スイミングレッスン

先月から通い始めたスイミングレッスン。 冬の期間は、ポニー乗馬レッスンがなく、家の中で遊ぶ事が多いので、週に1度でも外に出る機会があれば、、、、と、学校で同じクラスの子供と一緒にサインアップしました。このクラスは、2週間レッスン、2週間おやすみ、3週間、2週間おやすみ、そして3週間という、へんてこなスケジュールで行なわれますが、2週間休み明けの先週は、綾花が風邪気味だったので休ませたため、今回は、3週間振りのレッスンです。

実質的には、1週しか休んでいないのですが、前回来た時と比べ、内容がかなりすすんでいました。前回は、壁に手をかけて、バタ足や顔をみずにつけるようなものでしたが、今回は、いきなり泳がされます。クロールと背泳ぎを何度か練習しましたが、背泳ぎのときには、こんなもの使うんですね。ちなみに、この棒、スパゲッテイーと呼んでいましたが、この呼び方ってこの教室だけ?

久々に水に浸かった綾花は、レッスンよりも仲良しのお友達と日曜を過ごせる事の方が、嬉しかったようで、順番待ちの時には、お友達と話に夢中になっていました。そろそろ社交開花といった時期なんですね、きっと。

ところで、ポニー乗馬がないので、この水泳にサインアップしたのですが、来週からその乗馬が始まる事になりました。おかげさまで、週末は、プール、バイオリン、乗馬と大忙しになりそうです。そして、ダーリンは、相変わらず、仕事がいっぱい。やっぱり私の出番ですね。

Toyota Boysの苦悩

今日は、我が家のカローラの定期メンテナンスのため、トヨタデイーラーへ出掛けて来ました。ここ最近ちまたを賑わせている、リコールの事もあり、予約待ち2週間半という状態でした。

このデイーラーには、もう5年近くも通っていて、4年前からは2台のトヨタ車を入れ替わり立ち替わり 持ち込んでいます。なので、ここのサービスの窓口係の男の子2人は、長い事顔見知りです。で、私の名前もちゃんと覚えていて、私が車から降りると同時に

「ハイ!イーミー」

って、、、、そう、エミの事をイーミーって言うんだけど、そんなことどうでも良いんです。綾花なんか、ファミリードクターに、「あやちゃ」呼ばわりされてるし。我が家のメンバーは、行くところ行くところで、色んな名前があるって事にしておきます。ちなみに、トニーがこのデイーラーに行くと、「イーミーズハズバンド」となるそうです。ふふふ。

ところで、大量のリコールの為、就業時間を延ばしての毎日が続いているトヨタですが、ここのボーイズ達もかなり疲れきっていました。それに待合室は、これまでここに来た中で、一番の込み様でした。しかも、お客さんの態度が皆、でかいでかい。あるおばちゃんは、走行中に不可解な音がするので、その原因を突き止めて欲しいという理由で車を持ち込んだ様ですが、その原因が見付からなかったという結果に腹を立て、

「30分も待たせて、この結果? 走行中にブレーキが作動されなくなったら、と思うと恐ろしくて、運転していても身が持たないわ、、、」

なんて暴言を、堂々とトヨタボーイズに浴びせる。 そんなお客さんが一人でもいると、そういう事をまねしたがる人が出てくるもので、20代そこそこのおなごが、えらそーな口聞いたり、、、、ぺこぺこ頭を下げるボーイズ達がなんだか可哀想になって来た。私なんか、2時間半も待っていたのに、文句のひとつも言わず、ひたすらコンピューターでウエブキンズをやっていたんだぞ。そんな私を見て、

「おっ!イーミーは、さすが準備が良いねえ」

と声をかけてくれるし。ま、我が家では、カーメンテナンス系(デイーラーに持って行くだけ)は、私の仕事なので、もう慣れたものです。昔は、ポップコーンとかホットチョコレートのサービスがあったけど、今日は、そのコーナーには、手が付けられていませんでした、、、、残念。色々な話題を提供し続けるトヨタなので、まだしばらくは、ボーイズ達も落ち着かないのだろうけど、がんばれー!我がトヨタボーイズ。また、来月早々に、もう一台持って行くからね。

