箱根旅行

本日は、アメリカの独立記念日ですね。そして叔母の誕生日です。でも何もお祝いしなくていいのよ、という言葉に甘えて、お誕生日おめでとうのメッセージだけ。(ほんとに、それだけで良かったのかしら?)

ホテルをチェックアウトする前に、入り口に飾られていた七夕飾りに、願い事を書いた短冊をつけさせてもらいました。今回は。行く所、行く所で七夕飾りがあって、昨年、我が家で厳かに祝った七夕とは大違い。やはり、伝統行事っていうのは、こうやって身につけて行くのよね、、、、

チェックアウト後、最初に訪れた 箱根水族館のメインの水槽の中にも、七夕飾りが飾られていました。それぞれの短冊は、ラミネートしてありましたが、水中七夕飾りを見たのは、人生初めての事だというと、「日本人のお母さんでも、見た事のない日本のものがあるの?」と綾花は驚いていました。そうよ、世の中は、まだまだ知らないものだらけなのよ。

水族館で飽きずに、ふぐを追いかけ続けた綾花ですが、そこを出る頃には、お昼時。今日は、月曜日ということもあって、お昼時にお昼ご飯にありつけました。その後、芦ノ湖で遊覧船にのってしばしの船の旅を楽しんだ後は、叔父が甲府まで運転して送ってくれました。

こうして、日本に来ると色々案内してくれる叔父叔母には、本当に感謝しています。綾花も、お土産屋さんで見かけた欲しいものをいっぱい買ってもらって、良い思い出が出来たようです。それにしても、綾花は、日本に来ると、かなり甘やかされます。親としては、有り難い様な、そうでない様な複雑な気持ちであります。