箱根旅行

日本に来る度に、旅行に招待してくれる叔父と叔母が 今回綾花と私を連れて行ってくれたのは、箱根温泉。箱根って、山梨から近いのに一度も訪れた事のない場所です。横浜の叔父叔母との待ち合わせは、箱根湯本駅だったので、甲府ー新宿へバスで出掛け、箱根湯本までは ロマンスカーを使って行きました。ロマンスカーの旅はとっても快適で時間も短時間だったので、是非箱根には、また今度トニーと行きたいなあ、、、と思いました。

箱根湯本で叔父の運転する車に乗り、そこから今夜の宿泊地、強羅まで一気に行ってしまいました。さすが東京から近い観光地だけあって、昼ご飯を昼御飯時に食べようとしても、どこも行列が出来ていてなかなか昼御飯にありつけませんでした。2時ごろトンカツにありつけた後は、ケーブルカーとロープウエイを乗り継いで大湧谷までの、プチ登山(ってほどでもないか)に挑戦。

山の肌からわき上がる硫黄の匂いが何とも言えない、イヤーな匂いでしたが、それもここならでは。綾花は、この煙がなんなのか知りたくって、電子辞書で硫黄を英訳してあげましたが、英語も知らない名前。これはもう、ビデオに撮影して、アメリカに帰ってからトニーに説明してもらうしかないか、、、、情けない母親です。

大湧谷を降りる頃に、土砂降りの雨に見舞われ、下りのロープウエの車内からの眺めは、見事な霧。降りて行く先が見えない、というのは、とっても怖いものだと知りました。

この後は、ホテルにチェックインして、貸し切り風呂でリラックス。そして夕食を頂き、私と綾花は、温泉第2に入る事なく寝てしまいました。ちなみに、今朝4時にトニーは、アメリカへ帰って行きました。夜寝付く直前に綾花は、お父さんの事を思い出して泣いてしまいました。そうね、これから2、3日は、ちょっとつらいよね。