夜のそり滑り

クリスマスに私達夫婦から綾花にそりをプレゼントした。 2年前にプレゼントした、プラステイック性のものは、すぐに割れて使い物にならなかったので、今回は木製の壊れにくいものを選んでみた。そりを手に入れた綾花の次のおねだりは、「そり滑りに連れて行け」って、そりゃそーですね。そりだけもらった所で、なーんも楽しくありませんから、、、、、

という事で、ここ3夜連続で、ナイター設備の整っているそり滑り場のあるメトロパークへ出掛けてきました。大家族の我が家なので、勿論親戚中に声をかけ、現地集合ということにして行ってみると、3家族プラス、クリスマス休暇でニューヨーク州の大学から帰省してる、大学生のお兄ちゃん2人も参加。我が一族の中でも楽しい事大好きな、T一家は、そりを常備していないのにも関わらず、子供達にゴミ袋を1枚ずつ持たせてやってきていた。さらに3日目ともなると、水泳用の浮き輪まで持参してきていた。

この浮き輪、アメリカ人の標準的な男性2人くらいまで乗れる大きさのもので、これに大の大人が2人でのって一気に滑り降りる、危険を顧みない行為を何度も繰り返していました。というのも、このそり滑り場は、滑り降りた場所の奥がゆるい上り坂になっていて、そこで自然に止まる様にデザインされているのですが、大人2人の体重でしかも、滑りの良い浮き輪では、こんな緩い登り坂などでは停止出来る事はできません。しかも、そのゆるい坂の奥は、雑木林になっていて、木にぶつかる可能性大なんです。でも、やっぱり皆オバカというか、、、、、、子供というか、何度も何度も危険な滑りを繰り返していました。

2日目の晩、従兄弟との2人乗りでバランスを崩し、勢い良く滑り降りるそりから転がり落ちて、顔の左半分に大きな擦り傷を覆った綾花は、昨晩は、隅っこの方で一人、ジミーに遊んでいました。我が一族以外に人のいない場所だったので、皆やりたい放題のため、かなり危険な状況に何度も遭遇する事態だったので、綾花のジミーな行動は、案外正解です。案の定、従兄弟のセラは、転んでしばらく雪の上に寝転がっている所を、お姉ちゃん2人組のそりに突っ込まれていたし、、、、、

このそり滑り場のいい所は、場所の一角に、細長ーいドラム缶型の暖炉があって、毎晩薪がくべられているんです。勢いよく火が燃えている、縦長に立っているドラム缶の周りには、木の切り株が4つ程設置されていて、そこに腰掛けながら暖をとることも出来るので、滑る順番待ちの時には、そこで暖まっていたりして、いい感じ。私は、綾花のそりを借りて3度滑りましたが、うち2回は、なぜだか途中反対向きになって、そのまま反対向きで滑り降りて行ってしまいました。バランスが悪いのかな?なので、大抵の時間は、この暖炉の周りで暖をとっておりました。これにホットチョコレートなんかが加われば、言う事なしですね。

サドルクラブ読書完了

夏休みの終了間近に、E-BAYで購入した、『サドルクラブ』という乗馬クラブで芽生えた、3人の女の子の友情物語をテーマにした物語、約70冊の読書が この度完了しました。この4ヶ月は寝ても覚めても、このシリーズの本に夢中でした。お見事! さてさて、次は、どんな本を読みましょうかね。

フレンズリユニオン

クリスマス休暇を利用してシカゴからやってきた、綾花の幼なじみのエマちゃん、ニナちゃんとおなじみの瀬里菜ちゃんと、プールで楽しいひとときを過ごしました。

このプールは、綾花が幼い頃は、毎週の様に通っていたプールです。他のお友達もここでスイミングレッスンをとったりと、それぞれ懐かしい思い出のある場所です。

あの頃と違って、すっかり成長した皆さんは、スライダーを楽しめる年頃になったので、皆、スリリングなスライダーと水遊びをおおいに楽しんでいました。

クリスマスの朝

綾花の人生で、9度目のクリスマスの朝。

今年も無事、サンタさんは プレゼントを残していってくれました。しかし、、、、、、綾花のお願いしたものは、あるのでしょうか?

