不吉な予感

2日前からなんと言うか、変な心配事が頭から離れなくって、眠れない夜を過ごしてました。心配事とは、綾花の受験する学校のオーデイションが21日だというのに、申し込み用紙を送ったきり何の連絡もなく今に至っているという事。受験の申し込みの締め切りが7日だったので、昨日までには何かしらの連絡が来るのでは、と、知り合いの受験を申し込んだ方と話していた。その方が、昨日受験する学校に連絡をした所、「来週の休日明けに、お知らせを送る」と言われたという。来週の金曜がオーデイション日なのに、来週の火曜にお知らせを送るという、何ともタイトなスケジュールに、知人も私も絶句状態でしたが、それでも何か不吉な予感が、私の頭のどこかにあったんです。

そこで学校に電話して直接確認してみようと電話してみました。 やはり私の不吉な予感は、当たっていたんです。なんと、12月19日に送ったはずの、受験申し込み用紙が学校側に届いていない、と!! その後は、絶句です。送ったはずの書類がない、、、、締め切り日は1週間前、、、、学校側にどうにか出来ないのか聞いてみても、ないものはないので、どうにもする事は出来ないの一点張り。なかなか食い下がらずにいたら、書類窓口まで電話をかけてみて下さい、とのことだった。

この時点でかなりパニック状態になりながらも、気持ちを立て直して書類窓口に電話して、事情を説明してみた。まずは 「受験票の申し込み用紙の提出は、郵送で届かないケースが過去に何度かあったので、直接オフィスに持ってきてもらうのがいいのよ」、、、、と、今更、何の役にも立たないアドバイスを頂き、一応書類を探すということで、受験申込者の名前と私の連絡先を残して、一旦電話を切った。その後の約2時間、本当に落ち着かない時間を過ごしていました。その間、トニーや知人と電話で話した込んだりしていたので、2時間経った時点で、書類窓口に電話してみると、「あー今、あなたに電話しようと思った所なの、、、、、」と。(ちょっと怪しいけど)

結果を先に言うと、受験申し込み用紙は12月20日に届いていて、書類窓口から学校側に送る際に手違いが生じて、受験する学校に届いていなかったということで、完全に書類窓口側の間違いだったと、一応謝罪はしてくれた。しかし!!私が連絡しなかったら、綾花の申込書は書類窓口の事務所に取り残されたままだった、、、と、何とも恐ろしい話である。しかも、綾花の書類だけでなく他に2、3人の申込書が学校側に届いてなかったというおまけつき。

私は決してスピリチュアルな人間ではないんだけど、今日はなんだか、自分に不思議な力がある様な、、、そんな気がした経験でした。(でも、こんな経験2度とごめんです。)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。