体験入学 

ついにこの日が、、、、

初の綾花の 小学校登校の日です。 約3週間の小学校体験ですが、一応学校側から指定された持ち物を用意しました。 ランドセルは、昨年小学校を卒業した親戚のななちゃんが貸してくれ、上履き、スクール水着、防災ずきんなどは、買いそろえました。教科書は、アメリカから持参してきたものを中心に、足りないものは、通学期間中のみ学校が貸してくれるとのことです、

ところで、体験入学での大きな難関というのが、徒歩登校。アメリカでの登校は、車で送り迎えし、さらに(モンテソーリだからという事もあるけど)持参する荷物は、お弁当、水筒とたまーに、紙数枚程度という環境から、ランドセルを背負って、水筒を肩からかけて(オプションですが、本人の希望)約20分の徒歩登校。 近所の子供達と一緒に ”登校班” で登校するので、安全面での心配はないものの、体力的な心配は、結構あります。

初日という事で、本日は 私とトニーも登校班の後ろについて 一緒に登校し、教室まで同伴させて頂きました。最初に職員室で、全先生方に紹介して頂き、その後担任の小池先生に手を引かれ、緊張気味の綾花は、2年1組の教室に行きました。担任の先生からは、子供達による綾花の歓迎式まで、親も出席して欲しいという事だったので、見学させて頂きました。

職員室から教室まで行く間は、興味津々の子供達に囲まれ歩けない程でしたが、なぜか皆、綾花を見て「ニーハオ!」と言うんです。後から聞いてみた所、この学校には、最近中国人の子供が転入してきたので、皆で中国語の挨拶を覚えたとの事。なるほど、、、、

2年1組の教室に入ると、今度は 世話好きの女の子5、6名が 綾花を囲んで、荷物の置き場等丁寧に教えてくれました。そして、皆で「世界の子供達」という歌を歌って迎えてくれ、その後クラスの代表の男の子が、綾花に歓迎の挨拶をしてくれました。最後は、綾花も混じって「ドレミの歌」を歌いましたが、先生は、「英語で歌っても良いのよ」とおっしゃってくれましたが、しっかり日本語で歌って先生を驚かせていました。どうやら先生もクラスメートも、綾花がほとんど日本語が話せないと思い込んでいる様です。実際の所、恥ずかしくて喋らないだけなんですが、そのうち分かってくれる事でしょう。

さてさて、1日終了してお迎えに行ってみると、予想通り先生は、綾花の日本語力に驚いていました。さらに、算数の出来映えにもとても驚かれていました。数字は、世界共通なので、特に何の壁もなく発揮出来ますからね。それに、アメリカでは、2年生は終了しているので、当たり前と言えば当たり前、、、、

学校生活は、特に問題なく過ごせた様子でしたが、帰りの徒歩での下校は、綾花にとって非常に大きな壁で、「1日学校で過ごした後に、さらに歩いて帰るなんて、日本の子供は、いったいどうやって生きているの!?」と驚き半分、怒り半分(いやいや怒り80%)な口調で訴えていました。私も通った道だけど、これまでそういう環境になかった綾花にとっては、人生最大の苦かもしれません。さらに、私に実家の甲府は、盆地である事もあって、夏の空気の重たさは、ひとしお。近所に住む私の幼なじみの旦那さん(宇都宮出身)も、甲府の湿度は、質が違う!と言ってましたが、確かにそう。でも、こういう経験をするのも、大切な事。きっとこれが良い思い出になることと思います。