☝飾り様の箱の中にも何か残された気配。一体何が入っているのか、、、、、、気になる中身は、ウエブキンズのアメイジングハムスターでした。

 

今年は、なんだかんだと、色々もらいましが、中でも一番のプレゼントは、馬のグルーミンググッズでした。しかし、、、、肝心の馬はもらえませんでした。 うーん残念。 でも、ピアスやマニキュアー、ツインクルトーというスニーカー等等、、、、、これだけもらえれば満足満足です。

Cookies for Santa

クリスマスイブ恒例のクッキー作り。昨年までは、イースター用のクッキーカッターで作ったクッキーですが、今年は、クリスマスデザインのクッキーカッターを導入しました!

綾花が頑張ってアイシングで描いたデザインは、若干意味不明気味な所があるけど、一応サンタとトナカイです。

プレゼントを届けてくれたサンタさんのおやつとして、このクッキーとミルクを暖炉脇に用意してからベッドに。今年もサンタさんはプレゼントを届けてくれるのでしょうか、、、、1年で一番の緊張の夜です。

 

では、おやすみなさーい。

サンタ婦人の意外な一面

12月、我が一族では、2人のお誕生日があります。 5日がトニー、そして17日が、2年前に生まれた甥のスペンサーの誕生日です。

 

今日は、スペンサーのお家に招かれて、2歳のお誕生日をお祝いしました。途中、スペシャルゲストと称して、サンタ夫婦まで登場しました。サンタ夫婦は、絵本の読み聞かせをしてくれたり、子供一人一人に欲しいものをきいたりと大サービス。おまけに、最後は、各家族との記念撮影にまで応じてくれました。

綾花は、サンタ夫人に 自分のアンユージュアル(アメリカ人に取ってね)な名前が日本のものだと言ったら、サンタ夫人は、日本語で1から10まで数えられるのだと言って、綾花に正しいかどうか聞いていました。サンタ夫人は、彼女のお母さんから日本語の数え方を習って、自分の子供や孫にも教えているのだと言っていました。各家庭で代々伝わる様々な伝統というものがあるけど、日本語の数の数え方なんて、ちょっと珍しいものですね。

年末ジャンボ。。。。。。じゃないけれど、、、、

突然ですが、アメリカの宝くじって、凄い金額ですよね。以前何かのプログラムで、宝くじを当てた人の、当たる前とその後の生活を特集していたのですが。当たった人って、結構不幸になっているんですよね。家族、親類、知人にお金をせがまれて、あげなければひどい目にあわされて、結局誰も信用出来なくなってしまったとか、知人からビジネス投資の話を持ちかけられて、それが大失敗。結局当たる前の生活以上に借金が増えたりとか。究極のケースでは、殺人に至る事も、、、、、おーこわ。

 

ところで、我が家も年末ジャンボほど大規模でないけど、トニーの会社の年末福引きで1等賞が当たってしまったんです。当たった当人のダーリン、自分が1等賞を当てた事にしばらく気づかずにいた、、、というか、この福引きって、会社が勝手に社員を選んだようで、そんな事がある事自体知らなかったダーリン。昨日突然、ダーリンのキューブ(会社の個人用の囲い)の外に15人程の人盛りが出来ていて、(またまた誰かウイルスもらっちゃった?)☜注:ダーリンのお仕事は、IT関連であります。と思いきや、「あの景品使わないなら、俺にくれないか?」「どうせ使わないだろうから、俺がオークションで売ってやるから、半額くれ」とか、、、顔見知りから、初対面の人までまあ、皆さん腹黒さを隠さずに凄い形相だったそうです。その中でも、特にボスのボスの腹黒さには、悲しくなってしまったと、、、、

 

ちなみに、この商品 何とは言いませんが、100キロ近くあるもので、どうやって会社から運ぼうか、ただ今試行錯誤している所です。

前へ 過去の投稿