ライト兄弟の初飛行記念碑

ノースカロライナでの初朝食は、地元でも人気のお店、Stuck’em high という朝食専門店にて。 カフェテリアスタイルのカジュアルなお店ですが、味はとっても上等。 南部名物のグリッツは、インスタントでなくちゃんとお店で料理したものを出してくれました。私がオーダーしたワッフルもとってもおいしかった。で、とてもフレンドリーな店員さんの一人は、アクロン郊外のワーズワースという町出身だと いう。私が、日本から来てアクロンに13年と言ったら、こんな遠くまで来るなら、いっそうの事、ここまで下ってきちゃったら、と素敵な提案を。ええ、是非そうしたいわ。

それにしても、この地域のひとは、皆フレンドリーでいい感じ。南部のなまりが入った英語も、なぜか私の耳にはとってもスムースに入ってくる。私って、南部系かも、、、、

大盛りの朝食でお腹を満たした後は、今回の旅の1番の目的地である、ライト兄弟の記念碑のある国立公園へ。後になってこの公園に入場した際に受け取ったレシートを見たら、なんと入場時間が10時9分でした。なぜこんな数字に感嘆するかって?それは、今日は、2010年10月10日なので、10並びだから。この日程のせいもあって、この地域のビーチでは、本日沢山のウエデイングがあげられると、ホテルの人が言ってました。

園内入園後は、屋内の展示室へ行ってみました。 こちらのグライダーの模型は、ライト兄弟が一番最初(1901年)に人類の初飛行に挑戦したものの模型です。この年は、残念ながら失敗に至り、歴史に残る記録は刻まれなかったのですがその後、モーターを備えたグライダーを用意し、1903年に見事、人類初の飛行に見事成功! 諦めずに研究と実験を続けた成果が実ったわけですね。

屋内の展示を一通り見た後は、丘の上にそびえる記念碑までハイキングです。この風景、一見のどかに見えますが、実は道を踏み外すと大変なことに、、、、

芝の広場に見えるこの緑、実は、サボテンが至る所に生息しているんです。 そんな事、ちっともしらなかった私たちは、芝の上で寝転がったり、芝にいる虫を追いかけたり、、、、、で案の定、綾花の叫び声「いたー」で気がついた次第です。この日ホテルに戻ってサンダルの裏側を見たら、赤ちゃんサボテンがいっぱいくっついていました。いやあ、自然と言うのは常に油断大敵です。

モニュメントの立つ丘の上からの眺め。2件の掘建て小屋は、その昔 オハイオ州はデイトンから、風の強いこの地域を飛行機を飛ばす場所として選んでやってきた、ライト兄弟が、飛行機の組み立ての為に使ったものと、寝泊まりしたものを再現したものです。風が最も強い12月、この小屋で寒さをしのぎつつ、夢を実現する為にせっせと働いていたんですね。ロマンを感じます。

そして中央左寄りにある歩道と、小屋の前を通る歩道が合流する地点にある岩、こちらは、実際に飛行機が離陸した場所です。その大きな岩から右斜め奥に向かった直線上に、墓石みたいなものが1つ、2つ、3つかなりはなれて4つ(森の手前)とありますが、こちらは、4度の飛行の着陸地点です。一番はなれている場所までは、53秒かけて飛んだそうで、実際トニーが走ってみると、45秒程で走れましたので、この時の飛行は、早いというものでなく、空中に浮かんでいる時間が長いという感じだったのかもしれませんね。

飛行機が離陸した場所の記念碑にて。

アメリカの歴史に関する勉強は、綾花と一緒に私も始めたばかりですが、歴史が浅いだけに、割と詳しく記録が残されているので、それもまた興味深いものですね。ちなみに、この地域、ライト兄弟が訪れた頃は、砂地帯だったんですが、今では、すっかり観光地化しています。バケーションハウスやお店屋さんが立ち並ぶ、島のメイン道路を走っていると、ここがビーチタウンという事すら忘れてしまいそうです。便利なのは良いけど、自然の破壊について、考えずにいられませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。