてゆくのを

隠そうとしても 隠せなくなった人を何人も見ました

私はどきんとし

そして深く悟りました

大人になってもどぎまぎしたっていいんだな

ぎこちない挨拶 醜く赤くなる

失語症 なめらかでないしぐさ

子供の悪態にさえ傷ついてしまう

頼りない生牡蠣のような感受性

それらを鍛える必要は少しもなかったのだな

年老いても咲きたての薔薇 柔らかく

外にむかってひらかれるのこそ難しい

あらゆる仕事

すべてのいい仕事の核には

震える弱いアンテナが隠されている きっと、、、、、、、

わたくしもかつてのあの人と同じくらいの年になりました

たちかえり

今もときどきその意味を

ひっそりと汲むことがあるのです

End of Era

本日で学校も終了し、またまた長い夏休みの始まりです。 そして我が家のお嬢様は、今日の午後、トニーの家族と共にバージニビーチバケーションへ出発し、これから1週間は、夫婦2人の生活が始まります。

もう既に何度か書いていますが、今年はモンテソーリ教育最後の年ということで、ここ数日私はかなり感傷的になっていて、昨日担任の先生にお礼の挨拶をしている時に涙がとまらなかった姿を見ていたせいか、今日学校を去る時には、綾花も「これで、この学校のドアーを通り抜けるのも最後なんだねえ」と、涙ぐんでいました。

今の学校は今年1年通っただけですが、モンテソーリ教育という枠で考えると、3歳半から5年半親しんだ環境です。 この教育は、私の理想を実現させてくれた素晴らしい環境でした。特に今年は、総勢14名の小学校低学年クラス(1,2,3年)で、一番上の学年という事で、年下の子供達のリーダーとしての役割をこなす場面が多く与えられました。綾花は主に、算数の勉強を見てあげる事が多かった様で、昨年かなりもめあった先生の元で一度失った算数の自信を、今年は、また取り戻す事が出来ました。

それにしても、この5年半色々なことがありました。一番最初にお世話になったミスハンコックの教室では、ピンクタワーや立体パズルで遊んだり、100マスに1から100まで数字を書き入れたり(綾花は、昔からこのアクテイビテイーが大好きでした)、少し成長すると、”木の本” ”鳥の本” ”カエルの本”など、その対象物の塗り絵と各部所の名前を書き入れるアクテイビテイー、かけ算の概念を遊びで学ぶビーズつなぎなどに夢中になって、、、、、、お勉強だけでなく、精神的な成長においても色んな思い出があります。一時、変化を拒む時期があった時、学年が変わったのに教室を変わる事を異様に拒んだ綾花を、気のすむまで昔の教室で見守ってくれた先生方の理解と対応のおかげで、最終的には、綾花自身納得して新しい環境の中に移る事が出来ました。この ”納得する” という経験は、私がとても大事にしている事だったので、本当に有り難く思いました。

ところで、来年から通う芸術専門学校では、6年生オーケストラのバイオリニストとして入学するので、6年生を中心に編成されるオーケストラメンバーと共に過ごす時間が多くなります。来年は、急に大人びてしまうのではないか、、、、と 何かと過保護がちな母親としては、それが心配の種であります。いやいや心配というより、大人になっていく姿を見るのが、ちょっと悲しいというか、、、、、母親としてのわがままな気持ちなんだと思います。

ということで、何はともあれ、今は、この5年半で人生の基盤作りを無事終えた、というような感覚です。ひとつの時代が終わったと、、、、そういう事ですね。

前へ 過去の投稿