日本から遠く離れた私に出来る事

3月11日に日本で起こった、M9.0という大地震のその後は、これまでに例のない程の大きな被害をもたらしています。その後も、各地でM6やM5等という地震が起こっているので、まだまだ心配な状況が続いています。昨日メーイングリストで拝読している ”親野智可等さん” から、『子供達にこの惨状を、テレビやインターネットで見せないで下さい。』という呼びかけがありました。 我が家では、地震発生後からインターネット上に放送を解放しているNHKを長時間流していて、気づかないうちに 被害の様子や、津波から生還した人のインタビュー、親を捜す泣いた子供の姿等を綾花も見ていました。 泣いた子供の姿を見て綾花は、「この子はどうして泣いているの?お母さんとお父さんは?」と目に涙をいっぱいにして聞いてきました。 そして、親野智可等さんのメッセージに はっさせられました。 今起こっている惨状は、事実の何者でもありませんが、あえて子供に見せる必要はない。次々に流れ込んでくる映像の嵐から子供の心を守ってあげるのが親として役割だと。ここ数日、余りに衝撃的な映像を見ていた大人の私も、なんだか気持が滅入ってきています。

 

地震が発生した日以来、多くのアメリカ人の友人からメールや電話があって、まずは私の家族、友人の心配を、そして日本に起こっているこの惨状についてのお悔やみ、お見舞いの言葉を、そして祈りを続けるというメッセージを頂いています。人の人情って、ここアメリカでもちゃんと存在するんだな、、、、と感じたのを機に、私も悲しんでばかリはいられない!と奮起を起こす事にしました。 今、日本の為に出来る事、それは義援金を送る事、一人でも多くの方に義援金をすすめることしかないと思います。

 

今夜は、我が大家族に呼びかけ、我が家でスパゲテイーデイナーを用意し、皆から義援金を頂きました。合計18名が来てくれて、$250に近い金額を募金してもらいました。その中で 7歳、9歳、11歳の綾花のいとこ達は、貯金箱から小銭を持ってきてくれたりもしました。来週ももう一度、ピッツアデイナーを予定しているのですが、何人かの兄弟は、勤めている会社にも呼びかけてくれると言っています。皆、何らかの形で力になりたいけど、こうして呼びかけられないとなかなか行動に移せないと言う事で、今回の義援金の為のデイナーは、とても良い機会だと言ってくれました。

綾花の学校には、PTAに日本への寄付を呼びかけてくれないか?と相談した所、皆が納得する何かを用意してくれと言われたので、日本周辺の大陸プレートと今回の地震についての関係、リアス式海岸での津波の被害等について をまとめたポスターを用意することにしました。また綾花のクラスでは、休み時間を利用して千羽鶴をおっていますが、鶴の折り方を覚えた子供達が、親や兄弟に教えて折ってもらい、鶴5個を折る事に$1なりを募金してもらうのはどうか?というアイデイアも出ています。この活動によって集まったお金を数える事、週ごとにグラフにする事、目標金額まであといくらか?などのアクテイビテイーを子供達に任せることによって、人道的な勉強の他に、算数の勉強にもつながるので、先生と数人の親御さんには良い反応が出ています。

 

日本の現時点の被害状況だけに対しても、こんな事は、何の足しにもならないかもしれません、、、、でも募金を募るアイデイアを探す事で、わずかでも多くの募金が得られれば、と ない知恵を必死で絞っております。