お宝探し

今日は、短大時代の友人里美ちゃんに案内され、今回4年振りに再会したひとみちゃんと、それぞれ子連れで 尾白川渓谷に出掛けてきました。前回会った時は、ほぼ臨月に近いひとみちゃんでしたが、今回はいきなり4歳になるなつみちゃんに、初めて会いました。 いやあ、想像力豊かでおしゃべりが止まらない、元気な元気な女の子でした。おまけに絵も上手。素敵な絵をいっぱいかいてくれたんですよ。

話は尾白川に戻って、到着後に早速開始したのは、お宝さがし。山梨は、水晶の産地で宝石加工が盛んなところ。誰でも必ず知り合いに宝石業者がいるという程。そういう我が家の兄も、宝石ビジネスに携わっております。さて、このお宝探しは、そんな宝石加工からでた水晶や宝石の端キレを袋いっぱいに拾えるというもの。

500円で買った袋に いっぱいにつめ込めるだけ詰め込んでいいのだそうです。これらの宝の大きさはほとんどが1センチ平方以内。小さな袋ですが、いっぱいにするのには、なかなかの時間を要します。

綾花もなつみちゃんも、お気に入りの宝石をいっぱい詰め込み、大満足です。そういえば、2人の帽子が、宝石探しって感じですね。この2人、身長差はかなりありますが頭の中は、「宝石がいっぱいで、お金持ち〜」です。4歳の差があるといえども、まだまだ単純さに差はないようですね。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。