不足は 発明の源

昨晩我が家にお泊まりにやって来た子供達、皆、それぞれお気に入りのぬいぐるみを持参して来た。(というか、車を出して、それぞれの家まで取りにいったの)と言うのも、我が家には、ウイーやプレイステーション、ゲームボーイ等のゲーム類は一切ない。今時の子供たちがそんな状況で遊べるのか? でも遊べたんです、しかもぬいぐるみで。

皆が取りにいったぬいぐるみは、Build a Bearという、自分で手作り出来るぬいぐるみショップで作ったぬいぐるみ。自分で作っただけあって、愛情のかけ方も、他のぬいぐるみとは比べ物にならない。

ということで、まずは、それぞれのペットに着せる服作り。 我が家のハギレコレクションから適当な布地を持って来て、セロテープを駆使して作り上げたマント(ブラウスだそうですが)とおむつ。☝

こちら☟は、綾花のペットシナモンのケアーグッズ。

こうやって、紙や布で色んなことやって、、、、、本当にしあわせそうな綾花ともう一人の従兄弟でしたが、、、、他2名は、ぬいぐるみなど蹴飛ばして「ゲームやらせて」「ニカロデイアン(子供番組チャンネル)観させて、、、」なんてブツブツ言って、ソファーに寝転がっていました。なんていうか、、、、、そういう物の他に、空白の時を楽しめる術を知らないのか?と疑問に思えましたが、今時の子供って案外こういうもんなのかな。与えられ慣れているから、与えてもらえなければ、なんにも出来ない。これって、大きくなっても改善出来る問題ではないように思えます。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。