Apple Says “YES!”

先日アップル社から、i-pad 2 がリリースされ、i-pad絡みの話題がボチボチと耳に入ってきます。

トニーの職場の同僚の家族が、i-padを購入したいということで、職場友だちに、どこで買ったらいいのか(かなり田舎に暮らしている方なので)などと相談を持ちかけてきたそうだけど、その方、”i-pad”のことをどんなに練習しても”i-pod”としか言えない様で、これでは大きな違いになてしまうので、結局は、アップル社のウエッブからの購入を勧めたとか、、、、、

他には、アップル社特有のユーモアに溢れるニュースもありました。 i-padを購入した男性が、家に持ち帰った所奥さんに叱られたので、返品した際、その返品の理由を店員さんに聞かれ、”my wife said “NO”” と答えた数日後、アップル社からi-padが届き、そのパッケージの中には、”Apple says YES”と書かれたメモが入っていたとのこと。

アップル社は、新製品発売後は、返品の理由やクレーム等を徹底的に調査する会社で有名ですが、これらの意見へのユーモア溢れる対応もなかなかのもであります。今回の対応も、さすがアップル!と言う様なお見事なものですね。