つぶやき、、、

なんだか、恐ろしい程の早さで 日々が過ぎて行きます、、、、

こんな時に限って、時間と闘おうとして、普段しない事をしてしまう、、、、昨晩は、撮りだめしていたテレビ番組を5本も立て続けに見たり、ユーチューブでたまごっちのアニメを見たり(なんで?)して、夜更かしも良いところ。

そうそう、夏に日本に行くのですが、今年は、綾花も体験入学しようかと検討中です。実家のある市の教育委員会に連絡したら、案外簡単に手続きが出来るようです。そんな事もあって、今まで怠けていた日本語の勉強にも、ちょっとばかし力を入れた方が良いかも。っと、また時間と闘おうとする、、、、、いかんいかん。

春だなあ、、、、、

3月に入ってから、お日様がまぶしいなあ、、、、、と感じられる日が多い。きっと、春がそこまで来ているんだなあ、と思わずにはいられない。

ところで昨日は、綾花のバイオリンリサイタルがありました。昨年9月から通い出した新しい先生になって初のリサイタル。でも、普段のグループレッスンで何度か皆の前で演奏しているので、本人は、緊張もなければ特別なことでもない様子。 会場は、土曜のグループレッスンを行なう教会でしたが、ここには毎回トニーが同行しているので、私とトニーが同時にその教会に足を踏み入れたのは、これが最初。二人で顔を見合わせて、2人で同時にここにいるなんて、不思議だね。と微笑みあいました。4月以降は、私もここに頻繁に通えるので、それも今からとても楽しみ。

リサイタルが終わったとは、家に帰って前庭でバトミントンなんかやっちゃいました。気温は、まだまだ低いけど、お日様が照っているので、家にいるのももったいなくって、、、、ちなみに、朝4時から仕事をしたトニーは、即ベッドへ直行、そのまま一晩寝ていましたが、無理もありません。なんと言っても身体が資本だものね。

来週には早くも、デイライトセイヴィングタイム(通称サマータイム)に切り替わるようで、日もあっという間に長くなり、ますます夜更かしに拍車がかかりそう。でも、本当、お日様の光って良いですね。

キャマは絶滅の危機?

突然ですが、キャマと言う動物をご存知でしょうか? キャマは、人工的に交配したヒトコブラクダとラマの雑種だそうです。(ウキペデイアによると) この世に初めて現れたキャマは、1998年生まれのラーマくん。成長するにつれ気性の荒さが目立っているそうです。(今も生きているのかは、不明) その後2002年に、やはり人工授精により生まれたのが、カミラちゃんという雌のキャマ。 ウキペデイアで読む限り、キャマはこの世に2頭しか存在しないらしい、、、、

と、今夜の我が家の夕食時の会話は、キャマの話で盛り上がった。そしたら、またまた偉大なる7歳児のご立派な発言。

「2頭しかいないって、それは、絶滅の危機に直面しているわけね。でも、学校で、絶滅の危機にある動物の勉強をしたとき、キャマの名前は、なかったよ。」

「。。。。。。。。。。。」「絶滅って訳じゃないんだよね、これ」

「でも、2頭しかいないんでしょう?」

確かに2頭しかいないんだけど、、、、、、最初の2頭であって、最後の2頭ではなく、、、、、そういう事って、どうやって説明すれば良いのか、、、、、、、

第一、なんでキャマなんて動物を生み出したんだ。誰の思いつきか!?しかも、なんで我が家、キャマの話でこんなに白熱しちゃうんだ、、、、、分からない、なにもかも分からなくなってきましたので、このへんでおやすみなさい。

春がきた!

先週金曜のスノーストームで、新たに積もった雪につつまれて迎えた3月ですが、我が家には、一足先に春が来ましたよん。

日本のお友達が送ってくれた、春物のお菓子。 そういえば日本では、春の色ってピンクですねえ、、、、、アメリカは、パステル系の黄色や紫って感じだけど、、、、

税金申告の時期で忙しいのに、わざわざ時間を割いて送ってくれたYちゃん、ありがとうね。感謝していまーす。