お金教育、大きな進歩

今年に入って綾花にお小遣いをあげるようになってから 綾花は毎日の様に小銭を数えている。その際、あと何ペニーでいくらになるとか、自然に足し算引き算の計算をするので、最近、またまた計算力に磨きをかけている。実践教育とは、なんとも効率的なことか、、、、、

ところで、綾花は最近まで、クレジットカードは、魔法のカードと思っていました。クレジットカードで支払いする事=現金を使わなくていい、という方式が頭の中にあったのです。なので、私のお財布が空っぽで、何も買えないなんてこというと、クレジットカードを使えばいいと、すぐにこれです。そこで、最近トニーが、クレジットカードの仕組みを、じっくり話して聞かせました。クレジットカードを使うと、使った金額がどんどん加算され、1ヶ月の終わりにまとめて支払わなければいけない事、もし全額を支払いきれなかったら、金利が加算され、実際に使った金額以上の金額を支払わなければいけないこと云々。

最近の綾花は、こういう抽象的な事を我が身に振り替えて考えられる様になりつつあるので、あとで、沢山請求されるのは嫌だとか、自分が使った金額以上を払わなきゃいけないなんて嫌だとか、そのように考えられる様になり、クレジットカードは魔法どころか、使い過ぎに注意しなければいけないものになった。そこで、今度は、私がクレジットカードを使う度に、「最近、クレジットカードばかりつかっていない?」とか「今、いくらくらいになっているか、分かっている?」とかうるさい! そして先日、タイミングよく、クレジットカードの請求書が送られて来たので、一緒に目を通すと、その金額の高さ(綾花にとってです)に驚き、そんなお金を我が家で支払えるのか、本当に心配していました。そして、一体何に使ったのか、、、、ジャイアントイーグル(食品スーパー)$70、、、、、「なんで、そんなにジャイアントイーグルで使うの?」とか、「ガソリン入れ過ぎ!」とか、、、小姑の様な事を言い出す始末。 でも、一応正常な金銭の感覚というものが育っているようなので、安心しました。

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。